【iPhoneX・XR】バッテリー交換のちょっとしたこだわり

みなさま、こんにちは!

今日はもう真夏の雰囲気すらありますね。

暑い、暑い。

前回の更新から1週間以上経過してしまいました。

一応、3日に1回の更新を目標にしているのですが、このところ、父の会社の事務作業が大忙しでして、そちらに時間を取られており、更新する時間を取れずにおりました。

とはいえ、もちろん店は相変わらず営業しておりますので、修理も買取も粛々とお受けしております。

最近の1番のニュースといえば、iPhone6からiPhoneSE第2世代へのデータ移行を3台承ったことですかね。


こちらのご依頼主のお客様は、うちが取手店がオープンした直後くらいから何かとご贔屓にしてくださっていて、とってもお世話になっている方です^^

ご家族皆様で機種変されるとのことで、3台一気にデータ移行を承りました。

新品のiPhoneを3台一気に見ることはあまりないので、私もテンションあがっちゃいました☆

データ移行は問題なくスムーズに進みまして、1日で3台とも終わりました。

今回はデータ移行後、iPhone6を3台とも引き取らせていただいたので、データ移行の費用は無料でした!

お客様、毎度ご利用誠にありがとうございます^^


さて、修理においては、最近はiPhoneXのバッテリー交換がぐっと増えてきた印象があります。

iPhoneXが発売されてから3年近いので、バッテリーのへたりを感じてきた方も増えてきたように思います。


iPhoneXは初めてFaceID(顔認証)が導入された機種で、従来のものとは内部構造が結構変わりました。

ですので、修理工程や修理時の注意点も、それまでの機種とは異なります。

色々気をつけるところはあるのですが、やはり1番は、先ほど触れたFaceIDですね。

これは壊してしまうと取り返しがつかないので、特に慎重に扱います。

うちはバッテリー交換時に、その点を少し工夫しています。

iPhoneXやiPhoneXRはバッテリーテープを上に引っ張る形でバッテリーを外します。

その時に、バッテリーテープがFaceIDに当たって壊すことを防ぐために、FaceIDに予めマスキングテープを貼ってカバーしておきます。

こうすることで、テープを上に引っ張っても、テープが直接FaceIDに当たることを防ぐことができます。

これは師匠が考えたんですけどね。

この方法のお陰か、うちではiPhoneXとiPhoneXRのバッテリー交換を累計100台以上承っていますが、1台も不具合が起きたことはありません。

「そんなことしなくても顔認証は壊れないよ」という方もいらっしゃるかもしれませんが、うちは少しでも壊す確率を下げたいので、出来ることはするように心がけています。

修理という分野は、コツコツひとつひとつ信頼を積み重ねていくしかないです。

そういう積み重ねをもって、最終的にご家族皆様のデータ移行をご依頼いただけるような関係にまでなれれば、理想的です^^

データ移行でいうと、正直、私たちも誰でも彼でも承っているわけではないですし、逆にお客様側も、誰にでも依頼できるわけではないと思うんですね。

ですので、お互いに信頼しあえている中でお客様に気持ちよくご利用いただければ、私も感無量です。

今後も皆様に信頼していただけるように精進してまいります!


ということで、本日は簡単な近況報告と、バッテリー交換のちょっとしたこだわりをご紹介しました^^

内容はいつもより短めですが、楽しんでいただけましたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA