【iPhone5S】液晶故障(本体大きく湾曲)

先日、取手市白山よりご来店いただきましたお客様のご修理事例をご紹介させていただきます。

お客様ご来店誠にありがとうございました!

本日の機種はiPhone5Sです。

「画面が割れたまましばらく使用していたが、落として液晶が映らなくなってしまった」とのことで、お持ち込みいただきました。

端末を確認したところ、私が見た中で史上最高に本体が歪んでおりました。

これ、分かりますかね?

まず左上のボディが大きく内側にひん曲がっています。

元画面が欠けているのでよく分からないかと思いますが、このままでは普通に新しい画面を入れても絶対に入りません。

そのため、ここはできるだけ曲がっている部分を外に戻して、残りの微調整は地道に削っていきます。

そして、厄介なのはその下の金属が飛び出してしまっている部分。

これはもうどうすることもできないです。

今回のご修理の担当は師匠でしたので、これどうやって画面入れるんだろう?と思って見ていたら、すごい技を発揮していました。

これ、ご修理途中の写真なので少し見にくいのですが、

まず、左上は綺麗に湾曲部分が戻っています。

iPhone修理屋は数あれど、あそこまで大きくひん曲がったものをここまで綺麗に直せる日本人はほとんどいないと思います。

それくらい、師匠のこの「本体の曲がりを直す技術」というのは凄いです。

しかもオール手作業ですからね。

私は師匠の右手を「神の手」と呼んでいます。

そして、その下の出っ張っている部分はどうするのかと思ったら、なんと、その出っ張りの少し上に切り込みを入れてボディ全体に余裕を持たせることでフロント画面が入るようにしていました。

すごい。

これでしっかりと画面が閉まるようになりました。

師匠のこだわりとして「画面を無理やり入れない」というのがあります。

大きく破損しているiPhoneというのは往々にしてボディ部分も曲がっていることが多いのですが、今回のお客様のiPhoneのようにボディが曲がっている状態でフロント画面をつけてしまうと画面が閉まらないということになってしまいます。

そして、ここまでいかないまでも微妙に閉まりにくいくらいで押し込めば画面が閉まるようなレベルの時でも「必ず削るように」と言われています。

なぜならご修理直後は大丈夫でも、無理やり画面を閉めてしまったものというのは綺麗に仕上がったとしても「無理やり」やっていることには変わりないので、使っている間に徐々に負荷がかかってちょっとした衝撃でも画面が割れる事態になってしまうからです。

そうするとまたお客様にご修理料金 がかかってしまうため「少しでも長くお使いいただけるように」との想いから、ここに関してはかなりこだわりがあるようです。


師匠はiPhoneが3Gの頃から修理をしていますので、私も含めてその辺の店の人とは歴史も技術力も全く違います。

トリッキーな修理があれば、ぜひうちの師匠にやらせてください。笑

師匠が修理すると、ボロボロであればあるほど本当に綺麗に直ってくるので、お客様も結構ビックリされています。

ボロッボロのiPhoneはぜひうちへどうぞ。

最終的に直った写真を撮るのを忘れてしまったのですが、このあと黒い画面をつけて無事お渡しとなりました。

本日のお客様はiPhone5Sの液晶故障でコピーパネルをお選びいただきましたので、ご修理料金は6,980円でした!

お客様、ご来店誠にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA