2店舗目を計画中

先日のブログで「この仕事にある種の限界を感じている」ということを書きました。

だから「店を増やす気はない」と。

限界を感じていることに今も変わりはないのですが、最近「店を増やす」というところに少し気持ちの変化がありまして2店舗目を出してみようかと師匠と話しています。

限界を感じているからこそ、新たな挑戦をするのも悪くないのではないか、と。

気持ちの変化があった大きなきっかけは、先日牛久に出張修理に行った際に懇意にしてくださっているお客様から言われた一言です。

「この辺に店出してよ!取手まで行くの遠いんだよね〜。正規店はつくばまで行くしかないし、この辺で困っている人はいっぱいいると思うよ〜」ということをおっしゃってくださいました。

確かにうちのお客様は割と四方八方から来てくださっていて、牛久・龍ヶ崎近辺の方も多くいらっしゃいます。

私もたまに龍ヶ崎や牛久に車で行くことはあるのですが、やっぱり「遠いな」といつも思います。

”この距離を来て頂いているのか”と思うと、本当に感謝しかありません。

こっちにも店が出せたらもっと便利になるのになという想いをいつも持っていました。

私としては、この取手店を「遠くても足を運んでいただける魅力的な店」となるよう日々努力してきたのですが、それもこの頃、もういっぱいいっぱいかなと思うようになってきてはいました。

理想の形としてはもちろんそこを目指しているのですが、利便性という面においてももう少し追求してもいいのかなという想いがお客様からの一言で出てきました。

正直申しますと、この店の今の状態って全然悪くないんです。

理想としてはまだまだですが、方向としてはかなり良いところを向いていると私自身は感じているので、だからこそ、もう少し挑戦してもいいのかなと少し考えが変わってきました。


ただ、先日のブログに書いたように”液晶純正パネルの品質を保てるか?”という不安は全然拭えていません。

そして、修理する人をバイトとして安易に雇うようなことは、私も師匠もできません。

師匠に「店を増やそうと思っているんだけど」と話したら「店を増やしても自分と松島さんが修理するならいいけど、修理人としてバイトを雇うなら反対です」ということを言われました。

そこに関しては私も全く同じ気持ちです。

品質を下げてバイトを雇って利益だけ求めてしまったら、今あるその他大勢の修理店となんら変わりなくなってしまいます。

それでは店を増やす意味なんて全くありません。

むしろ新しい店が取手店の邪魔になってしまいます。

店を大きくすることで“既存店化”することだけは避けたいので、うちの店のポリシーからだけは絶対にブレずにやっていきたいです。

そのうち信頼できる技術者やお店、技術者候補となるような人が出てきてくれて何か一緒に協力してできたら、それはそれで面白いですよね^^

今までこの1年間、自分のこの店以上に気合を入れて修理店を経営している人に出会ったことがないので、今後もし出会うことができたら何か一緒にやりたいなという夢もあります!

ここに関しては縁なのであまり期待はしていないのですが、そういう素敵な方に出会うためにも自分が力をつけなければいけないという気持ちもあります。

画面の質と人手不足という部分は不安もあるのですが、それでも一歩踏み出すことが商売としては大切な気がしております。 

あとは、もっと自分の想いや千葉イズムを広めたいという想いも日に日に強くなってきていて。

この1店舗ではどうしても広がりにも限界があるので、そのためには規模を少し広げる必要性も感じています。

上記の理由から自分としては70%くらいは「いける!」「いきたい!」という気持ちになっているので、正直どうなるかはやってみないと分かりませんが、現在は前向きに2店舗目を計画中です。

場所としては龍ヶ崎ニュータウンのぬく森通りのケータイショップとカメラのキタムラが並んでいるあたりを考えていて、現在は手頃な物件を探しているところです。

もし、良い物件があったら教えていただけると幸いです^^

良い場所が見つかり次第、2店舗目を始める予定です!

動きがあればまたご報告します^^ 


ー後日談ー

2020年3月14日更新

この頃は龍ヶ崎に2店舗目を出そうとして、父や師匠と一緒に龍ヶ崎ニュータウンを見に行ったりしてました。
結果的に東京に出すことになったのですが、それはそれで、なんかすごい良い思い出です。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA