AT&Tで買ったアメリカ版iPhoneのSIMロックを解除する方法

先日、常連のお客様から「アメリカの友人からもらったiPhone5を売却したい」というご相談を受けました。

そこでそのiPhone5をお預かりして査定してみたところ、どこかの通信業者のSIMロックがかかっていることが判明。

日本のキャリア(ドコモ、au、ソフロバンク)のどのSIMを挿しても「SIMが無効です」と出てしまいました。



うちの買取では日本の通信事業のSIMカードを読めないiPhoneに関しては「ジャンク」扱いになってしまい、なおかつ機種の古さと容量の小ささ(16GB)を考慮すると買取価格は最低の1,000円になってしまうのが通常です。

しかし、せっかくいつも来ていただいてお世話になっているお客様なので、どうにかSIMロックを解除できないかと調べてみたところ、なんとあっさり出来ました。(笑)

ただ、あっさり出来たと言ってもそこに辿り着くまでは結構時間がかかりましたので、 もし同じ状況でお困りの方がいたら参考になればと思い、今日はこのテーマにしました!

まず、どこの通信事業のSIMロックがかかっているのか?を突き止めなければいけません。

運よくSIMスロットにSIMカードが残っていました。


とはいえ見たこともないSIMカード。どこのだかさっぱり分かりません(笑)

とりあえず、設定→一般→情報で「キャリア」を見てみます。


どうやらAT&Tというところみたい?

ググったら「AT&T」はアメリカ最大手の電話会社ということが判明!!!

そこで「AT&T、SIMロック解除」と検索してしばらく調べてみたところ、こちらの記事に辿り着きました。

AT&Tで買った携帯のSIMロックを解除する方法ーアメリカ格安携帯電話・SIMカードのハナセルー


こちらの記事によると、AT&Tで購入した携帯電話のSIMロックを解除するためには、いくつか条件があるそうですが今はこのiPhone5の状況が不明なので、ここはとりあえずスルー。

そしてなんと、このAT&TのSIMロック解除の申請は日本からもネット上で簡単にできる、ということが分かりました!


申請方法は、「ハナセル」さんのホームページに書いてありますのでそちらをご参照ください。

私もハナセルさんのホームページに記載してある順番に申請手続きをしました。

申請フォームの入力が完了するとAT&Tから確認メールが届きますので、そのメール内の「Comfirm」をクリックすれば申請完了です。


ハナセルさんによると、「SIMロック解除が認められた場合には2営業日以内にunlock codeが記載されたメールが届いて、そのメールに従ってロックを解除していく」そうですが、私の場合にはConfirmをクリック後、約30分後にこのメールが届いて特に何もせずその後すぐに日本のキャリアのSIMを読むようになりました!


日本からタダでしかもめちゃくちゃ簡単に出来た〜♪


ということで「AT&Tで買ったiPhoneのSIMを解除する方法」をご紹介しました!

これで無事SIMフリーのiPhoneになったので、お客様にも多少査定額をアップすることができました(^^)

お客様自身は、SIMロックがかかっていたこと(というかSIMロックをご存知ないみたい)と私がそれを解除したことは特にお伝えはしないですが(説明するのが面倒なので笑)、これで査定額を少し上げることができたので、解除できてよかったです♪

お困りの方はぜひ参考にしてくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA