去年から「なんかおかしいな」とずっと感じていたのですが、最近疑念が確信に変わりつつあります。

それは「昨年Appleが3,240円で提供していたバッテリー交換で使われたバッテリーの性能が低い」ということです。

実はこれをブログに書くのは結構躊躇していました。

なぜなら、私たちはAppleのお陰で生きていられるからです。

私たちはAppleの製品を購入した方たちに支えられています。

当然Appleが魅力的な製品を出せなくなりユーザーが減れば、その分お客様の絶対数が減るので、私たちの商売は成り立たなくなります。

 

私ももちろんApple製品の大ファンです。

仕事柄ですがiPhoneは全機種持っていますし、iPadもMacbookもApple TVも持っています。

私たちの仕事はApple製品が無くなれば無くなります。

ですので、Appleはある意味で恩人とも言えるので、出来るだけ批判のようなものはしたくありません。

今はAppleのお陰で「非正規店」という商売も成り立っていますが、Appleがなんらかの対策を一気に取れば成り立たなくなる可能性も大いにあります。

それが何よりも怖く敵に回したくないので、あまり批判のようなものはしたくなくて、黙ってようとも思っていました。

しかし、一方で、私たちは利用してくださるユーザーの方のために存在しています。

Appleの批判はしたくありませんが、悩んでいるお客様のために真実をお伝えする義務もあると考えています。

ですので、少し怖い気持ちもありますが、今回このテーマを取り上げることにしました。

この記事については、iPhoneユーザーのいち意見ですので、必ずしも正しい訳ではないかと思います。

また、これを正式に調べる方法は私にはありません。

昨年からの私の経験に基づいた私の推測なので、いち意見として読んで頂けますと幸いです。

 

pretty-woman-1509956_1920-2.jpg

 

 

さて、前置きはこのくらいにして本題に入りますね。

一昨年の秋から年末にかけて世界中で大きな話題になったAppleのアップデート問題。

当ブログでも何度か取り上げていました。

Apple正式に謝罪。バッテリー交換費用が3,000円前後になる!ー2018年12月29日

Appleアップデート問題で遂に訴えられるー2018年12月25日

 

最終的にAppleが設定からバッテリーの状態をチェックできるようにするiOSをリリースすることと、2018年1年間バッテリー交換を格安で承るという措置を取り、問題はとりあえず収束しました。

この結果として、Appleは昨年1年の間にとんでもない数のバッテリー交換をせざるを得ない羽目になりました。

日本国内では元々正規店での修理予約はなかなか取れず時間がかかる状態なのに、さらに修理の予約が取れなくなり、昨年はずいぶんAppleケアに入っているお客様のご来店がありました。

皆さん一様に「バッテリー交換でめちゃくちゃ混んでいるから、画面修理の予約が取れない。なんのためにAppleケアにお金を払っているのか。」とおっしゃっておりました。

 

iphone7

  

昨年の5月くらいから「数ヶ月ほど前にAppleの正規プロバイダーでバッテリー交換をしたのですが、膨張してしまい画面が浮き上がっている」というご相談をちょくちょくいただくようになりました。

"バッテリー膨張"という症状は、どんな端末でも充電しすぎれば起きます。

膨張している状態というのは過充電が原因ですので、過充電をし続けていると起こります。

しかし、純正のバッテリーが交換後数ヶ月でフロント画面を浮き上がらせるほど膨張してしまった例は、いくら過充電をしたからと言っても、見たことがありませんでした。

私たちの使用している非正規のバッテリーは、しっかりと検品せずそもそも劣化しているものを出してしまうと、数ヶ月で膨張して再修理しなければならなくなることは結構あります。

ですので、うちはバッテリー1個1個とても時間をかけて検品してからお客様へ出しているのですが、今まで純正のオリジナル品ではほとんど見たことがありませんでした。

互換バッテリーでいうと、こんな風に数ヶ月で膨張してしまうのは元々劣化している状態であることが多いです。

昨年正規店及び正規プロバイダーがバッテリー交換で使用したバッテリーがそもそも劣化したものだったのかは、調べようがないため分かりません。

今でも問題なく使っている方も沢山いらっしゃるでしょうし、特定のユーザーに起きている現象かもしれません。

しかし、そうだとしたらあまりにも数が多すぎるし、起きている現象が同じすぎるんですよね。

 

また、他にも思い当たる節があります。

うちはApple製品の買取を行っているので、現在の商品相場を調べるために頻繁にメルカリやラクマなどのフリマサイトやヤフーオークションでApple製品を見ています。

当然iPhoneもよく見るのですが、昨年1年間〜現在にかけてずっと気になっていたことがありました。

それは商品の状態として「数ヶ月前にAppleの正規店でバッテリー交換をしました」と記載しているにも関わらず、すでにバッテリーの最大容量が80%台前半の端末が非常に多いことです。

