【iPhone8】コピーパネル破損→液晶純正パネル交換

先日取手店にてご修理させていただいた事例をご紹介させていただきます^^

お客様、ご利用誠にありがとうございました^^

本日はiPhone8!

取手では珍しいです。

本日は、コピーパネルの破損からの液晶純正パネルへの交換です。

当ブログではもはやお馴染みですね。

では、早速、今回のお客様の端末に取り付けてあったパネルと、うちの液晶純正パネルを比べてみまショー!!


さすがに今回のは一目瞭然ですね。

今回のお客様は前回、他店でご修理された際に「これは互換品です」という説明を受けていました。

修理前に説明して出しているところのパネルとしては非常に一般的なクオリティだと感じました。

色合いが青く、タッチの感度も悪い。


そして、このパネルのガラス部分の剥がれ方!

コピーって壊れ方に特徴があるんですよね。

下の写真は全部コピーパネルです。


んで、こっちが今回の画面のアップ。



私はお客様が「画面を割ってしまった」と言って端末を持ってきたら、99%非正規店で修理歴があるかどうか分かります。

画面が点いていなくても、です。

非常に出来の良いコピーパネルや再生パネルだとたまーに分からないこともあるのですが、まず間違いなく分かります。

なぜかというと、コピーパネルには写真のように、壊れ方に特徴があるからです。

年間1,000台から壊れているiPhoneを見ていると、割れ方だけで見分けられるようになります。

私はコピーパネルと液晶純正パネルの違いとして「コピーパネルは耐久性が低い」という話をしてきたのですが、写真をご覧いただければ一目瞭然かと思います。



今回は、iPhone8のコピーパネル破損→液晶純正パネルへの交換で、ご修理料金は17,980円でした!

お客様、ご利用誠にありがとうございました^^