young-freelance-woman-working-remotely-from-cafe-picjumbo-com-2.jpg

先日後楽園店にご依頼いただきましたお客様のご修理事例をご紹介させていただきます!

お客様ご来店誠にありがとうございました^^

本日はiPhone8です。

iPhone8に関しては先日、北海道のユーザー様からiPhone8の液晶故障のご依頼をいただきましたが、結構遠方からのお問い合わせ・ご依頼も多く頂いております。

ありがとうございます。

 

さて、今回のお客様はLINEにてお問い合わせをいただきました。

お客様に了解を得てお悩みをシェアさせていただきました。

「以前ガラスが割れてしまい、近所の修理店で画面交換をしてもらいました。

その後タッチパネルの反応が明らかに悪くなり、画質も悪く見辛くなってしまいました。

また、触ってもいないのに別の場所のリンク先が開いたり、逆に触っても反応しないようなことが増え、とても使いづらくなってしまいました。

そちらのブログに掲載されている"コピーパネルの特徴”の状態に酷似しているため、コピーパネルを取り付けられたのではないかと悩んでいます。

液晶が純正のパネルに交換してもらうことは可能でしょうか?」

 

お話をお聞きする限り、確実にコピーパネルが取り付けられていると判断しました。

「コピーパネル」と「液晶が純正のパネル」品質の違い

 

そこでご来店いただきまして端末を拝見致しました。

 

IMG_2110.jpg

 

この画像はお客様の端末に取り付けてあったパネルをご修理後にうちのiPhone8に取り付けてみたところです。

かなり暗く(輝度が低く)青みががったコピーパネルでした。

また、写真には映らないですが、タッチの反応が遅く、これを長時間使うのはかなりストレスが溜まるだろうなという印象をもちました。

 

では、うちでお出しした液晶が純正のパネルをお見せしますね。

 

IMG_2112.jpg

 

こちらはご修理前に「いま取り付けてあるパネルとうちの液晶が純正のパネルはどのくらい違うのか?」というのを見ていただいた時の写真です。

撮影環境も撮影時間も全く一緒なのですが、上の写真と見比べていただくと驚くほど違いますよね。

今回のように「非正規店で画面交換したら、画面が暗い上使用感が悪くなった」とお悩みで、液晶が純正のパネルへ画面交換をご依頼してくださる方は「本当にちゃんと戻るのだろうか?」と疑心暗鬼になっていることが多いです。

ですので、ご修理前に「これだけ違う」ということを実感していただくために、ご希望があればコピーパネルとうちの液晶純正パネルを見比べて頂いています。

もうやっぱり全く違いますからね。

今回のお客様も「明るっ!反応がいいっ!」と非常に興奮した様子でした。

他の修理店の再生パネルは知りませんが、うちの液晶が純正のパネルは本当に綺麗でかなりオリジナルに近いため、コピーパネルから交換すると大抵の人は明るさと操作性の良さにビックリします。

これがうちの画面の実力です。

 

ただ、iPhone8に関しては、コピーパネルから液晶が純正のパネルへ交換する際に注意点があります。

ほとんどの方が他店でこの説明を受けずにご修理してしまっているのですが、iPhone8は端末へコピーパネルを認識させ、それを取り外し再度新しい画面(Appleのオリジナル画面でも)を取り付けると不具合が発生する可能性があります。

不具合とは具体的に言うと、指紋認証やホームボタンが正常に動作しなくなったり、りんごループなどの起動障害が起きてしまうことがあります。

 

IMG_2107-2.jpg

 

iPhone8とiPhone7はフロント画面とホームボタンを繋ぐケーブルとホームボタン自身が「起動」という面においてもかなり重要な意味をもっています。

ですので、一度コピーパネルを取り付けて(基盤に読み込ませて)再度新しい画面を取り付けると、それがAppleのオリジナルパネルであろうと不具合が起こる可能性があるんですね。

昨日のバッテリーの話と同じことが言えますね。

現在のiOS12.2の元では可能性としてはかなり低いことではあるのですが、もし、不具合が起きてしまった場合には、誠に恐縮ですが、当社としては責任を負うことが出来兼ねますので、ご修理の際にはこの点をご理解・ご了承頂きますようお願いしております。

これも先日のバッテリーの話と同じですね。

以前他店が取り付けた画面については私は「コピーパネル」ということは分かりますが、それ以上のことは知る由もなく、そのパネルのせいで端末に不具合が起きても、うちとしてはその責任は負いかねます。

これは全機種共通ですが、コピーパネルが取り付けてある端末は動作保証については一切行っていないということをご了承頂いてからご修理をしています。

 

ただし、この状態のままでAppleに修理依頼をしてもどうせ本体交換になります。

うちで液晶が純正のパネルを取り付けてみて不具合が起きてAppleに修理依頼をしてもどうせ修理料金は同じですので「Appleに行く前に試してみたい」という方は多いですね。

この場合の修理料金はうちでは17,980円ですが、Appleに出すと修理料金は40,000円を超えます。

また、うちで修理が成功すればデータはそのままお返しできますが、Appleに出すと完全に消えます。

ですので「どうせAppleに出すならその前に」ということで、半ば諦め気味に挑戦する方がほとんどですね。

で、まぁこんなことを言ってますが、実際にコピーパネルから液晶純正パネルに交換して不具合が出たことはうちではまだ無いので「挑戦してみる価値はあるのでは?」というのが私の意見ですかね。

それでもご不安が大きい方や、疑いが強い方、絶対にデータを取れないと嫌!というような方はAppleにご相談いただくことをオススメしておりますが。

 

ということで、日本全国同じ悩みをお持ちの方は沢山いらっしゃると思いますが、うちでお役に立てることがございましたら、お気軽にご相談頂ければ幸いです。

「勝手にコピーパネルを取り付けられた」案件は後楽園店のみならず全国からご相談が寄せられておりますが、Appleに本体交換を行う以外で解決できるのは、正直、日本全国でうちだけだと思います。

Appleに修理依頼をするか、うちに修理依頼をするか、双方のメリット・デメリットをよく比べて吟味し、自分の理想に合う方を最終的に選んでいただくのがベストかと思います。

他の修理店に行ってもどうせまたコピーを付けられるか、質の低い再生パネルを取り付けられるのが関の山なので、うちにいらっしゃらないのであればAppleに行くべきだと、私は思いますね。

参考にしていただければ幸いです^^

 

では、今回のご修理はiPhone8のコピーパネル→液晶が純正のパネルでご修理料金は17,980円(税込)でした!

お客様ご来店誠にありがとうございました^^

トップへ戻る