これに関しては、個人的には異常事態だとさえ思いました。

 

iphone7

 

「まだ80%じゃん!」と感じる方もいらっしゃいますが、80%台前半はもう交換時期です。

厳密には80%を切ると「著しく劣化しています」という表示が出ますので、そうすると普段使いにも困難なほどバッテリーの持ちが悪くなったり再起動を繰り返すため、一刻も早い交換が必要になります。

80%台前半は十分劣化している状態です。

充電に関しては皆さん基本的に過充電しています。

何の知識もなく考えないで使っている方はもれなく過充電しています。

ですので劣化スピードが早いのは早いと思いますが、それを考慮しても数ヶ月〜半年で純正のバッテリーが100%から80%台前半になってしまうのは個人的にはいくらなんでも早すぎると思います。

私たちの扱う非正規バッテリーでも、ちゃんと検品して出したものに関してはここまで急速に劣化してしまうことはありません。

 

上記2点を鑑みて、私は「昨年1年間で提供していたバッテリーは元々状態の良くないものだったのではないか?」という結論に達しました。

まぁ元々8,000円くらいで交換していたものを3,000円でやってもらったのだから、それでもお得だし文句を言う人は少ないとは思いますけどね。

正規店信者の人の中には問答無用で非正規店批判をしてくる人も多いですが、正規店でもこういうこともあることをご存知おいていただき、理由もなく批判するのはやめてもらいたいです。

また、うちにご相談に来られる多くのお客様と同じように「正規店でバッテリー交換したのに数ヶ月でおかしくなってしまった。自分の端末が何か悪いのではないか?」と、少なくない方がひとりで悩んでいるのではないかと思いまして、そういう方の参考になればと思い、書くことにしました。

 

connection-contemporary-data-450035-2.jpg

 

批判を覚悟でいうと、ハッキリ言ってAppleは製品は素晴らしいしカスタマーサポートも優れている上、働く人もとても知識が豊富で頼りになりますが、会社の体質としては信用できない面も少なからずあると、私は思っています。

それでも私は商品が大好きなので、そういうところも承知の上で使っていますが、だからこそ修理の際も正規店だからと言って全面的に信用してはいません。

正規店だって、所詮運営しているのは人間です。

Apple Storeはまだしも、日本中にある正規プロバイダーの中には大した知識も技術力もないのに、Appleの名前を庇護におかしなことを言っている・対応を取っている人も沢山います。

そういう面も含めて「正規店」だからといって完全に信用できるのかというと、正直疑問です。

 

正規店の羨ましいところは、データが入っていない状態で修理することがほとんどなので、仮に壊してしまっても新しい端末を用意することで解決することができるところです。

また、ほとんどが「本体交換」の措置を取るので、私たちのように修理にリスクがほとんどありません。

ですので、ある程度運営している人間がクソでも、その対応により問題が表面化することはまず無いのかと思います。

しかし、非正規店の場合、手で修理するため、使うパーツ・修理技術・知識・経験とすべてが大きく関係しますので「誰が修理するのか?」によって、出来上がりが大きく変わります。

そのため、信用も大きく変わります。

また、トラブルも起きやすい業種なので、そのトラブルに対応する人間によって解決策が大きく変わるため、問題やトラブルが表面化しやすいのだと思います。

その結果が「今の非正規店の信用の無さ」です。

 

adult-beauty-blur-2215227-2.jpg

 

 

今年、バッテリー交換をしている方からは去年1年間のようなトラブルは今のところ聞いておりませんので、少なくとも今年のバッテリーは問題が無さそうです。

この事を考えると、やはり昨年のバッテリーはちょっと普通ではないような気はしますよね。

あまり言うとAppleから怒られてしまう可能性があるのでこの辺にしておきたいと思いますが、ひとつ思うのはAppleも商売ですからね。

規模は違いますが、Appleも街の修理屋も「お金を稼ぐため」にサービスを提供しています。

それを忘れない方がいいかと思います。

私のところはAppleが昨年3,240円でバッテリー交換を行っていたためお客様の数が減ると思いましたが、むしろ交換後のトラブルで増えているくらいです。

とりあえず今回のブログの症状と同様のことでお悩みの方は、再度バッテリー交換すれば元に戻ると思いますので、参考にして頂けますと幸いです。

 

Appleの純正バッテリーの品質を考えれば、交換料金が3,240円では安すぎましたね。

個人的にはそこに尽きるのではないかと思います。

結局、世の中「もの」というのは値段なりなのかもしれません。

私は今回のことで、それをより一層痛感しました。

トップへ戻る