うちの画面交換のメニューをご説明すると、大抵は「液晶が純正のパネルの方は高い」と言われるのですが(言われるまではいかないくとも高いと思われる)、昨日は珍しく全く逆のことを聞かれました。

それが本日のブログのタイトルの「そちらの液晶が純正のパネルは他店と比べると、何でそんなに安いんですか?他店と何か違いがあるんですか?」です。

無知な方からは高い高いと揶揄されておりますが、しっかりと調べていただければ、いかにうちが良心的な価格に設定しているかご理解いただけると思います。

だからこそ今回、このようにご質問頂いたのではないかと思います。

 

このご質問は後楽園店に頂いたのですが、開業して2年で初めてこの質問が来ました。

私としては、やっとという感覚でしたね。

さすが店がひしめき合っている東京ならではだと思いました。

 

woman-with-smartphone-in-hands-picjumbo-com-2.jpg

 

 

お電話でお尋ねいただいたのですが、詳しい内容としては以下のような感じです。

「iPhone7のガラスが割れてしまい画面交換を考え、いろいろな店舗を調べてみた。

そちらのように液晶が純正のパネルみたいなものを用意している店舗もあるが、修理料金は軒並み2万円を超えている。

一方そちらは12,000円ほどでやっているが、他店と比べてなぜこんなに安いんですか?」

 

私はこの時は「他店のことは存じ上げていないので、他店のことは他店に聞いてください。」というお答えをさせていただきました。

推察を事実のように話すことも出来ないですし、他店のことについては一切断定できる材料を持ち合わせていないため、電話で端的にとなると中途半端なお答えも出来かねるからです。

しかしまぁコラムの中であれば私の考えを自由に述べることができるので、この質問への私のより詳しい答えと考察を今日は書いていきたいと思います。

 

なぜ、うちの液晶が純正のパネル(再生パネル)の修理料金は他店の"それっぽいもの”と比べて格段に安いかというと、おそらく本気度の違いだと思います。

(それっぽいものと呼んでいる理由は、うちで"液晶が純正のパネル"として出せない低品質のものでも、他の店ではそれとして出していることがあるからです。そういうものと同じにされたくないので"それっぽいもの”と呼んでいます。)

一般的な「iPhoneの非正規修理店」というのはコピーパネルをメインで出しています。

あなたが非正規の修理店に画面の修理に行って、店側から何かしらのパネルの説明を受けなければまず間違いなくコピーパネルが取り付けられます。

コピーパネルと再生パネルをランダムで使っているところも結構あるので、運が良ければ再生パネルに当たるかもしれませんが、基本はコピーです。

東京にはとんでもない数の修理店がありますが、9割はコピーメインかランダムのどちらかです。

みんなコピーパネルで価格競争を繰り広げているわけですね。

ごく稀にうちのようにコピーパネルと再生パネルを両方置いて選べる形にしているところもありますが、こういうところもメインはコピーパネルです。

コピーパネルをメインに出しているため、再生パネルはある種の"お飾り”なんだと思います。

 

コピーパネルをメインで使用している9割の店舗は「コピーパネルだということをバレないように」と考えています。

なぜなら、コピーを使っていることをお客様へ説明していないので、もし取り付けたことがバレたら大問題になるからです。

「画面交換したらタッチの反応が鈍くなった」とか「画面交換したら暗くなった」とか、まぁそんな感じで純正から使用感が変わってしまうと、お客様へ互換品ということがバレてしまいます。 

 

ですので、みんな一様にコピーパネルの質を上げることに注力しています。

原価もある程度かけているでしょうしチェックにも時間をかけ、少しでも純正に近いものを出せるように努力しているはずです。

私はいくら見た目が誤魔化せても、結局耐久性の面で純正に大きく劣り圧倒的に壊れやすいので、コピーの質を上げるなんていうのは無駄な努力だと思っているのですが、まぁ多分こういう思考です、だいたいの店は。

少し違うかもしれませんが、ほとんどの店はだいたいこんな感じか、もしくはここまで考えてないんじゃないですかね。

だから、液晶が純正のパネルの方は置き去りなんですね。

なぜiPhone7のガラス割れの画面交換が20,000円も超えるのかというと、単純にやる気がないからです。

もし本気で出そうと思っていたら、こんな価格に設定しているわけないです。

だって、誰がiPhone7のガラス割れで2万もかけるんですか?

Appleに頼んだって18,000円程度ですよ。

iPhone7のガラス割れの修理で2万もかかるなら、それを売って状態のいい中古に乗り換えた方がいいです。

この事実からも分かるように、他店の料金が高い理由は単純に出す気があまり無いからだと思います。

 

iphone-xs-white-rear-camera-picjumbo-com-2.jpg

 

一方、うちの場合は一般的な修理店とは全く違う方針を取っています。

まず大前提として、オーナーの私は「液晶が純正のパネル」を出したいと思っています。

私はこっちに本気を出しているんですね。

原価も時間もコピーにかけない分、再生パネルにかけています。

修理料金は高く設定しすぎてしまうと選ぶ人が誰もいなくなるため、正規店の修理料金と原価を比べながら常に絶妙な価格になるように神経を使っています。

いつも言っていますが、私はコピーには時間もお金もほとんどかけていないです。

その反対に再生パネルには人生を注ぐくらいの時間とお金をかけているため、うちはこの質をこの料金で提供できるという「からくり」ですかね。

 

本気で提供しようと思ったら、正規店の修理料金より高値には設定しないんじゃないですかね。

だったら誰だってApple行きません?

ただまぁ非正規店に修理に出すと「データが消えない」「時間がかからない」という大きなメリットがあるので、正規店より多少高くても地方であれば一定の需要は見込めるかもしれませんが、お客さんもバカではないですからね。

液晶故障で「画面が映らない」とかなら、確かに「データが消えない」というのは魅力なので、使用感を落とさないで修理できれば2万超えても結構依頼はありそうですが、それにしてもいくら液晶故障でも私の感覚としてはちょっと高すぎるかな。

液晶故障でもせめて2万以内が適正価格かなと思いますね、私の基準でいけば。

 

いつも言っておりますが、うちは多くの非正規店とは全く異なる経営方針を定めているので、他店と比べるとおかしなことになります。

このご質問はまさにそうですね。

液晶が純正のパネルに関しては、正規店と比べてください。

ここだけの話ですが、ぶっちゃけ「正規店に行かずにそれなりの料金でちゃんと直したい」と思ったら、日本全国どこを探してもうちに依頼する以外ありえないと私は思っています。

ちょっと手前味噌ですけどね。

コピーなんかに1万円近く払う人の気がしれません。

冒頭の話ですが、うちが液晶が純正のパネルは価格だけ見てよく「高い」と言われておりますが、他の修理店のコピーパネルのがよっぽど高いですからね。

まぁお金を払うのは私ではなくユーザーの方なので、どこを利用するのかそれぞれ決めればいいと思いますし、他の店が魅力的だと思うのならば他の店に行けばいいと思いますけどね。

しかし、決していま「常識」とされていることが「正しいこと」ではないことを理解していただければと思います。

私はその常識を間違いだと思っているので、そこに争い反抗しています。

  

evening-mojito-with-iphone-5s-picjumbo-com-2.jpg

 

まぁダラダラと私の考えを述べてきましたが、最終的に言いたいことはただひとつです。

「まともな価格でちゃんと直したい方はうちに来てください。」

それだけです。

 

トップへ戻る