先日、取手店にご来店いただきましたお客様のご修理事例をご紹介させていただきますね!

お客様ご利用誠にありがとうございました^^

本日の機種はiPhone 6Sです。

持ち込まれた際の状態は結構衝撃的なルックスでした。

画面が全く映らない状態だったのですが、液晶が映る・映らないの前に、本体の上部がパッカリ開いてしまっていて「どうしたんだ、これ!?」と、ビックリしました。

 

下の写真は実際の画面の写真です。

画面をお客様のiPhoneから取り外した後に、うちの検証機に付けて当時の状態を再現しました。

 

 

IMG_1829.JPG

 

こんな感じで上部がパッカリ開いてしまっていました。

そして、液晶が全く映らず、うんともすんとも言わない状態でした。

今まで見た中でもトップクラスのトリッキーな壊れ方だと感じました。

まぁこういう壊れ方をする端末は確実に修理歴がありますね。

中を開けて見たら、画面側のケーブルがすべて断線しておりました。

 

IMG_1824.JPG

 

見てください、この断線したケーブルの数々(笑)

画面のケーブルのみならず、近接センサーのケーブルも完全に断線していました。

ここまで全部ちぎれてしまっているのは自主修理失敗以外で見たことがありません。

 

実は今回はコピーパネルではなく「液晶が純正のパネル」が取り付けてありました。

品質の低いコピーパネルではなく、曲がりなりにも再生パネルが付いてあったのにも関わらず、なぜここまで凄まじい壊れ方をしてしまったのかというとですね。

 

まず、こちらの写真をご覧ください。

 

IMG_0015-2.jpg

 

 

これは上に載せたお客様の端末に付いていた画面なのですが、ガラス部分と液晶部分が剥がれてしまっています。

液晶が純正のパネルというのは通称"再生パネル”と言いまして、文字通り、割れてしまった純正(オリジナル)の画面のガラス面を張り替えて再生させたものです。

フロントパネルを再生して販売している会社というのは世の中にたくさんあるのですが、再生技術が低いと、今回のようにガラス面と液晶面の接着部分が短期間で剥がれてきてしまいます。

 

ただ、純正のオリジナル品でもガラス部分が剥がれてくることはあります。

特にiPhone SEや5Sのような小型の機種の場合には、ガラス部分と液晶部分の接着面が少ないことから経年劣化で剥がれてきてしまうようで、結構な割合で画面が一部分プカプカ浮いている端末を見ます。

しかし、やはり純正オリジナルパネルは今回のようにここまで大きく剥がれてしまうことは、ほとんどないと思います。

今回の故障の原因は、この"剥がれて”いる状態で端末を落としたために、落とした衝撃で大きく剥がれている部分の画面が開いてしまい、ケーブルがすべて断線する事態になってしまったものと思われます。

これでは画面は映るわけはありませんね。

 

IMG_1832-2.JPG

 

 

うちはずっと「再生パネルの質向上に心血を注いでいる」という話をしておりますが、もちろん見た目に関しても非常に気を遣って細かくチェックしているのですが、それ以上に重視しているのがこの「耐久性」という部分です。

どんなに見た目が良くても耐久性が低いと再修理率がぐんと上がりますし、お客様の方も「あんなにお金払ったのにもう壊れた」という不満に繋がってしまいます。

私はそれを絶対に避けたいので、耐久性もかなり重要視しております。

 

では、耐久性の高い再生パネルを手に入れるためにはどうすればいいか?

