【iPhone7】コピーパネルのガラス割れ→液晶純正パネルに交換

先日、取手店にご来店いただきましたお客様のご修理事例をご紹介させていただきます。

本日のご紹介はiPhone7!

つくば市からお越しいただきました。

お客様、ご来店誠にありがとうございました^^

本日のお客様は、約半年前に画面を割ってしまい、ある非正規で画面交換されたそうです。

しかし、修理直後から「なんか暗いな」「なんかタッチの反応がおかしいな」と感じたそうです。

ただ、修理に8,000円ほどかかっており「もったいないから」と騙し騙し使っていたところ、また先日落として割ってしまい、再度修理を考えられたそうです。

そして、ネットで修理店を探していたところ、うちのホームページを発見し「自分もコピーパネルが取り付けられていた」ということに初めて気付き「ちゃんと直そう」と考え至り、ご来店くださいました。


では、実際に取り付けてあったパネルを見てみましょう。

今日は純正のオリジナルパネルと比べてみます。


今回はそこまで暗くはない、というか、逆に白飛びしているような状態で、全体的に表示が薄い印象を受けました。

なんか見づらい。

存在感が薄いというか、消えそうみたいな感じです。

このパネルは見た目よりも、とにかく操作性がひどかったです。

スクロールする度に引っかかるような状態で、かなりカクカクしていました。

文字入力も思うようにいかず、何度も打ち直さないといけないため、これを使うのは苦労しただろうなと悲しくなりました。

そして、皮肉なことに、修理後に「iPhoneは角が弱くて角から割れるので、ケースをつけて使ってください。」と言われたそうです。

いや、言うとこ、そこじゃないでしょ。

ケースを付けた方がいいのはもちろんですが、これだけ見た目と使用感が変わるのであれば、まず大前提として「これは純正パネルではない」とお客様に伝える必要があります。

そして、コピーパネルなんてケースを使う使わない以前に、そもそも液晶面が壊れやすいので、そこをきちんと伝えてあげなければいけません。

さらに、ケースだけでは不十分です。

コピーパネル、液晶純正パネル、どちらの修理でもそうですが、修理後は画面に必ず強化ガラスを貼って使ってください。

うちは液晶純正パネルのお客様には、サービスでフロント画面に強化ガラスを貼付してお渡ししておりますが、これを貼っているかいないかで再度割る確率がかなり下がるからです。

「ガラス貼っていてよかったです!」という方が何人もいらっしゃいます。

ガラスの強度面はやはり純正のオリジナルパネルには劣りますので、その強度を補強してあげるためにガラスフィルムを貼ってあげてください。

まだまだコピーパネルを黙って取り付けている店舗は多いようなので、非正規店に修理に出す際にはくれぐれもお気をつけを。

修理料金だけで店を選んでいると、あとから大変なことになりますよ。

今回のご修理料金はiPhone7・コピーパネルのガラス割れ→液晶純正パネルへの交換で、14,980円でした!

お客様、ご利用誠にありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA