先日、取手店にてご修理を承らせて頂きましたお客様のご修理事例をご紹介させて頂きます。

お客様ご来店誠にありがとうございました^^

本日の機種はiPhone6です。

実は今回のお客様、オープン当初からご家族皆さんでうちをご贔屓にしてくださっておりまして、うちにとっては神様のような方です!

「お客様は神様だ」ということを言う人がいますが、誇張なくうちにとっての神様のような存在の方です^^

いつもありがとうございます。

 

修理屋なのに“ご贔屓に”というのはおかしな話かと思うかもしれないのですが、どういうことかというと。

今回のお客様はご家族皆様でiPhoneをお使いになられていて、ご家族全員のiPhoneにうちのバッテリーが入っております!

また、お子様が以前、フロント画面を割ってしまったことがありまして、その際にうちで液晶が純正の画面に交換させていただいております。

そういう意味での“ご贔屓”です。

何度もご利用していただいておりまして本当に感謝してもしきれないです。

改めまして、いつも有難うございます。

 

今回は約8ヶ月ぶりくらいかな?

久しぶりにお電話を頂きまして、今度は他のご家族の方が画面を割ってしまったということで、液晶が純正のパネルへの交換をご依頼いただきました。

お話させていただくのはご無沙汰だったので、元気なお声を聞けて嬉しかったです^^

こうやって、1度利用していただいた方に信用していただき、ご家族やご友人など大切な方へお客様の輪が広がっていくのは、経営者として感無量の喜びです。

そして、こういう信頼感というのは、コピーパネルでは築くことはできません。

このところコピーパネルの話ばかりで申し訳ないのですが。

本日ご紹介させていただいている「神様」のようなお客様はコピーパネルを選ぶ方の中には、申し訳ないですが、いらっしゃいません。

なぜかというと、昨日と同じ理由です。

コピーパネルを選ぶ方は価格しか見ておらず「安い」以外に興味は無いので、うちであろうが他の店であろうがどうだっていいからです。

 

blank-business-card-697059-2.jpg

 

 

ごく稀に、コピーパネルを選ぶ方で何度も何度も壊して、その度にうちに来てくださる方もいらっしゃいます。

1番多い方で同じ端末をコピーで5回画面交換したかな。

その方は家が超近所で歩いて来られる距離だったので、便利だったので来てくださっていたんだと思います。

「いつも安く早く直してくれて有難う」とおっしゃってくれておりました。

この方は最終的に端末の基盤が故障し修理不可になり、買い替えを余儀なくされたため、iPhone Xに機種変更されて、今はいらっしゃらなくなりました。

しかし、この方はうちで総額5万円は遣っています。笑

画面だけではなく近接センサーやホームボタンの修理もしているので、短い期間ですごい額を遣ってくださいました。笑

この方は全くお金に困っているわけでもなく、ただ単純に「どうせすぐ壊すから安い方でいい」という考えの持ち主で、だからコピーパネルの品質にも一切文句的なことをおっしゃってきたことはありませんでした。

まさにコピーを選ぶ方の鑑のようなお客様でしたね。

ほとんどの方はコピーで修理して1回か2回壊したら諦めて再生パネルに交換しますが、この方はしぶとかったです(笑)

いつも「また来たよ〜」という感じで、颯爽といらしていたことが強く印象に残っています。

素敵な方でした!

 

lady-602881_1280.jpg

 

あなたがお店を「信用」とか「信頼」するときって、どんなときですか?

私自身は「商品の品質が良かった時」です。

安さは確かに何にも代えがたい大きな武器です。

私も安いものは大好きです。

ファストファッションだって沢山買うし、ファーストフード店にだって行きます。

しかし、ファストファッションはシーズンが終われば全部捨てるし、ファーストフードは正直どこの店でもいいです。

でも、高くても気に入って頑張って買った良いものは長く大切に愛用します。

そして気に入ったレストランやカフェをファーストフードの料金と比べることはしないし、こういうお店には大切な人と一緒にわざわざ行きます。

個人店はここを目指さなければいけないですよね。

個人店は誰かにとって「代われない店」にならなければ生き残っていけません。

それは絶対に「低価格なこと」ではありません。

安くするなんてことは金さえあれば馬鹿でも出来ます。

あなたじゃなくても誰でもいいんです。

もちろん、品質の割に高ければお客様はファンにはなってくれませんが、高くても高いなりの品質を提供して高い理由を理解してもらえれば、必ず支持してくださる方が現れます。

それが、私にとっては今回のお客様のような方なわけですね。

「少しでも安く」と血眼になって1円でも安いコピーパネルを探すのではなく、自分にとって「神様」となりうる方を1人でも多く見つけることが個人店の正しい努力だと私は思っています。

 

じゃあ何でうちがコピーパネルを、それも(茨城に限っていえば)他の店より群を抜いて安く提供しているのかというとですね。

私やうちのファンになど絶対になってくれなければ代わりなどいくらでもいるけれど、安けりゃ必ず需要があるからです。

またこれも難しい話ですが、料金を1番安く設定している限りは代わりはいないんですよ。

取手店に限って言えば、1日1件は必ずコピーパネルの交換修理があります。

もちろん店のファンになどなってもらえないし、意味不明なクレームすら付くこともありますが、「安ければ安いだけいい」という確実な需要があるんですね。

しかし、コピーパネルにリピートや紹介は全く期待していません。

ここは割り切ってますね。

多分お客さんの方も低品質な部分は割り切っているので、お互いに割り切った関係で「コピーパネルの修理」は成り立っているんだと思います。

 

だからまぁ塩梅ですよね。

どっちを取ってもいいと思うけど、ただ、コピーパネルを必要悪として置いている私のやり方は本当は褒められたもんでは無いと思います。

これは私自身も「逃げ」と認識しています。

ずるいというか汚いというか。

料金形態を変える気はないですが、まぁかっこよくはないとは思っています。

 

IMG_1240.JPG

 

 

ということで、またいつものように話が脱線してしまったのですが、今回のお客様はiPhone6のガラス割れ→液晶が純正のパネルへの交換で、ご修理料金は8,980円でした!

(ちなみに上の画像は6Plusに再生パネルを付けた時に撮影したものなので、今回の修理とは関係ありません。)

お客様、ご利用誠にありがとうございました^^

 

誰だって安けりゃ安い方がいいけれど「安い」だけではお客様はついてはくれないということを、私はこの2年間で身を以て学びました。

「安い」は劇薬です。

私がコピーパネルをやめたくてもやめられないように、手を出すと最後、2度と手放せなくなってしまう麻薬のようなものかもしれませんね。

そしていつか破滅を招くものなのかもしれません。

 

 

トップへ戻る