【iPhone5S】コピーパネル割れとホームボタン故障と近接故障

先日、常総市よりご来店頂きましたお客様のご修理事例をご紹介させて頂きます。
本日の機種は5Sです。
ご修理内容としては、フロント画面のガラス割れとホームボタン交換でした。
今回のお客様、うちにいらっしゃるのは初めてだったのですが、同じiPhoneの画面交換を非正規店ですでに3回も行なっているそうです。
2回はガラス割れ、1回は液晶故障とのことでした。

では、実際の故障していたものを見ていきましょう。
おそらく過去3回ともコピーパネルをつけられてきたと思うのですが、今回もコピーパネルが付いていました。

(左が純正のオリジナル品、右が今回のお客様のコピー品)


私は今回のようなお客様を「コピー難民」と呼んでおります。

短いスパンで何度も何度もiPhoneの非正規店に画面交換に行く方のことです。

なぜ、このような事態に陥ってしまうかというと、コピーパネルを黙ってつけられる→綺麗に直ったと思いまた同じように使う→すぐに壊れる→修理に行ってまたコピーパネルをつけられる

このループに入ってしまっているからです。


今の非正規店はコピーパネルが主流です。
修理メニューに何も書いていないところはもれなくコピーパネルが来るでしょう。
そもそも純正のオリジナル品でさえ壊してしまうような方は、使い方を改めない限り、コピーではすぐに壊してしまうに決まっています。
コピーの耐久性の低さは純正とは比べ物になりません。
そして、壊して非正規店に行ったところでつけられるのはコピーパネルです。

今回のお客様が画面交換に使ってきた金額を考えると、今であれば美品のSEにゆっくり乗り換えられるくらい高額です。
こんなに何度も何度も修理する必要など、本来であればありません。
それもこれも、何度も何度もコピーパネルをつけられ(もしくは選択し)使い方を改めるよう指導されなかったからです。
そしてここまで来ると「どうせまた壊れるし」という間違った認識になってしまいます。


今回のお客様は「安い方でいいです。」と言って、コピーを選ばれました。

ご修理後お渡しの際に、今後の使い方のアドバイスだけはさせて頂きましたが、悲しいけれど、今回のお客様はまた遅かれ早かれ画面を壊してしまうと思います。
少しでも長く使っていただければと願うばかりです。

それとホームボタンが壊れておりまして、中を開けて確認したところ、ホームボタンのケーブルが断線していました。


完全にプッツリでした。
これはコピーパネルのせいです。
ホームボタンの交換もさせて頂きまして、今回のご修理は終了です!

ただし、今回はもう一箇所壊れているところがありました。
近接センサーです。
ご存知ない方もいらっしゃると思いますが、iPhoneは電話をする際に画面に顔を近づけると画面の明かりが消える仕組みになっています。
この仕組みを司っているのが近接センサーです。
この近接センサーが壊れていると、画面に顔を近付けても明かりが消えず、通話中、色々なところを顔でタッチしてしまいます。


これが壊れていると地味に不便なんですよね。
無くても使えないことはないので壊れたままの方も結構いらっしゃいますが、意外と重要な近接センサーです。
今回のお客様はご修理されませんでしたが、もし、同じ症状でお悩みの方がいましたら、近接センサーを交換すれば直りますので、ご存知おいてください^^

では、今回のご修理料金は8,960円でした。
お客様、ご来店誠にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です