【iPhone6】バッテリー交換

昨日ご来店くださったお客様のご修理事例をご紹介させていただきます^^

本日の機種はiPhone6、取手市桑原よりお越しいただきました。

お客様、ありがとうございました!

「iPhone6のカバーを外そうとしたら画面が外れて浮いちゃった!」とご相談に来てくださいました。

ドコモをお使いだということでドコモショップに持って行ったら「アップルケアがどうとかこうとか、とにかくアップルショップに行ってくれ。もしくはカメラのキタムラ」とその一点張りだったとのこと。

でもアップルショップは近くにないし、どうしたらいいか分からない。。。ということで、うちに駆け込んでくださったそうです。

うちはそんな時のための存在です。

一般的に画面が浮いていたり外れてしまったりした場合、「画面交換してほしい」とiPhoneを持ち込まれる方が多いのですが、そのような場合はほぼバッテリーが膨張していることが原因ということが多いです。

今回のお客様の場合も、バッテリーがパンパンで浮き上がってしまい、すでに閉まりませんでした。

特に、iPhoneを覆うようなカバーをつけている場合には画面が多少浮き上がってきていても気づかない場合が多く、ふとしたことがきっかけでパックリ開いてしまったりすることがあります。

画面が浮いてしまってもiPhone自体はそのまま使えますのでそのまま使用していただいても問題はないのですが、遅かれ早かれ必ず他のパーツに影響が出て、修理代がかさむことになります。

また、その状態でいると水没した場合、おそらく復旧する確率はほぼ無いに等しいです。

画面が閉まっていないということは、水分がかかった場合に直に基盤に水が入りますので、かなりの確率でショートすると思います。

画面がしまっていないというのは、結構怖い状態ですよ!

安易にそのまま使い続けているのは、本当に良くないです。

大切なデータが一瞬で吹き飛ぶ可能性を秘めています。

今回のお客様のように、異変を感じたらすぐに専門家に見せて速やかに対処することが賢い選択かと思います。

実際に開けてみたところはこちらです。

パンパンという言葉がピッタリなほどパンパンでした!

パンパンというか丸々太って可愛らしかったです。笑

これはほぼ確実に過充電が原因です。

お客様にお話をお伺いしましたところ、自宅にいらっしゃる時にはほぼ常に充電器に挿しっぱなしということでしたのでほぼ間違いないですね。

バッテリー膨張による画面の浮き上がり現象は、今はiPhone6が1番多いと感じております。

iPhone6は日本では2014年9月に販売が開始したので、iPhone6の方は皆さんだいたい2年半〜3年くらいお使いかと思いますので、バッテリーの寿命的にもそろそろかな、という感じです。

今回は、iPhone6のバッテリー交換でご修理代金は6,980円でございました。

お客様、ご利用誠にありがとうございました^^


ー後日談ー

2020年2月20日更新

この時ご紹介させていただいたお客様とは、今でもお付き合いがあります^^

このあと、息子さん、娘さん、旦那さん、ご家族皆様でバッテリー交換にご利用くださり、さらに息子さんが画面のガラスを割ってしまった際も、ご利用いただきました^^

ご家族皆さんが大変良い方で、本当に神様みたいな存在です!

先日旅行に行かれた際にもわざわざお土産を買って持ってきてくださったり、今でも交流させていただいています。
本当にありがたいです。

今後とも何卒宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA