【iPhone6】トイレにドボン→無事復旧

先日ご来店いただきましたお客様のご修理事例をご紹介します。
お客様、ご利用誠にありがとうございました^^
機種はiPhone6。

ご相談内容としては「約2時間前にトイレにiPhone6を落としてしまった。電源を入れてみたが、画面が映らない」とのことでした。

このお客様のお話を聞いて”内部クリーニングすればほぼ確実に復旧する”と確信していました。
そして、実際に無事復旧することができました。
理由は、2つです。

1つ目は、水没してまだ2時間ほどしか経っていないこと。
この時間経過というのは、水没において非常に重要です。
水没は時間との戦いなので、すぐに修理に出してくださるというのがもっとも大切なことです。

2つ目は、落としたのが「水」だったこと
トイレやお風呂などの「水」に落とした場合、不純物がほとんど入っていない状態なので、プールや海などの不純物が多く含まれるもの以外に落とすよりも、復旧率は格段に上がります。

今回のお客様の場合、この重要な2点が当てはまる状況でしたので、内部クリーニング前に私はほぼ復旧を確信していました。
そして、約2時間のクリーニング後、無事復旧することができました!


ただ、今回はフロント画面とバッテリーが故障していました。

これが実際の写真です。
フロント画面は右下が割れており、横と縦に線が入っており、一部タッチが効かなくなっている状態。


さらにバッテリーは電源は入るものの、すぐに電源が落ちてしまうという安定しない様子でした。

今回は「まだ使いたい」というご希望だったので、内部クリーニングに合わせて、画面交換とバッテリー交換もさせて頂いたので、ご修理料金は15,000円ほどでした。

水没はとにかく時間との勝負ですので、iPhone水没後は今回のお客様のようにすぐにご修理に出していただきますようお願い致します^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA