ブログ

goriIMG_9627071101659_TP_V-2.jpg

本日のご修理事例はiPhone6です。

店舗は東京都文京区春日の後楽園店です!

お客様、ご来店誠にありがとうございました^^

後楽園店はオープンしてからiPhone6のご修理が全体の8割を占めております。

取手店の主流は6Sですし、まだまだ人気の高い6シリーズです。

さて、今回ご紹介させていただきますご修理は、実は先日ご紹介したiPhone6のホームボタン交換修理と全く同じ症状でした。

しかも、原因も全く一緒でした。

 

【iPhone6】ホームボタンケーブルが切れるー2018年1月29日

今回もコピーパネルのホームボタンケーブルが当たるところの厚みのせいで、ケーブルに負荷がかかり、切れてしまっておりました。 

これは実際のお客様のiPhoneに取り付けられていたコピーパネルです。

この「CM」というマークが典型的なコピーパネルですね〜。

 

IMG_2651.JPG

 

 

こちらはうちの液晶が純正のパネル(再生品)です。

 

IMG_1459.JPG

 

ちょっと見辛いかもしれませんが、パッと見でもお客様のコピーの方はうちの再生の倍くらいの厚みがありました。

そりゃ、こんだけ厚ければケーブルにも負荷かかるよな。

 

というかですね、そもそも今回お客様がiPhone6をお持ち込みいただいた時、ホームボタンが画面の下に陥没してしまっていて、カチカチすらできない状況でした。

まず、今回の端末の最大の問題点は画面がしっかりと閉まっていませんでした。

というのも、今回のお客様は1年ほど前に他店で画面交換されたそうなんですが(勿論黙ってコピーパネルが取り付けられていました)、その際に画面が閉まらないところに無理やり取り付けられていた影響で、画面が浮き上がってきてしまっていました。

どういうことかというと、こちらの写真をご覧ください。

 

IMG_4493.JPG

 

丸をつけた部分は本体のアルミ部分が内側にえぐれてしまっています。

その影響で画面を閉めようとするとうまく閉まらないのですが、それを無理やり力ずくて閉めている状態でした。

ですので、画面が本体部分にしっかりと収まっておらず、画面が浮き上がってきている現象が起きていました。

ある程度ベテランになってくれば画面交換時にはこういう風にえぐれているものは当たり前のように削る作業を行うと思うので、おそらく知識の無い人が修理したんだと思います。

私も修理を始めたころは「削らなければいけない」なんてことは知りませんでした。

たくさん経験と師匠の教えによって技術を磨き知識を身につけてきました。

 

さらにもうひとつ、コピーパネルの星ネジ受けも無く(元々無いのか壊れてないのか分からないのですが)、星ネジが付けられなくなってしまっていました。

これだと画面を本体と固定できないので、端末を落とした衝撃で画面が開いてしまう可能性があります。

 

バッテリーも交換してからそんなに経っていないというお話でしたが、すでに劣化の状態が見受けられました。

今回のお客様は本当に心の優しい綺麗な女性の方だったのですが、このiPhoneの惨状を目の当たりにして私は非常に悲しい気持ちになりました。

と同時に、この業界というのは本当にまだまだ、東京のど真ん中ですら粗悪店が溢れているのだと身を以て実感致しました。

この程度の仕事でお金をもらえて羨ましいですよね。

 

architecture-billboards-buildings-427747.jpg

 

今回の場合には、ホームボタンを交換しても画面を交換しないとまた画面側の厚みのせいでケーブルに負荷がかかり切れてしまう可能性があることと、複数個のパーツに異常があることをお伝えして修理せず買い替えに関してもご提案させていただきました。

私はあまりにも故障箇所が多い場合にはあまり修理をお勧めしません。

特に古い機種の場合は、程度の良い中古に乗り換えるという手段もあると思うので、私が出来ることと端末の状況をお伝えし最終的にお客様にご判断をお任せしております。

無理に修理してすごくお金がかかってしまうならば、Appleに本体交換してもらった方がいいですしね。

 

ただ、やっぱりiPhoneを機種変するというのは非常にハードルの高いことですよね。

端末を用意し、バックアップを取ってデータを入れなければいけないので、忙しい現代人には非常に面倒な作業です。

画面もバッテリーも壊れているわけではなく今のところは普通に使用することは出来るので、お客様と色々とお話させていただいて、最終的にホームボタンの交換をご依頼いただきました。

 

今回のお客様はすでに2回の画面交換歴があり、さらにバッテリーも1回、そして今回のホームボタンの故障による交換。

これで修理代金は総額4万円以上かかっているとのことでした。

うちでご修理いただいていれば、おそらく1万5,000円程度で済んでいたと思います。

しかも、こんな低品質な画面で日々を過ごさず、しっかりとしたクオリティの液晶パネルで快適に過ごせていたと思います。

一般的な方は非正規の修理店から基本的には問答無用でコピーパネルを出されて黙って取り付けられているのでご存知ないですが、多くの方が無駄に壊し、そして無駄に修理代金を支払っています。

うちの再生パネルをお選びのお客様は、うちが使い方の指導をしっかりとしていることもあり、修理後に壊すことはまずないです。

他店を利用される多くのお客様は、私が見る限り、無駄に壊して無駄にお金を払っています。

本当に、もったいない。

そんなに非正規店に払うお金があるのであれば、最初からAppleに頼むべきですよ。

非正規店の修理料金は料金だけ見るとAppleの修理料金の半額とか、場合によってはそれ以下ですが、いくら安いからと言って粗悪店で何度も修理して、その度に低品質なものを付けられて辛い想いをするのであれば、最初からAppleに行った方が絶対にいいです。

もう、無駄金を払うのはやめましょう。

私は今日のお客様を見ていて本当に悲しくなりました。

 

ということで、今回はホームボタンの交換をご依頼いただきましたので、ホームボタンを交換させていただいたのと、先ほど触れたえぐれていた部分をしっかりと削って綺麗に画面が収まる形に仕上げてお返しさせていただきました。

せっかく修理したのだから少しでも長く快適に使っていただきたいので、出来ることは最大限努力してお返しさせていただきました。

ご満足いただけていると嬉しいです^^ 

では、今回のお客様のご修理はiPhone6のホームボタン交換で5,980円でした!

お客様、ご来店誠にありがとうございました。

 

IMG_6262.JPG

 

トップへ戻る