フロント画面初の再修理

うちの自慢は、何と言っても保証期間中での再修理率が圧倒的に低いことです。
オープンして約半年ですが、保証期間中に再修理になったお客様は、バッテリーがお一人だけいらっしゃったのですが、フロント画面を含めて他パーツに関しては再修理になるお客様が0でした。
私はパーツの検品と修理前後の動作チェックをとても細かくやっているので、うちは保証期間中の再修理率がとても低いということが自慢なのですが、昨日オープンして初めてフロント画面の再生品に不良が出てしまいました。
機種は、iPhone5Sです。

今回のご修理の際にも、修理前後の動作チェックはしっかり行い、何ら問題なく完璧な状態でお渡ししたのですが、ご修理の次の日にお客様から「電話がかかってきて取ろうとすると、取れる時と取れない時がある。(その部分のタッチがきく時ときかない時がある)」とご連絡をいただきました。

早速再度お預かりして見てみたところ、確かに着信があって電話の部分を押しても反応する時と反応しないときがありました。
これくらい細かい不良というのは、正直申しまして、ご修理後の動作チェックでは発見できないというのが、誠に恐縮ですが現状です。


すべてのiPhoneでこのようにしっかりと動作チェックをおこなってはおりますが、修理直後に出ていない不具合に関しては発見することができないので、たまにではありますが不良が出てしまうということも誠に申し訳ありませんが、あります。
そのための「保証期間」ですので、うちでご修理後に何か不具合がありましたら、速やかにご連絡頂けますと幸いでございます。

今回のお客様の場合には、ご修理直後でしたのでもちろんお客様の過失という可能性はまずありませんが、例えば、液晶純正パネルをお選びいただいたとします。
1ヶ月後にフロント画面は全く綺麗な状態なのに「タッチが反応しなくなってしまった」などの症状の場合には、うちでは新しいものと交換します。

メーカーでさえ、新品購入後は1年間の保証期間をつけていて、しばしば本体丸ごと交換ということも世の中では起こっておりますので、それを踏まえてほしいとは申しませんが、何卒寛大な目で見ていただけると助かります。
もちろん、私自身もさらに検品と動作チェックを徹底し、不良が出ないように精一杯努めて参りますので、何卒ご理解いただけますと幸いでございます。

今回、不良が出てしまったお客様には大変なご迷惑とご心配をおかけしてしまいましたこと、この場でもお詫び申し上げます。
誠に申し訳ありませんでした。
今後はさらに徹底したチェック体制を整えて参りますので、何卒宜しくお願い致します。

何でこんな再修理になったマイナスなことをあえて公表するのか?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私は当店の方針として「何でも包み隠さず発信していく」ということを決めております。
情報が良いことだけだとお客様の信用は得られないと思っています。
口コミサイトやレビューなども「良いこと」「褒め言葉」だけの感想というのはイマイチ信用できなくないですか?
反対意見や悪い意見があって初めて真実味が増すと私は思っているので、今後も一見うちの店に不利なことでも包み隠さず発信していくつもりです。
その上でお客様に来ていただけないのであれば、うちはそれまでの店だと思うので、それはそれで仕方がないと思っています。
第一優先は「お客様に信用していただく」ということなので、今後も未熟な私と当店をありのまま発信していければと思っております。
しょうもない奴だな〜と笑ってもらって、正直な店だと思っていただければ嬉しいです。

ー後日談ー

2020年2月23日更新

当時の動作チェック表、懐かしいです。
いま使っている動作チェック表は、この3倍くらい細かくなりました。
チェック項目、かなり増えています。
そのおかげでうちは今も、ほとんど再修理を出していません。(年3回くらい)
今後も修理前後の動作チェックを徹底していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です