【iPhoneSE】外カメラが映らない

先日、後楽園店にご来店いただきましたお客様のご修理事例をご紹介させていただきます!

お客様、ご来店誠にありがとうございました^^

機種はiPhone SEです。

小さいこのサイズはまだまだ人気ですね!

ご近所のお客様でした♪

以前、海外のショップで画面交換の修理歴があるとのことでしたが、タッチ不良を起こしていたのと、外カメラが故障していたので直るかどうか見て欲しいとのことでご依頼いただきました。


このブログを購読してくださっている方はもうご存知だと思いますが、iPhoneSEにはコピーパネルというものは存在しておりません。

私が知る限りでは、作っているところはありません。(もしあったら教えてください。)

→今はiPhoneSEのコピーパネルは販売されています。
ただし、今でもiPhone5SのコピーパネルをiPhoneSEに取り付けている事例はあとを絶ちません。

ですので、みんな基本的にiPhone SEの画面修理では5Sのコピーパネルを使用しております。

もうほんとに、もれなくそうです。

iPhone SEの画面修理に非正規店に行って何も説明を受けなければ、ほぼ間違いなくiPhone 5Sのコピーパネルが取り付けられます。

今回のお客様は海外でご修理されたとのことでしたが、お客様のiPhone SEには5Sのコピーパネルが付いておりましたので、全世界共通でSEの画面修理には5Sのコピーを使ってしまっているのだと思います。


昔はiPhone SEにiPhone 5Sのコピーパネルを取り付けても正常に動かなかったのでみんなちゃんとSEの再生パネルを使っていたのですが、いつの頃からか普通に使えるようになってしまって、今ではiPhone 5Sのコピーパネル一択です。

ではなぜ、私と千葉はiPhone 5SのコピーパネルはiPhone SEに互換性が無いと考えているかというと、他店で画面交換した後に不具合を訴える方が他機種より多いからです。

その中でも1番多いのは「バッテリーの持ちが格段に悪くなった」ということです。

iPhone SEに5Sのコピーを取り付けると妙な発熱をする感覚がありまして、それが原因なんじゃないかと、うちでは思っています。

うちでもiPhone SEにコピーパネルのメニューがあるのですが、これは厳密にいうと「iPhone SEの再生パネル」を使用しています。

iPhone SEは再生パネルの出来に非常に波がありまして、良い時はものすごく良いのですが、悪い時が本当に悪いです。
どう悪いのかというと、コピーパネル並みに暗くて色合いが青っぽいんですね。
そういうものは”液晶純正パネル”としては出せないので「コピーパネル」として処分品みたいな感じで安くお出ししています。


今、これを見ている方で非正規店でiPhone SEの画面交換の修理歴がある端末を使っている方は、間違いなくiPhone 5Sのコピーパネルが取り付けてあります。

もし、画面交換後からバッテリーの持ちが悪くなったと感じていたら、バッテリー交換を検討する前に画面交換を検討してみてください。

うちのお客様でも、iPhone5SのコピーパネルからSEの再生パネルに交換したら、バッテリーのもちが格段によくなった方がいらっしゃいます。


なんだか画面の話になってしまいましたが、今回は外カメラのお話をしようと思っていました(笑)

外カメラは写真のように「開かない」もしくは「映らない」というご相談をちょいちょい頂くのですが、直るかどうかは交換して見てみないと分からないので、まずはお持ち込み頂けますと幸いです。

外カメラの点検くらいで点検費を頂くことはありませんので、その点はご安心ください。

カメラはカメラ交換で直る時と直らない時がありますので、点検して判断させて頂けますと幸いです。 

今回のお客様はカメラ交換で無事直りましたので、よかったです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です