【福島県】【iPhoneSE】修理に出したらコピーが付けられ故障した

先日福島県から郵送でのご修理依頼をいただきました^^

遠方からのご依頼、誠にありがとうございました!

福島県のお客様とは3回目のご縁です☆

素敵なご縁に感謝致します^^


ご修理前にお電話で以下のご相談をいただきました。

iPhoneSEを使用しています。以前画面のガラスを割ってしまい、非正規店に修理に出しました。 その際、おそらくコピーパネルが取り付けられたと思うのですが、それでしばらく使っていました。その後また画面を割ってしまい、今はタッチの反応がない状態です。
液晶純正パネルに交換し、直していただきたいのですが可能ですか?

以上のような内容でした。


早速端末を送っていただいて、点検致しました。

フロント画面はお客様のおっしゃる通り、コピーパネルが取り付けてありました。

この写真は、お客様の端末からパネルを外し、うちのSEに付けたところです。

もうほとんどタッチパネルが反応しないので、このパネルの品質の判断はできませんでした。

見た目だけだと、まぁ普通かな。

お客様の端末は、とにかく「四隅の打痕が酷い」という印象でした。

端末の状態の写真を撮影させていただいたので、出来る範囲で掲載させていただきます。

丸を付けた部分、アルミ部分が内側にえぐれて変形しているのが分かりますでしょうか?

今回故障を引き起きしたのは、この角の打痕が大きな原因になっていると感じました。

コピーパネルは元々、強度の弱いものだというお話は再三していますね。

安い分、壊れやすい。

さらに、前回の修理の際に、この打痕を整えることなく無理やり画面をはめこんだ印象を受けました。

何故かというと、コピーパネルの付いている状態で、本体にここまで打痕を付けるのは不可能だからです。

写真を見ても分かる通り、この程度の割れでも液晶故障を起こしています。

ここまで打痕を付ける前に、普通はパネルが先に壊れてしまいます。

ですので、以前の修理の際には、パネルを無理やり入れたのでしょう。


iPhone5SやSEのような小さな機種は、画面がアルミ部分にガッチリ入る仕様になっています。

また、5SやSEというのは、アルミ部分の、特に角が変形しやすいです。

特に画面が割れるような大きな衝撃を与えた端末は、まず間違いなく、角が変形しています。

その状態で画面を無理やり力ずくで入れてしまうと、アルミ部分が画面を圧迫している状態になるので、画面に不要な圧がかかってしまいます。


今回の端末に、新しい画面を取り付けてみます。

アルミ部分が不自然に画面にぶつかっているのが分かると思います。

この状態で新しい画面を入れてしまうと、端末を落とした時に画面がすぐに割れてしまう大きな原因になるのと、枠部分が剥がれて液晶故障を引き起こす大きな原因になります。


今回はお客様に許可をいただいて、画面が自然に入るようにアルミ部分をしっかり整えました。

だいぶ良くなりましたね!

ただ、どうしても、画面部分とアルミ部分の間に隙間が出来てしまっています。

これはもう手では直せないので、あとはこの部分を保護してくれるケースを使っていただくようにアドバイスさせていただき、ケースも差し上げました。

こういう状態の端末を裸で使用されたり、粗末なケースを付けて使われるのは、修理した私たちとしても怖いので、端末に合うケースを差し上げるようにしています。(サービスなので無料です)

今回は、画面に強化ガラスを貼り、しっかりとしたケースもお付けし、さらに使用上のアドバイスもさせて頂いたので、総体的にかなり壊れにくくなりました。

私はこういうところが「プロらしさ」だと思っています。


ただ修理して返すだけなら、誰でも出来ます。

でも、おひとりおひとりに沿った建設的なアドバイスは、経験を積んだプロにしか出来ません。

少なくないお金を頂く以上、それ以上の価値を感じていただきたいと思い、私は店舗運営をしています。

こういう姿勢を支持していただいているからこそ、うちは全国からご修理の依頼を頂けるのだと思います。

前から申し上げておりますが、うちは別に技術的に優れているわけではありません。

iPhoneの修理しかやっておりませんし、基盤修理もできません。

取り扱いの最新機種はiPhoneXですし、そのXも修理によっては断る始末。

メインはiPhone8以前の機種です。

でも”壊させない”ことに関して、うちの右に出る者はいないと思っています。

だから、それまで何度も他の店で修理していた方が何かのきっかけでうちにいらっしゃって、その時に気合を入れてしっかりと直すと、もう今後壊さなくなります。

「正しく修理する」ということも勿論大切ですが、「正しく使う」ということも、同じように大切だということが分かっていただけると思います。


話をご修理に戻しましょう。

うちは郵送修理の場合、最初に画面交換の修理のみをご依頼頂いても、バッテリーの状態も点検するようにしています。

今回は画面が故障していたので、新しい画面を仮付けしてから、バッテリーの状態を少し見ていたところ、減りが明らかに早い印象を受けました。

設定からバッテリーの状態を確認してみたところ、最大容量の表示は99%。

ただ、うちのアプリで確認したら、83%表示でした。

お客様に確認したところ「バッテリーのもちが悪いと感じていたのだが、表示が99%で不思議に思っていた」とのことでした。


実はiPhoneSEの最大容量の数字は、私の経験上、かなり曖昧です。

今回のお客様のように”設定から見られる最大容量の数値は高いのに、実際に測定したら劣化していた”なんてことは、うちでは日常茶飯事です。

iPhoneSEのバッテリー交換の場合、もし、最大容量の数値が高いのに、お客様が「もちが悪い」とおっしゃったら、ご修理前に必ず当社アプリで本当の数値を測定します。

その場合、ほとんどが70%台に入っています。


今回、お客様にはバッテリー交換も合わせてご依頼いただきましたので、交換してお返しさせていただきました^^

バッテリーに関しては、充電回数500回でこれくらいの劣化状態なので、そこまでヘビーに、また、変に使用されている感じはしませんでした。

ただ、バッテリーに関しても、気付いたところは今後のアドバイスをさせて頂いています。 

今回のお客様にも、私の分かる範囲ですが”駆動時間を上げる対策”と”劣化させないコツ”をアドバイスさせていただき、ご修理完了となりました。

”せっかく修理したのだから、今後、できるだけ長く良い状態で使用していただきたい”

それがうちの願いです。


今回、ご修理後端末をお受け取りいただいた後に、お客様から「大切に使います」というメールを頂き、”願いが通じた”と感じ、大変感動致しました。

ということで、今回はiPhoneSEのコピーパネル故障→液晶純正パネル交換、バッテリー交換でご修理料金は17,980円(税込)でした!

お客様、ご利用ありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です