水没修理の季節

この時期はやっぱり水没のご相談が非常に多いですね。

毎日のように水没の内部クリーニングを承っております。

特に、今年は暑くて水際に近くなることが多いんでしょうか。

水没の状況としてはお客様によって様々です。

お風呂に入っていて、トイレに落とした、プールに落とした、大雨の中使っていたら、、、などなどお客様によって、実に多種多様です。


うちは今年の夏から水没料金の価格を見直しました。

通常、水没の修理料金というのは、まず内部クリーニング代として2,980円頂いて約2時間内部の部品を外してクリーニングを行い、それで起動すれば成功報酬として+5,000~8,000円ほど頂くというのが相場です。

内部クリーニング後に他にパーツが壊れていた場合、例えば画面が壊れていたとかカメラが壊れていたとか、他に故障している箇所が見つかった場合は別途お見積もりという形になるのが一般的な水没修理です。

 内部クリーニング代2,980円+成功報酬5,000〜8,000円+他パーツの交換料金

ただ、師匠と話していて「成功報酬っておかしくないか?」という話になったんです。

だって、内部クリーニングって直ろうが直らまいが、それって別にやることは変わらないわけですよ。

まず、2時間内部クリーニングを行うわけですが、そこをやってみないとそのあとどうなるか分からないんですよね。

内部クリーニングの後、電源が入るか入らないかなんて正直ほとんど運です。

もちろん水没後のお客様のご対応も大切ですが、電源が入るか入らないかは、それよりもやっぱり運の要素が非常に強いんですよね。

”作業自体は直ろうが直らまいが変わらないのに、内部クリーニングで電源が入ったら成功報酬って変だよね?”という話になりました。

 

それと、水没って結構難しくて。

内部クリーニングで電源が入って無事直って端末をお返しした数日後にどこか他に壊れているところが出てきたり、ほとんどないですが電源が入らなくなってしまう可能性もなくはないわけです。

そうすると、成功報酬をどうするか?という話になります。

成功報酬を頂いてしまうと、お客様からすれば「直ったから成功報酬を取ったんだよね?結局壊れてるじゃん」という不満になってしまうよね、という話に師匠となりました。

下手したら、クレームになり全額ご返金になってしまいます。

もちろん「電源が入ったことに対する成功報酬」なので、しっかりとご説明していれば行き違いもないと思うのですが、お客様の感情を考えるとちょっと不満を持たれてしまうやり方だと感じます。

それに、例えば他のパーツが壊れていた場合、よくあるのがフロント画面が故障していた場合ですが、内部クリーニング代と成功報酬を取ってしまい、さらに画面交換までするとなると、もう買い換えてしまった方が安くなります。

今は個人の中古ケータイの売買が非常に盛んで簡単に行えるので、ケータイを買い換えるハードルもかなり下がっています。


とすると、やっぱり成功報酬って店側・お客様側双方不要なんですよね。

ですので、うちの水没メニューは成功報酬なるものはありません。

これは前から無いは無いのですが、水没修理に関してはさらにメニューを分かりやすく改定致しました。

うちは作業費として前金で3,980円頂いて内部クリーニングを約2時間行います。

これで起動しなかったらそのままお返し、起動してもそのままお返しです。

ただ、内部クリーニング後に各パーツで壊れているところがあり、お客様が直したいという場合には別途他パーツの交換修理料金を頂くという形にしております。

とても分かりやすい単純明快なメニュー形態に変更致しました。

このクリーニング代の3,980円は“作業費”ですので、直ろうが直らまいが関係なく前金制で頂いております。

これはただの作業費なので”直る・直らない”は関係ありませんので、その点はご了承頂けますと幸いでございます。


まぁ店側の気持ちも分かります。

水没で起動しなくなったものを必死でクリーニングして起動した際の作業代が3,000円じゃ安すぎるだろ、という感情が“成功報酬”なるものを作り出したんだと思います。

色々な考え方があっていいし、私は他の店のことをとやかく言う筋合いはないので一般的な意見として読んで頂きたいのですが、私は今の時代、お客様のことを考えると成功報酬はやめた方がいいのではないかと思いました。

なんとなく、分かりにくさが今の時代にそぐわないと思ってので、うちでは成功報酬をやめています。

ということで、本日も水没修理頑張りまーす!

水没させてしまったらすぐに電源を落として出来るだけ早くお持ち込みくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA