【iPhone8】コピーパネルに交換

先日、東京都文京区の後楽園店にご来店いただきましたお客様のご修理事例をご紹介させていただきます。

久しぶりのiPhone8!

このところ、取手店・後楽園店ともにiPhone8のご修理のお問い合わせを非常に多く頂いております。

ご紹介は久しぶりですが、ご修理自体はちょくちょく承っております。

今回ご紹介するご修理はiPhone8のフロント画面の液晶故障です。

ご来店前にお電話をいただいたのですが、内容としては「割れたまま使っていたら今日画面右側の一部が黒くなってしまい、見えなくなってしまった。これは直りますか?」ということでした。

早速ご来店いただきました端末を拝見させていただいたところ、下の写真の状態でした。


iPhoneの画面が割れた状態のまま使用している方も多いですが、ある日突然こんな感じで液晶故障に陥ってしまうことがあります。

これ、完全なる純正のオリジナルパネルなのですが、なんか色が薄いというかボヤっとしていますよね。

黒くなっている部分はもちろんですが、全体的に液晶に異常を来していました。

こういうものは、画面交換すれば直ります。

iPhoneの修理店に行ったことがなく免疫がない方は、液晶故障を起こした端末は「AppleStoreに行かないと直らない」と思っている方も、特に地方だと結構多いのですが、画面交換すれば大体ちゃんと直ります。

iPhone8の画面交換は、他機種と異なる部分があります。

それはただ画面交換すると、上の写真のTrue Toneという機能が消失するということです。

画面交換後もTrue Toneの機能を生かすためには専用の装置が必要になります。

しかし、コピーパネルにはTrue Toneを司るチップが内臓されていないため、いずれにしてもコピーパネルに交換後はこのTrue Toneは消失します。

iPhone8でコピーパネルをお選びのお客様には、この点をご理解ご了承いただいてから画面交換しております。
ただ、そもそもこのTrue Toneの機能自体ご存知の方は少なく、True Toneが消えるかどうかを気にされている方はごく少数です。

今回のお客様もご修理前にこの点をご説明したのですが、全く気にしておられませんでした。

「True Tone?へぇ」という感じでしたね。


ということで、コピーパネルに交換させていただきました。


iOS12の元ではコピーパネルに交換後は、このようにTrue Toneがごっそり無くなります。

これは一度失ってしまうと、元の画面がない限りは復活させることはできません。

今回のお客様は「多分また故障させちゃうから、とりあえずコピーパネルに交換してみて使いづらかったら、次は液晶純正のパネルに交換します。」とのことだったので、私の方で元のパネルを保管しておく約束をしました。

ガラス割れの場合には、割れたパネルは再生に回してしまうためそういうことは不可能ですが、もうこの状態では再利用することもできずどうせゴミなので、私の方でしばらく取っておいて次に液晶純正パネルをお選びになった際にTrue Toneを復活させられるように保管しておくことにしました。

元のパネルさえあれば、いつでも復活させられますからね^^

これは師匠のアイディアです。笑


今回のお客様は画面交換後、輝度が低いために画面が暗いことや操作性に関しては「気にならない」とおっしゃっておりましたが、私としては、正直そんなことはさして重要ではないわけですね。

コピーパネルの1番の問題はやはり”強度”であり”耐久性の低さ”です。

ここをきちんと頭に入れてしっかりと対策をしておかないと、本当にすぐに壊れます。

よくですね、コピーパネルに画面交換後「全然気にならない!これで十分だわ」という方がいるのですが、こういうことを言っている方に限って修理後数週間とかで壊して「もう壊れたんですけど」と怒りの電話をかけてきます。

私としては正直「修理前に嫌という程、コピーパネルの耐久性の低さについては説明しましたよね?」という「だから言っただろう」という感想しかないわけで知ったこっちゃありません。

しかし、こういうクレームを出来るだけ防ぐために、コピーパネルを選んだお客様には、ご修理後に再度「頑丈なケースと保護ガラスを使用するなどしきちんと守る意識を持って大切に使うように心がけてください。」ということをアドバイスしています。

ここまで言っても、上記の電話をかけてくる人は一定数いるんですけどね。

もうそういうのはある程度諦めています。

そして、他の店に行っていただくように促しています。

私では手に負えません。


今回のお客様はコピーパネルのことについてはしっかりとご理解してくださっていたので「ちゃんとしたケースを買います」とおっしゃって、お帰りになられました。

こういう液晶故障は正規店に修理に出すと本体交換の措置になるので、データが消える上、4万円以上かかります。

しかし、うちの場合、コピーパネルだとデータはそのままで7,980円で修理出来てしまいます。

もちろん画面の品質は大きく落ちますので一概にお得とは言えないですが、質を気にせず「とりあえずガラスが綺麗になって操作できるようになればいい」という方にはコピーパネルは非常に有用です。

今回のお客様のような方には、安く修理できるため、非常に喜んでいただけます。

だから、コピーパネルに変なクレームをつけてきてほしくないんですよね。

質が落ちても「安く修理できた」と、今回のお客様のように非常に喜んでくれる方もいらっしゃるので、こういう方のためにコピーパネルは存在しているわけです。

ニーズに合わない方、もしくは私の話をちゃんと聞いておらず値段だけ見て決めて結果すぐに壊すような方は、そもそもコピーパネルを選ぶことに向いていません。

こういう方に選ばれてコピーにお門違いなクレームが増えると、本来コピーパネルのニーズに合う方に迷惑がかかりますので、やめていただきたいです。

どうしてうちが徹底的に質と料金を分けているかというと、iPhoneの修理には異なる2つのニーズがあるからです。

「出来るだけ安く修理したい」というニーズと「適正な価格でちゃんと直したい」というニーズです。

自分はどちらなのか?というのをしっかりと見極めて、メニューを選んでください。

本日のご修理はiPhone8の液晶故障→コピーパネルに交換で、ご修理料金は7,980円でした!

お客様、ご利用誠にありがとうございました^^


ー令和2年3月現在ー

コピーパネルに交換後、元のパネルが無くてもTrueToneを復旧できるようになりました。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です