【iPhone6】コピー故障→再生Bパネルに交換

先日、守谷市よりお越し頂きましたお客様のご修理事例をご紹介させて頂きます。
お客様、ご利用誠にありがとうございました。
本日の機種はiPhone6です。
修理内容としては、コピーパネルの液晶故障でした。

今回のお客様の場合には約1年前にある修理店で、フロント画面のガラスが割れてしまい、コピーパネルに交換したそうなのですが、ついさっき落としてしまい、左半分のタッチがきかなくなってしまったとのことでした。

今回のお客様はうちのホームページを見てきてくださっていて、ご修理前のパネルのご説明の前から「液晶純正パネルがいいな」とおっしゃっておりました。

理由をお伺いしたところ、”コピーパネルを使ってみて品質の低さが分かったから”とのことでした。

コピーに画面交換した直後からタッチパネルの反応の悪さと画面の暗さというのを感じており、保証期間内に一度再修理してもらったそうなんですがそれでもほとんど変わらず、結局騙し騙し使っていたところ、本日壊れてしまい「やっぱり安物は安物なんだ」と実感されたそうです。

ただ、以前の修理店では再生パネルも用意してあり、さらにコピーパネルの再修理にも快く応じてくれたということで、お話を聞く限りでは珍しく非常に良心的なお店だったのではないかと思います。

その上で自分自身でコピーを選び品質の悪さを体感されたので、お客様としても納得されているようでした。

これ、お客様のiPhoneについていたパネルですが、暗い・青い・反応が悪いと三拍子揃った典型的なコピー品でした。

iPhone6はもう古い機種ですし前々から買い替えようかどうか悩んでいたということだったので、今回は私の方で再生パネル・B品をご案内させて頂きました。
B品は今回のお客様のように「コピーは嫌だけど再生パネルまでの品質は必要ではないし、出来れば安い方がいい」という方にオススメですね!

ただ、Bに関してはいつもあるわけではなく、A品の基準に届かなかったものがあった場合だけ出すことのできる掘り出し物的な感じですので、ご修理時にあった方はラッキーです♪
今回は最終的にB品を選んで頂き、無事ご修理完了致しました!

これは実際の画面なのですが、右下が黄色っぽいの分かりますかね?
こういうものがB品になります。


Bとはいえ、液晶部分は純正ですし保証期間は6ヶ月・強化ガラスのサービスもありますので、お使いいただく上での不安はあまりないかと思います。
画面の種類に関してはお客様のご希望や予算に合わせて最適なものを納得してお選びいただくといいと思います^^

では、本日のご修理はコピーパネルの液晶故障で再生パネル・B品への交換でしたので10,980円でした。
ご利用、ありがとうございました^^

ー後日談ー

2020年3月14日更新

まだ当時は液晶純正パネルの品質が安定していなかったので、私の定める品質に達していないパネルが出てしまうこともあり、ただ一般的には”不良”とは認められないレベルのパネルのため返品することができなかったので、こういうものを”B品”として出していました。

今はもうだいぶ安定してきたので、B品を出すことも無くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です