young-woman-holding-iphone-in-her-right-hand-picjumbo-com.jpg

後楽園店をオープンしてから定期的に「他店でバッテリー交換したら数ヶ月で再起動を繰り返すようになった」とか「他店でバッテリー交換したら数ヶ月でもちが明らかに悪くなった」というご相談をいただいております。

皆さんうちでのバッテリーの再交換をご検討してくださってご相談いただくのですが、せっかくご修理をご検討頂いたのに申し訳ないのですが、基本的にはこのような不具合はまずは元の修理店にご相談いただくようにお願いしております。

それがご不安な場合にはAppleへご相談いただくようにお勧めしております。

 

皆さん気軽に「バッテリーを再交換すりゃ直るだろ」と思っているかもしれないのですが、こういう端末って結構リスクがあるんですね。

なぜかというと、挙動のおかしなバッテリーを取り外して再度新しいバッテリーを取り付けると、端末側に不具合の起きる可能性があるからです。

 

以前、こんなことがありました。

iPhone7Plusをお使いの方から「フリマアプリで購入したものなんですが、急に電源が入らなくなってしまったので見て欲しい」ということでご相談いただきました。

聞くと、フリマアプリで購入する際に「バッテリー交換をご希望でしたら+3,000円で交換してお送りします。」ということだったので、交換して送ってもらったそうです。

その後3ヶ月ほどは問題なく使用していたそうなのですが、ある日突然電源が入らなくなってしまったとのことでした。

うちにご来店いただきバッテリー交換と画面交換をしてみたのですが、うんともすんとも言わず。

パソコンに繋いでも全く反応せず。

完全故障しておりました。

もういわゆる「文鎮化」しており、何もなすすべがありませんでした。

これは予想ですが、おそらくフリマアプリで購入する際に取り付けられたバッテリーが悪く、端末側に不具合を起こしてしまったのだと思います。

こんな“バッテリーのせいで電源が付かなくなる”というのは本当に稀なことですが、しかし、確実に起きる可能性のあることではあります。

ここまでいかなくても「取り付けたバッテリーのせいで端末に不具合が起きる」ということは可能性としては全然あります。

バッテリーは起動の「幹」ですからね。

 

sunlights-vs-tree-picjumbo-com-2.jpg

 

そこで1番怖いのが、非正規店で交換したバッテリーに不具合が起きて新しいバッテリーに交換したら、端末自体がおかしくなるパターンです。

このために、うちは「他店でバッテリー交換したら数ヶ月で再起動を繰り返すようになった」というようなものは、元の修理店にご相談いただくようにお願いしているんですね。

 

例えば、非正規店でバッテリー交換をしたとします。

しばらくは問題なく使っていたが、3ヶ月ほどしたらバッテリーの減りが明らかに早くなり、再起動を繰り返すようになった。 

こういう場合、明らかにバッテリーの状態が良くないです。

ただ、まだこの時点では充電すれば充電残量は増えるし、しんどいけど使えます。

この状態で新品のバッテリーに交換すると、端末側に不具合が起きてしまう可能性があります。

 

・充電器に挿しても充電残量が増えなくなる

・りんごループを繰り返す

…などです。

 

端末側に不具合が生じると、その後どんなバッテリーを取り付けても改善しません。

ですので、私は「そのリスクを負いたくないのでお断りしている」というのが正直なところです。

今はApple(正規店)の条件が緩和されて「場合によっては非正規バッテリーの付いている端末も修理保障の対象とする」としましたが、少し前までは基本的には非正規バッテリーの取り付けてある端末は修理保障対象外でした。

それはこういうことがあるからだと思います。

平たく言うと「あなたが勝手に付けたバッテリーはあなたの責任であり、私は関係ないですよ」というメッセージではないでしょうか。

私も正直言うと、全く同意見です。

うちの取り付けたバッテリーで同症状が起きた場合には、うちの責任ですので、勿論しっかりと点検させていただきます。

ただ、他店のバッテリーがおかしい場合には、他店がその責任を取るべきだと、私は思っています。

もし、うちでバッテリー交換して端末がおかしくなったら、お客様は普通うちを疑うじゃないですか?

しかし、それは元の修理店が付けたバッテリーが原因なので、うちのせいにされたら非常に困ります。

ですので、そういう端末は元の修理店が見るのが筋だと私は思っています。

 

sleek-minimalistic-technology-laptop-and-smartphone-picjumbo-com-2.jpg

 

 

これは個人的な意見ですが、非正規のバッテリーは基本的な性能はどれも同じだと思います。

というか、性能自体は純正と大差ないと思います。

うちの出しているバッテリーに限っていえば、容量は純正よりも大きいものを使っています。

ですので、人によっては「純正よりも長く使える」という方もいらっしゃると思います。

ただ、非正規店は「出している店」が非常に様々です。

それぞれがそれぞれの基準でバッテリーを仕入れ、それをお客様にお出ししています。

中には元々耐久性が低いものやろくに検品もせず、仕入れたものをただ取り付けているだけというところもあると思います。

そうすると、純正の時と同じようにヘビー(寝る前に充電器に挿してそのまま朝を迎えてしまう方は"ヘビー”です。)に使っていると、数ヶ月で故障するに至ることがあります。

運が悪いと上記7Plusのお客様のように文鎮化することだってありえます。

ごく稀に「純正のバッテリーの挙動がおかしくなり非正規のバッテリーを取り付けたところ端末に不具合が起きた」ということもあります。

これはやはり、純正のバッテリーが故障してしまい端末に不具合を起こさせてしまったことが原因です。

次に取り付けた非正規のバッテリーは関係ないです。

 

だから、自分のところならまだしも、他の修理店のバッテリーがおかしくなった後にバッテリー交換するのは結構怖いんですよ。

単純に「劣化してもちが悪い」とかならまだリスクは少ないですが「充電残量が増えない」とか「再起動を繰り返す」とかの症状は少なくないリスクを孕んでいるため、正直お断りしたいです。

それでも「前の店は信用できないからどうしてもお願いしたい」ということでしたら受けさせていただきますが、うちは修理後の動作不良に関しては一切の責任を負いかねるので、やはり元の修理店に行かれるのがいいと思います。

そういう症状が出ている店って、高確率で他のお客様でも同じような症状が起きています。

だから、対応にも慣れていると思いますし、うちにいらっしゃるよりもリスクも少ないのではないかと思います。

私はiPhoneターミナルが行ったことに対しては代表として全責任を負いますが、他店が行ったことの責任までは正直負えないです。

それが嘘偽りない想いです。

 

元の修理店に相談するにも、どうしても不安が拭えないようであればAppleに相談してみてください。 

うちは元の修理店がどんなバッテリーを使っているのか知る由もなく、上記のように責任が負えないため、元の修理店が信用できない場合にはAppleにご相談されるのがいいのではないかと思います。

Appleでしたら親身になって相談に乗ってくれると思いますので、安心感もあります。

それでAppleが本体交換の措置の判断を行なった場合には、諦めて従うのがベストではないかと思います。

該当されるお客様は参考にしていただければ幸いです。

トップへ戻る