【iPhoneSE】画面交換したら電話の声が遠い

先日坂東市よりお越しいただきましたお客様のご修理事例をご紹介させていただきますね!
おそらく年内最後のご修理事例のご紹介となります。

本日はiPhoneSEですが、このところ毎日必ず1台はiPhoneSEの修理があるくらい、SEの修理率が高いです。
最初のご相談内容としては「今年の1月頃に他店で画面交換したのですがタッチの反応がおかしいので見てほしい」というものでした。
こういうのは粗悪なコピーパネルがついていて液晶故障を引き起こしていることがほとんどなので、画面交換をすれば直ります。

ご来店いただきまして端末を拝見したところ、少しですがタッチパネルの反応が悪いというか鈍いという印象を受けました。

全く反応しないというわけではなく、3回に1回くらい「あれ?」と思うことがあるという感じです。 


これ、そのパネルの画像なんですが、めちゃくちゃ綺麗な色合いでした。
この色合いと輝度(きど)ならば純正のオリジナル品とほぼ一緒のクオリティです。

お客様が「他店で画面交換した」とおっしゃって持ってくるSEの画面って、本当に低品質品で使えたものじゃないことがほとんどなので、うち以外でこんなに綺麗な画面を出すところを初めて見ました。

聞けば今回のお客様、その修理店で画面交換した際に今回同様タッチパネルの反応が悪くおかしいと感じ、一度再修理をしてもらっているとのことでした。

その再修理の際に数日iPhoneを預けていたそうなので、おそらく一度目に不良品を出してしまい再修理の際2度目は変な画面は出せないから、質のいい画面を探したのではないかと思います。
お客様から再修理のお話を聞いて、こんなに綺麗な画面がついていた合点がいきました。

しかし、色合いは綺麗でもタッチの反応には異常を来しておりました。
これが再生パネルは純正のオリジナル品には勝てないところですね。

うちは再生パネルの再修理率は年に1回か2回ほどというかなり低い確率ですが、再修理になってしまうお客様の共通点として「ケースをつけずに使用している」もしくは「プラスチックのハードケースを使用している」ということがあります。

今回のお客様も付けているケースは粗末なプラスチックのケースで、正直申しますと「これなら付けない方がいい」というケースでした。
再生パネルはしっかりと検品すれば純正のオリジナル品とほとんど変わらないクオリティでご修理することが可能ですが「強度」だけは純正には勝てません。

コピーパネルとは勿論雲泥の差がありますが、それでも純正には勝てないです。

ですので、再生パネルをお選びのお客様でも、iPhoneを長く快適に使用するために、端末にはしっかりとしたソフトケースを装着していただき、荒い使い方をしないように心掛けていただくようにお願いしております。


うちではご修理前、受付の際にお客様とご修理するiPhoneの動作チェックを一通り行います。
他店でご修理経験のある端末に関しては、特に徹底的に動作チェックを行っております。

正直申しまして非正規店でのご修理歴のある端末というのは、問題が起きているケースが多く、お客様が気づいていないだけで壊れている箇所が見つかることが非常に多いからです。

修理店が壊してしまったのか、修理後にお客様が壊してしまったのかは分かりませんが、私の経験上問題がない方が珍しいくらいなので、修理歴がある端末に関しては通常よりも徹底的に動作チェックを行います。


今回のお客様のSEの場合には、ご修理前の動作チェックでは「通話時に相手の声が遠い」印象を受けました。

お客様にお伺いしたところ「やっぱりそうですか?なんかそんな気はしていたのですが気のせいだと思って、あまり気にしていませんでした。」とのお話でした。

こういうことがあるので、ご修理前にお客様と一緒に、お客様の目の前で動作チェックをするということは絶対に欠かすことのできない工程です。


今回のご修理では画面交換後、タッチの反応も正常に戻り、通話中に声が遠いという部分もしっかりと直り改善致しました。

私は「受話スピーカーに埃が溜まって声が遠いのかな?」と思い、その部分を入念にお掃除したのですが、あとから師匠に聞いたら「受話スピーカーちゃんと入ってました?」と聞かれました。

通話の際に相手の声を受けて伝えるスピーカーがこれなのですが、画面交換時にはこのスピーカーを新しい画面に移植します。
スピーカーの赤く丸をつけた部分を画面の赤丸の部分にはめ込む形です。

師匠曰く、この受話スピーカーが画面側にしっかり入っていないと、通話に「相手の声が遠い」と感じることがあるんだそうです。
スピーカーがきちんと声を拾わないためですよね。
その話を聞いて、確かにスピーカーがちゃんと収まっていなかったのか、この部分の金具のネジ外す際に無理やり閉められていたような印象を受けたので、以前の修理が原因で通話時の声が遠くなってしまっていたのだと思います。

今回はしっかりと収めたので、正常に戻りました^^

ということで、今回のご修理はiPhoneSEの液晶故障の画面交換で10,980円でした!

うちのiPhoneSEのご修理は液晶が純正の再生パネルしか使用していないため価格だけ見ると高いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、東京からもわざわざご修理にいらっしゃるお客様がいるくらい品質は非常に良いので、単純に価格だけを比べないでいただけると有難いです。

ではお客様ご来店ありがとうございました^^


ー後日談ー

2020年3月16日更新

この当時はまだiPhoneSEにコピーパネルが無かったので、取り扱いがありませんでした。
今はコピーも開発されたので、取り扱いしています。