【iPhone6S】コピーパネル→液晶純正パネルへ交換

先日、坂東市よりご来店頂きましたお客様のご修理事例をご紹介させて頂きます。

お客様、ご利用誠にありがとうございました^^

本日はコピーパネルの液晶故障です。

ご来店いただく前にお電話でご連絡いただきました。

ガラスが割れて画面の1/3が反応しなくなってしまったのですが、これは直りますか?

私はこの段階で「多分コピーパネルの故障だろうな」と感じていたのですが、実際に拝見したところ、案の定そうでした。


今回は動画撮影に失敗しまして非常に見えにくくて申し訳ありません。

お電話では「液晶の1/3が反応しない」とのお話でしたが、私(と言っても見たのは師匠ですが)が拝見した際には、タッチパネルはすでに全く反応が無い状態でした。

たまーに気まぐれで反応することもあるのですが、基本的には操作不可の状態でした。

これだと本当に何も出来ないので、すぐにでも交換が必要ですね。

かなり困ったと思います。 

今回のお客様についていたパネルはかなり出来のいいコピーパネルでした。

これだったらパッと見で何も言わなければ、コピーかどうか私でも分からないと思います。

元々6Sというのはコピーパネルの出来が総じて良い傾向にはあるのですが、その中でもかなり良かったです。

ただ、やっぱり、液晶面の耐久性は所詮コピーですからね。

ハリボテです。

これしか画面が割れていないのに、液晶がこんな壊れ方をするのはコピーの特徴です。

私と師匠からするとコピーパネルの壊れ方って非常に特徴的なので、電話で壊れ方を聞いただけで、だいたい「コピーかどうか」というのは分かってしまいます。

毎日壊れているiPhoneを沢山見ていたら、謎の特技が身に付きました。笑

今回のお客様のパネルみたいにここまで見た目が純正に近いと気を付けて使わなくなってしまうので、逆効果かもしれないですね。

コピーパネルって輝度が低かったり、見た目で純正と何か違う感じがすると「これは純正とは違うんだ」と体感するので、結構気を付けて使うと思うんですよね。

だから、コピーはコピーらしく暗くて色味が変な方が最終的には長持持ちするのかもしれません。

今回は、割れるほどの衝撃を画面に加えなければ、おそらくまだまだ問題なく使用できていたと思います。

コピーパネルは液晶純正パネルと比べて液晶の耐久性が低いですが、基本的には落としたりぶつけたりしなければ、そこまですぐに壊れてしまうものでもありません。

問題は、その“落とした”“ぶつけた”時ですよね。

今回のケースのように画面が割れるような大きな衝撃を加えてしまうと、どうしても耐えられず壊れてしまうことが多いです。

ですので、コピーパネルに関しては色合いや輝度が気にならず、なおかつ大切に使える方であればコスパはいいのではないかと思います。

しっかりと理解した上で、使用する分にはコピーパネルでも問題ないと私は思います。

今回のお客様には、液晶純正パネルをお選び頂きまして、最終的に綺麗に直ってお返しさせて頂きました^^

今回は6Sのコピーパネルの液晶故障→再生パネルへの交換でご修理料金は14,980円でした。

お客様、ご利用誠にありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です