【愛知県から】メルカリで購入したiPhone8の画面が暗い&通話中画面の灯りが消えない

みなさま、おはようございます!

今日は26℃まで気温が上がるようですよ。

週末なんて29℃までいくそう。

このところの日本は、春や秋という、過ごしやすい季節は一瞬で通り過ぎ、夏や冬が長いような気がしますね。

私は若い頃は夏が大好きだったのですが、最近は夏はキツイので、あまり好きではなくなってきました。

ただ、私は冬季うつ病の気があり、冬は冬で気分の落ち込みが激しいため嫌いなので、もはや好きな季節が無くなりつつあります。笑

1番好きな時期は、冬の匂いがしてくる(中島美嘉の雪の華みたいですが)涼しい秋ですかね。

なんとも切ない気持ちになるあの時期が1番好きです。


では、本日のご修理事例に参りましょう。

本日ご紹介する修理は、愛知県から郵送でご依頼いただきました!

このところ、愛知県の方とご縁があります^^

遠方からのご依頼、誠にありがとうございました。

ご修理前、以下のお問い合わせをいただきました。

先日メルカリで中古のiPhone8を購入しました。
このiPhone8、以前使用していたiPhone6Sに比べて画面が暗い?ような気がしています。
また、TrueToneが消えているので、おそらく画面交換しているのではないかと思っています。
それと、通話中、画面の明かりが消えず、顔でスピーカーや消音を押してしまうので、不便に感じています。
TrueToneについてはどちらでもいいのですが、通話中の画面の明かりが消えないことと、画面が暗いことについては、何か改善できればと思い、お問い合わせ致しました。
こういう修理は出来るものなのでしょうか?


では、諸々の症状に関して、直るかどうかひとつずつ解説していきます。

まず画面に関しては、見立て通りコピーパネルが取り付けてありました。

お客様の端末からパネルを取り外し、うちのiPhone8に取り付けて撮影しましたので、ご覧ください。

(左:お客様のコピーパネル、右:オリジナルパネル)


では、今回当社でお出ししたパネルをお見せします。

お客様の端末に取り付ける前にうちの端末に付けて撮影しました。

(左:当社液晶純正パネル、右:オリジナルパネル)


当社のパネルに交換したら、色合い・明るさ・タッチの感度、すべて元の水準まで戻りました。

「画面が暗い?」と感じていた原因は、コピーパネルが取り付けてあったからでした。

この暗い?という”?”、非常によく分かります。

最初、コピーパネルを見た時って「??」って思うんですよね。

ましてや写真からも分かる通り、今回のお客様の端末に付いていたコピーは、そこまで暗くもなく、色合いも悪くありませんでした。

元々知識をお持ちでないにも関わらず、このパネルで違和感を持たれた今回のお客様は、非常に感性の鋭い方であるとお見受けしました。

普通の人では、気付かなかったと思います。


次「通話中、画面の明かりが消えず、顔でスピーカーや消音を押してしまう」に関して。

これは近接センサーという機能が正常に働いていないためです。

このページの①の機能です。

近接センサーが働いていない場合、考えられる原因は2つあります。

①ケーブル自体が壊れている

②近接センサーが正常な位置に収まっていない

このセンサーケーブルの状態によって、TrueToneが修復出来るかどうかが決まります。

もし、①だった場合、ケーブル自体を交換しなければいけなくなるため、TrueToneは復旧させることはできません。

TrueToneはオリジナルのセンサーケーブルが無いと、復旧させることができないためです。

②だった場合は正常な位置に取り付けてあげればいいだけなので、ケーブル交換の必要はありません。

取り付けてあるケーブルがオリジナルのものであれば、TrueToneの復旧も出来ます。

今回の修理の運命は、この「センサーケーブル」にかかっていました。

さて、結果はいかに。


結果は、②でした。

写真をご覧ください。

(左:お客様のコピーパネル、右:オリジナルパネル)

赤く囲んだ部分、近接センサーはこの透明のプラスチックに収めます。

プラスチックが左側のパネルは右に比べると、右に大きくずれているのが見えますでしょうか?

