IMG_0076 2-2.JPG

去年から「なんかおかしいな」とずっと感じていたのですが、最近疑念が確信に変わりつつあります。

それは「昨年Appleが3,240円で提供していたバッテリー交換で使われたバッテリーの性能が低い」ということです。

実はこれをブログに書くのは結構躊躇していました。

なぜなら、私たちはAppleのお陰で生きていられるからです。

私たちはAppleの製品を購入した方たちに支えられています。

当然Appleが魅力的な製品を出せなくなりユーザーが減れば、その分お客様の絶対数が減るので、私たちの商売は成り立たなくなります。

 

私ももちろんApple製品の大ファンです。

仕事柄ですがiPhoneは全機種持っていますし、iPadもMacbookもApple TVも持っています。

私たちの仕事はApple製品が無くなれば無くなります。

ですので、Appleはある意味で恩人とも言えるので、出来るだけ批判のようなものはしたくありません。

今はAppleのお陰で「非正規店」という商売も成り立っていますが、Appleがなんらかの対策を一気に取れば成り立たなくなる可能性も大いにあります。

それが何よりも怖く敵に回したくないので、あまり批判のようなものはしたくなくて、黙ってようとも思っていました。

しかし、一方で、私たちは利用してくださるユーザーの方のために存在しています。

Appleの批判はしたくありませんが、悩んでいるお客様のために真実をお伝えする義務もあると考えています。

ですので、少し怖い気持ちもありますが、今回このテーマを取り上げることにしました。

この記事については、iPhoneユーザーのいち意見ですので、必ずしも正しい訳ではないかと思います。

また、これを正式に調べる方法は私にはありません。

昨年からの私の経験に基づいた私の推測なので、いち意見として読んで頂けますと幸いです。

 

pretty-woman-1509956_1920-2.jpg

 

 

さて、前置きはこのくらいにして本題に入りますね。

 

  

記事の続きはこちらをクリック

 ※当コラムは現在、修理店向けの情報やネット上に公開するにはディープすぎる内容の記事は有料とさせていただいております。

100円からの有料記事となりますので、ご興味のある方はご利用ください。

なお、当社でのiPhone修理技術研修を受講していただいたことのある方は無料でお読み頂けます。

ご希望の方は個別にご連絡ください。

宜しくお願い致します。

 

トップへ戻る