パネル代にお金をかけるしかありません。

ここでパネル代(原価)をケチると耐久性という部分が大きく下がります。

iPhoneのフロントパネルに関しては、コピーパネル再生パネル、そのほか色々私も様々な会社から購入してきましたが、本当に値段なりです。

値段がそのままパネルの質に直結しています。

 

しかし、それでも。

しっかりとお金を払ったとしても、再生技術のしっかりしている会社を見つけ、常に高いクオリティの画面を買い続けるのは至難の技だと思います。 

まず第一に、世の中がコピーパネルが主流なため、ほとんどのパーツ屋さんがコピーパネルの質を上げることばかり考えていて、再生パネルに気合を入れているところがほぼ無いからです。

うちが贔屓にしている会社の再生パネルは非常にクオリティが高いのですが、ここは本当に例外中の例外だと思います。

うちがこの会社を見つけられたのは本当に運というか、たまたまのご縁だったので、今となっては非常にラッキーだったなと感じています。

うちはiPhoneの修理店を開業したい方や個人で営業している方へ開業・営業サポートをしていまして、私が信頼をおいているパーツ屋さんをサポート店様にご紹介しているのですが、ここに出会うまではなかなか100%信頼できるところが無く、いくつかご紹介してその中から「選んでください」という形でした。

ここもまだ完全に安定してはいませんが、再生パネルの質を上げることに本当に頑張ってくれていて、その努力がモノに反映されています。

ですので、今はサポート店様にも自信を持ってご紹介できるので、本当にありがたいです。

 

52FAFA8D-FFF4-41DF-B51A-F54C423BF63E.jpg

 

先ほどの話に戻ります。

ですので、再生パネルの質を上げても、そもそも再生パネルは数が売れないので儲けにくいという事情がパーツ屋さん側にあります。

だからうちのように、常に再生パネルをこのクオリティで維持できている修理店は、手前味噌ですが、日本には無いと思います。(日本には無いというか世界にも無いと思うけど)

もちろん、コピーパネルを黙って出している大多数派の修理店よりは、再生パネルを出そうと頑張っている修理店の方が比にならないほど良店だと思います。

しかし、一言に再生パネルと言っても、本日のお客様の6Sのような質の低い再生パネルから、うちにあるような純正か?というレベルの再生パネルまで多種多様なパネルが存在しているわけですね。

うちの再生パネルなんて下手したら純正より強いので、純正同等どこかむしろ純正以上の時すらあります。

純正同等はAppleに怒られるけど、純正以上はどうなんですかね?(笑)

私はうちの再生パネルに関しては、お客様に壊させない自信があります。

ご修理後に壊さない対策をしっかりとお教えするので、それをきちんと守って頂ければですが。

iPhoneターミナル基準でいけば、今回故障した画面は再生パネルとしてはお出ししないですね。

 

IMG_1766.JPG

 

私は再生パネルの質に関しては他店など、一切眼中にありません。

うちは「Appleのオリジナル」を目標としています。

うちで画面交換しても「使い心地や耐久性が落ちないように、変わらないように」との想いで日々質向上に努めています。

勿論、パッと見で「ちゃんと綺麗」なことも大切なんですが、お客様から信用を得るためには「永く快適に使えること」の方がむしろ大切だと思っています。

高いお金を払ったにも関わらずすぐに壊れてしまうことはお客様を1番失望させてしまうことなので、うちでは見た目と同じくらい耐久性を重視しているわけですね。

これがコピーパネルとの1番の違いですし、うちの再生パネルの1番の売りです。

iPhoneターミナルは「ちゃんと綺麗に直して出来るだけ長く快適に使いたい」という方をメインのお客様だと考えておりますので、そういう想いの方はぜひ当店の液晶が純正のパネルをご利用頂ければ嬉しく思います。

絶対に損はさせません。

 

ということで、なんか最終的には選挙の演説みたいになってしまいましたが(笑)

今回のお客様は、画面の他に近接センサーも直さなければいけないこともあり、画面の方はコピーパネルをお選びになりました。

複数修理しなければいけない時や、画面が映らない時に「とりあえず使えるようにしたい」という場合なんかは、コピーパネルは強い味方になってくれますね^^

私はコピーパネルは品質面では一切お勧めをしないどころか選ばないようにすら促しておりますが、最終的に選ぶのはお客様なので、お客様が納得していればいいのではないかと思います。

 

本日のご修理はiPhone6Sの液晶故障→コピーパネルに交換と近接センサー交換でご修理料金は10,960円でした!

お客様、ご来店誠にありがとうございました!

 

 

 

 

トップへ戻る