【iPhoneSE】フリマサイトで買ったら画面が暗い

先日、東京都文京区の後楽園店にご来店いただきましたお客様のご修理事例をご紹介致しますね。

本日のお客様は中央区からお越しでした♪

お客様、ご来店誠にありがとうございました^^

本日ご紹介の機種はiPhoneSEです。

ご相談の内容としては、タイトルの通りです。

少し前に某フリマサイトでiPhoneSEを購入したが、なんだか画面が明らかに青くて暗い気がしている

うちはこの手の話は大得意ですからね。

こういうお客様を救うために東京に店を出したようなものです。


では、実際のお客様の画面をお見せしますね。


左側がお客様がお持ち込みになったiPhone SE、右側が純正オリジナルが付いたiPhone6S。

明るさ、全く違いますね〜。

なぜこんなに暗いかというと、粗悪なコピーパネルが付いていたからです。

今回のお客様は「このまま使うのは辛いから、画面交換したい」とご依頼いただきまして、液晶純正パネルに交換させていただきました。


交換した後の画像はこちら。


明るさも色合いも、完全に元に戻りましたね!

お客様にも非常に喜んでいただきました♪

ありがとうございました^^


ところで、今回のお客様のように、メルカリやラクマなどのフリマサイトやヤフオクなどのオークションサイトで、スマートフォンを購入するのは、もはや定番です。

かなり気軽に、ネット上でのiPhoneの個人売買が盛んに行われています。

ネット上で購入できる1番のメリットは、もちろん「安さ」ですね。

ネットで買えば、店舗で買うより数千円安く購入できるのが魅力です。

ただし、特に「iPhoneを買う」というのは、実は結構難しいです。

難しいというか、相応の知識とコツがいります。

なぜかというと、今回のお客様が購入したiPhoneのように、コピーパネルを取り付けて売っている個人業者というのが非常に多く存在しているからです。

それは一般の人には、見分けがつきません。

ディスプレイというのは、光の加減で色合いや明るさも変わるので、コピーパネルでも上手に撮ればうまく誤魔化せてしまいます。

それでも私たちのようなプロは、出品ページの写真だけで「コピーパネルが付いているかどうか?」というのは、ほぼ間違いなく分かるので、騙されることはありません。

ただ、知識の無い方は、そういうものを掴んでしまうこともあります。

そういう人に騙されないようにするためには、相応の知識をつけなければいけません。


ただ、プロでも無い一般の人が知識をつけるのも難しいと思うので、私は個人的にはiPhoneは店舗で買うのがいいと思っています。

勿論ネットで買うより高くはなりますが、店舗で「見て買う」というのは、iPhoneに関しては大切なことだと思います。

正直言うと、店舗で販売しているものの中にも、コピーパネルが付いているケースは沢山あります。

それでも、本人が見て気付かない、違和感を感じないレベルの画面であれば、最悪いいと思うんですよね。

コピーパネルもそこまで酷いものは今は減ってきているので、使う本人が別に気付かないレベルであれば、コピーがついていても私は構わないと思います。

中古iPhoneの代表的な、店舗といえばGEOさんですね。

ゲオさんは正直、私たち中古iPhoneの相場を知っている者からすると考えられないくらいの高値で中古iPhoneを販売していますし、しかもかなり売れています。

それはやっぱりGEOさんの信用力と「見て買える安心感」にお金を払っているという納得感があるからだと思います。

私が同じ値段で同じものを店頭で販売しても、絶対に売れないと思います。

ダラダラと書いてきましたが、何が言いたいかと言うと、iPhoneは実物を見て買うのが間違いないです。

あまり自信のない方は店舗で購入しましょう。


では、今回のお客様のご修理はiPhoneSEのコピーパネル→再生パネルへ交換で10,980円でした!

お客様、ご利用誠にありがとうございました^^