これだけずれていると、センサー部分が画面に隠れてしまって正常に認識できないため、通話中に顔を近づけても”画面の明かりが消えない”という症状が起きていました。

これはネットで中古を購入した場合以外でも、非正規店に画面修理に出した方の端末で多く起こっている症状です。

点検が甘いんでしょうね。


今回はセンサーケーブルの取り付け位置がずれているだけであり、且つ、ケーブルもオリジナルのものだったので、TrueToneも無事に復旧させることができました。

TrueTone、戻ってますね。


ということで、今回お悩みだったことは、当社の液晶純正パネルへ交換することですべて解決致しました。

センサーケーブルが壊れていないのがラッキーでしたね^^


お悩みはこれで解決したのですが、今回は他に興味深いところがあったので、最後にこちらをご紹介します。

今回の端末は、裏面が交換されているようでした。

今回のお客様は、このiPhone8をメルカリで「美品」として購入されていました。

実際、裏面・側面ともに、傷ひとつない綺麗な状態でした。

これは個人的な印象なのですが、おそらく元々の裏面はバキバキに割れてしまい、綺麗な裏面に基盤を移し変えて販売したのではないか、と。

こういう端末って、中古ではちょいちょい見かけます。

今回の端末はバッテリーの最大容量が90%程度でしたし、何かいかにも「あまり使っていないので美品ですよ」感アピールをしている印象を受けました。

裏面を入れ替える行為自体は、機能面で何か問題が出るわけではありません。

ただ、中の状態も結構汚い、というか、使用感がある状態で、これをご覧になったお客様は結構なショックを受けていました。

「美品」として購入したのにも関わらずこの状態だったら、ショックを受けるのも頷けますよね。

ただ、新品や美品で購入したのに、実は画面もコピーパネルに取り替えられていて、さらに裏面まで替えられているというのは、中古業界では結構見ます。

裏面を入れ替えていても、きちんと修理して、きちんと元に戻せば全く問題はありません。

ただし、販売者側も素人相手に売るもんだから「どうせ開けないし分からないだろう」と、かなり適当に修理して販売しているものも沢山あるのが現状です。

今回の端末も、今回のお客様のように感性の鋭い方でなければ、コピーであることも、近接センサーが動いていないことも気付かなったでしょう。


ひとつ、中古iPhoneを購入する際のアドバイスとして、開封してあるiPhoneの状態で”新品”や”美品”という言葉を信用するのはやめましょう。

状態が「新品未使用」という表記にも関わらず、コピーパネルが取り付けてある端末なんて、中古市場ではいくらでもあります。

美品だって、ネットで見る分には美品かもしれないですが、今回のようにコピーパネルが取り付けてあったり、裏面を交換されている可能性もあります。

私個人的には、もし、ネットでiPhoneを買うのであれば、フィルムの付いている「交換品」がお勧めです。

交換品とは「Appleに修理に出して戻ってきた」端末のことです。

https://auctions.yahoo.co.jp/closedsearch/closedsearch?p=iPhone+交換品&va=iPhone+交換品&b=1&n=50

フィルムが付いている交換品であれば、 Appleから返ってきたばかりなので、内部をいじっていることもないからです。

勿論これでも絶対に騙されないとは言えないですが(巧妙な人はいるので)、どこの馬の骨だか分からない奴から、自称「新品」や自称「美品」を購入するよりは、リスクは格段に下がると思います。

その分、本体価格は数千円高くなりますが、そこをケチると安物買いの銭失いになります。

皆様の参考になりましたら幸いです^^


では、本日のご修理はiPhone8のコピーパネル→液晶純正パネルへの交換で、14,990円(税込)でした。

TrueToneはサービスで修復、センサーケーブルは交換しなかったので、無料です。

お客様、遠方からのご利用誠にありがとうございました^^

今後末永く快適に使っていただけることを祈っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です