【iPhoneSE】画面が浮いてきて本体との間に隙間ができた

私ごとですが、来週の日曜日に簿記2級の検定試験を控えており、鋭意勉強中のため、忙しくてなかなブログを更新できておらず申し訳ないです。

変わらず修理は承っているのですが、なかなか書ける時間が取れず。

とりあえず今日は、先日後楽園で興味深い修理を承ったので、そちらを早足ではございますが、ご紹介致します。

お客様、ご利用誠にありがとうございました!

本日もiPhoneSE。

やはり秋になると、iPhoneSEの修理が続く不思議。

先日富山の方から郵送でのご修理をご依頼いただいたのですが、こちらもiPhoneSEでした。

しかし最近は秋を通り越してめっきり冬の予感さえしますね。

夜が寒い!!

みなさんのお住いの地域はいかがでしょうか?

さて、では、ご修理のご紹介をしていきます。

ご相談は、こちら。

画面が浮いてきて本体との間に隙間ができてしまったのですが見てもらえませんか?


早速端末を見せていただきましたところ、バッテリーが膨張しフロント画面を押し上げてしまっていることが原因で、本体と画面の合間に隙間が出来ていました。

また、フロント画面に関しては、ガラス面が液晶から剥がれている状態でした。

おそらくしばらく前にバッテリーが膨張し、そのままの状態で使っていたら、だんだんと画面が浮いてきてしまい、さらにそのまま使っていたらガラスが液晶との接着面から剥がれてきてしまったのだと思います。


この小さいサイズの機種は、ガラス面と液晶面の糊付けの面積が少ないため、他機種に比べると、角が剥がれやすく浮いてきやすいという特徴を持っています。

今回のお客様は、バッテリーが膨張していることに気付かず使っていたため、内部から圧迫されたことによって画面が浮いてしまったわけです。

しかし、特に端末に不具合が無くても、画面の角が浮いている端末というのは、非常によく見かけます。

iPhone5Sはもう古いのでほとんどないですが、iPhoneSEに関しては「角が浮いてしまっているのですが、こいういうのは直りますか?」というご相談はたまに受けます。

そういうものは、うちでは基本的にガラス割れでの画面交換修理と同じ対応になります。

小さい機種にありがちな「角が剥がれている問題」ですが、この端末にもっとも多いのが”近接センサーの故障。

ユーザーが気付いていないだけで、近接センサーの壊れているiPhone5SやiPhoneSEは本当に多いです。



先ほどの画像を参照しますが、角が剥がれて来ると内部にゴミやホコリが入ってきます。


センサーケーブルは受話スピーカー部分に取り付けてあるため、ここから入るゴミや埃の影響をモロに受けるので、それで近接センサーが壊れる事態になります。

さらに今回は、外カメラの内部にも埃が入っており、撮影するとその埃が一緒に映る状態でした。


端末は違うのですが、先ほどの画像の画面を開けたところです。

ちょうど角のところに外カメラがありますよね。

画面が浮いていると、この外カメラにもモロに埃やゴミが当たります。

もちろん短期間であれば問題はないですが、長い時間隙間がある状態で使っていると、埃の影響でカメラが壊れます。

今回の場合は壊れるまではいかず埃が入っているだけでしたが、このままだと壊れる可能性があります。


さて、今回は近接センサーも壊れており、外カメラにも埃は入っていますが、全部修理するとなると正直買い換えた方がいいくらいなので、私としてはバッテリー交換のみが最善と感じました。

今回この話題を取り上げたのは、画面が浮いたまま使っていると他の場所が壊れていくよ、ということをお伝えするためです。

iPhoneSEと5Sは浮いたまま使っている方が本当に多い。

意外と忘れがちなんですが、iPhoneというのは精密機器なので、埃や水分に弱いんです。

もちろん内部に入れば悪影響です。

それを忘れず大切に使用していただけば、快適に使える期間も伸びます。

こういう端末を使用している方はちゃんとしたケースで保護してあげるだけでもだいぶ違いますので、ぜひケース選びを慎重に!

では、本日ご紹介させていただきましたお客様、ご利用誠にありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA