先日、後楽園店にご来店いただきましたお客様のご修理事例をご紹介させていただきます。

お客様、ご利用誠にありがとうございました^^

本日の機種はiPhone7Plusです。

このところ、取手店・後楽園店ともに7プラスのご修理のご依頼を多く頂いております。

個人的な体感としては、6時代の頃より7時代に入ってからの方がプラスシリーズのご修理依頼が多いです。7プラスはよく売れたんですかね?

今回のお客様は後楽園店にて飛び込みでご来店いただいたのですが、お持ち込みいただいた時には全く操作不能でした。

 

ご修理前に少しお話をお伺いしたところ、割れた状態のままでしばらく使っていたところ、この日お仕事の最中にコンクリートの上に落としてしまい、この状態になってしまったとこのことでした。

 

 

IMG_1905-2.JPG

 

 

お客様はご来店前に軽くうちのホームページでメニューと料金をご覧になったそうなのですが、よく分からなかったということで直接ご来店くださいました。

このところ、お電話にて画面修理の料金をお尋ね頂いたら、まずは当店のホームページをご覧いただくようにお願いしております。

今まではお電話にて説明していたのですが、コピーパネルと再生パネルの違いに関して伝わらずポカンとする方が多いので、私としても長年「どうすればもっと伝わるか?」と考えていたのですが、「電話だと無理」という結論に達しました。

ホームページの料金は常に最新に更新するように努めておりますので、当社でのご修理をお考えの方はまずは料金ページをご覧いただけますと幸いです。

取手店修理料金

後楽園店修理料金

ただ、もちろん、今回のお客様のように「見てもよく分からないから行って聞いてみよう」という方も大歓迎です。

やはりサンプルを見て触って頂ければ一目瞭然なので、話が早いことは確かです。

うちはご来店されたからといって無理に修理させるなんてことはなく、納得できなければ勿論ご修理していただかなくて構いませんので「メニュー見たけどよく分からない」という方は直接来て頂ければ幸いです。

 

今回のお客様にはコピーパネルと液晶が純正のパネルの違いについて店舗にてご説明させていただきましたところ「まだしばらくメイン機として使いたい」ということで、液晶が純正のパネルをお選びいただきまして、ご修理を承らせていただきました。

ガラスが割れたまましばらく使っていた影響で内部への埃の入りが酷く、また、本体に打痕もあったので、掃除と本体矯正の時間を含めて少し長めに1時間半後でお約束し、お預かりさせていただきました。

早速修理に入りまして、画面交換・内部の掃除・本体部分の矯正も終わり、最終チェックをしていたところ、タッチパネルの動作がおかしくなってしまいました。

画面が不良なのかと思い、新しいパネルに交換してみたのですが、そっちも不良だったのかなんだか怪しい感じで。

ただ、再生パネルの在庫もなく、この時はこれ以上のやりようがありませんでした。

私たち非正規店に修理を依頼するというのは、基本的に「すぐに返ってくる」という利点を重視されている方が大半です。

この日は他に取り付けられる画面が無く、即日で返すことが出来ないため、お客様へ謝って「ご修理不可」としてお返ししようと思っておりました。

「タッチがおかしい」というのは基盤が問題の可能性もあるのですが、この時点では検証のしようもなく、かといって誤魔化してお金をいただくわけにもいかないからです。

 

しかし、今回のお客様は待っててくださいました。

私が正直に事の顛末をお話したところ「数日なら待ちます」と言ってくださいまして、端末を預けてくださいました。

幸い取手に在庫があったので、この日はすぐに取手に帰って新しい画面を取り付けてみました。

そうしたところ、無事問題なく動くことが確認できました。

たまたま後楽園店においてあった2枚が不良パネルだったみたいです。

次の日にはお客様も取りに来てくださいまして、データも一切消えず綺麗に直ったため、大変喜んでくださいました。

今回は非常に温かくお優しいお客様のご厚意に大変助けられました。

これをご覧になられているか分かりませんが、該当のお客様へは心より感謝申し上げます。

誠にありがとうございました。

また、こちらの都合でご心配とご迷惑をおかけしてしまいまして、誠に申し訳ありませんでした。

そして、こういうお客様の反応を拝見する度に「しっかりと品質にこだわっていることは間違いではないんだ」と実感し、決意を新たにしております。

 

なぜかというと。

コピーパネルのお客様ではこうはいかないからです。

コピー目当てのお客様は待ってはくれません。

なぜかというと、店はどこでもいいからです。

コピーパネルのお客様がなぜうちに来てくれるかというと「他店より修理料金が安いから」です。

これだけです。

ですので、当日あげることが出来なければ、次の店に行ってしまいます。

また、うちよりも少しでも安くなればまた他の店に行ってしまうので、うちを贔屓にはしてくれません。

 

しかし、うちの"液晶が純正のパネル”の質は、まずうち以外では出せません。

だから、お客様は待ってくれます。

そして、うちを贔屓にしてくれたり、感謝してくださいます。

「iPhoneターミナルでなければ出来ない」

これが私が品質にこだわり続けている理由です。

 

white1のコピー-2.png

 

 

うちはiPhone修理店を開業したい方に向けて修理の技術研修を行なっているのですが、私が研修に同席させていただいた際には必ずこの話を研修生の皆さんにします。

 

 

コピーではお客様の心は掴めません。

正直、いま、現状ある修理店より1番低い修理料金に設定すれば、ある程度は集客できてしまいます。

場所によっては、それである程度成り立ってしまうかもしれません。

しかし、そんな事してもあなたのファンになる人は誰もいないどころか、「知らないうちに互換品を付けられて騙された」と感じ、敵になってしまう人も出てくると思います。

あなたがそれでいいなら、いいと思います。

ただ、そんなことしてると粗悪店という悪評が広がるばかりではなく、あなたより安い店が出来ればあなたの店は誰も来なくなりますので、それを頭に入れておいてください。

 

 

こんなようなことを、個人で開業した先輩としてお話させていただいております。

これは私の2年に渡る経験から得た教訓です。

個人店は"安い”で生き残っていくのは絶対に無理。

しかも、感謝されるどころか、この間の私ではないですが、あまり安くしすぎると変なクレームがつき出します。

ですので研修生の方には安さで戦うことは出来るだけ避けるようにアドバイスさせていただいております。

もちろんその分、他で人一倍努力しないといけないし、アイディアも必要です。

しかし、そこで人と違う部分で頑張れば、まだまだ大きな可能性のある市場だと私自身は感じております。

 

茨城はまだまだ店の数自体が少ないので、うちのコピーパネルのガラス割れ交換修理の3,980円は目立って安いです。

しかし、東京ではもっと安いところがあります。

この間まではiPhone7のガラス割れ画面交換の修理料金を2,980円という価格でやっていたので毎日のようにお客様がいらしておりましたが、3,980円にした途端、それまで毎日来ていた依頼がピタっと止まりましたからね。

これが現実です。

お客さんはiPhoneターミナルに修理して欲しかったわけではなく、2,980円を見ているだけなので、値上げしたらそりゃ来なくなりますよね。

こんな虚しいことをこれから開業する方にはやってほしくないですし、これで来なくなってしまったら潰れます。

だから私は液晶が純正のパネルにこだわって質で勝負することに目を向けているわけです。

こんなような話を受講生の方には研修でお話させていただいているのですが、うちに研修に来てくださる方は皆さん、うちの経営理念や経営方針に賛同して受講してくださるので、非常に話もよく伝わりますし共感もしてくださるんですけどね^^

 

ということでいつものように話が逸れてしまいましたが、本日のご修理はiPhone7Plusの液晶故障→液晶が純正のパネルへの交換で、ご修理料金は16,980円でした!

お客様ご来店誠に有難うございました^^

 

トップへ戻る