数週間前から後楽園店を完全予約制にさせていただいております。

今年の1月から東京都文京区の地で後楽園店を始めたわけですが、開業してからずっと悩んでいたことがありました。

それは「後楽園店ではコピーパネルばかり出てしまうこと」です。

ただ、だからといって液晶が純正のパネルのみの取り扱いにしてしまうと、誰も来なくなってしまうので「どうしたものか?」とずっと悩んでいました。

 

コピーパネルでいいのであればうちがわざわざ後楽園店を維持している必要がないので、まだ開店して5ヶ月ですが「もう修理はやめちゃおうかな」と思うこともありました。

しかし、やはり「液晶が純正のパネル」を求めて、また、他でコピーパネルを取り付けられて困っている方からのS.O.Sが少なくない数届いており、東京での需要自体はあるし求められている感覚もあるので、やめてしまうのは勿体無い気もしていてなかなか決断できずにいました。

また、このブログを読んでくださっている方はご存知の通り、私は今も父の会社の経理をひとりで担当しているので、取手では空いている時間にその仕事もしなければいけません。

もちろん自分で選んだ道なのでやることが沢山あるからといって何の不満もないですが、わざわざコピーパネルの修理をするために毎日往復3時間かけて東京に通うなんて「果たして意味のあることなのだろうか?」と考えてしまいました。

ですので、諸々の状況を鑑みて「うちが必要な人にだけ探して来てもらえばいいのではないか?」という結論に達しまして、修理・買取ともに完全予約制で承る決断をしました。

 

woman-browsing-tumblr-on-her-laptop-picjumbo-com-2.jpg

 

完全予約制にしたところ、私の予想通りコピーパネルのお問い合わせがグッと減り、液晶純正パネルのご依頼を毎日のようにいただけるようになったのですが、完全予約制の新たな問題が発生しました。

それが「予約日時を守ってもらえない」ということです。

ご修理及び買取のご予約が入ったら、私たちはその日に後楽園店に行くようにしていたのですが、前日夜中〜当日の予約直前まで「都合が悪くなった。日時を変更したい。」とか「急に行けなくなった。キャンセルしたい」いうご連絡が相次ぐようになってしまいました。

また、ご連絡くださるのなんてのはいい方で、全く来ない方もいらっしゃいました。

私はわざわざその日時に合わせて店に行っていたので、気軽にキャンセルされたり日時変更をしてくることに正直、本当にムカついていたのですが、しかしこの仕事の都合上「そういうこともあり得るから仕方ない」と諦めて我慢して対応していました。

 

ただ、この私の考えが変わる出来事がありました。

それが先日、北海道の方から郵送で画面のご修理依頼を頂いたことです。

こちらのお客様の故障状況はご依頼時にはまだ直るかどうかも分からず、直らなかったら点検料2,980円がかかる状況でした。

また、送料が往復で3,000円もかかります。

しかも、端末が手元に戻ってくるまでに最短でも5日はかかります。

こんなに悪条件と面倒なことが重なってるのにも関わらず「それでもいいから是非お願いしたい」と言ってくださり、ご依頼下さいました。

私はこのお客様に心を打たれてしまいました。

本当に真剣に「修理したい」「依頼したい」という熱意がある方は、ここまでして下さいます。

ですので「この北海道の方のように真剣に修理をご希望くださっている方にサービスを提供しよう」と決めました。

ここまでやってくださる方がいる一方で、東京では何なんだと。

おそらくAppleだったら、正規店の修理予約だったら、何が何でも行くと思うんですよね。

それはやはりうちが非正規店で「いつでも予約なんて変えられる・キャンセルできる」という考えが根底にあるから、平気で自分でした予約日時を守らないのではないかとぶっちゃけ思います。

そもそも守る気もそんなになく、都合がちょっと悪ければ気軽に変えようくらいのお気持ちではないかと思いますね。

悪気もないんでしょうね。

 

ですので「ちゃんと直しに行きたい」という必ずいらっしゃる気のある方のご修理だけをお受けするために、デポジット制を取り入れることにしました。

予約の段階で面倒なアクションをひとつ行っていただき、さらにちゃんと行かないとキャンセル料まで発生する仕組みなら「絶対にiPhoneターミナルがいい」という方しか、ご予約はされないのではないかと考えました。

後楽園店のご修理のご予約

 

北海道や鹿児島県などの遠方からわざわざ時間とお金をかけてうちへご修理依頼をしてくださる方に対して、予約をすっぽかされる姿は本当に情けなくて惨めで。

あまりにも予約を守ってもらえない、時間にはいらっしゃらない、挙句キャンセルされることに疲れてしまいました。

 

fresh-juice-in-a-bar-picjumbo-com.jpg

 

私がデポジット制を導入したのと同時くらいに、ヤフーのトップにこんな記事が掲載されていました。

増える無断キャンセルに「自衛策」続々 店の損害を補償

うちは飲食店のように原価はないので被害は交通費くらいなもんですが、この記事を見て、これからの時代、店はお客様にとって便利なだけでは生き残っていけないと感じました。

自分の身は自分で守らなければ、この流れの速い時代にはあっという間に潰れます。

しかし、一方で、面倒な作業やキャンセル料のかかるリスクを冒してまで「頼みたい」「来店したい」と思ってもらえる魅力がないと、もちろんお客様側は選んでくれるはずもありません。

「どこにでも代われる凡用な店」だったら、こんな面倒なことをしていては来店には繋がりません。

私はそこは重々承知しています。

ですので、うちは今後より一層「是が非でも頼みたい」と思っていただけけるように魅力を磨く努力をしていかなければいけません。

しかしまぁ、その努力は取手店にもプラスに働くと思うし、毎日3時間かかる通勤の負担も無くなることを考えると、個人的には良い決断ではないかと思っております。

もしこれで予約が全く入らずジリ貧になってしまったら、それはやはり「この店にそこまでの価値を感じない」と思われている結果であり、私の努力不足なので、それはそれとして受け止めて改善していくつもりです。

 

ご予約の日時を守ってくださる常識的な方にはご面倒をおかけしてしまいまして、誠に申し訳ありません。

デポジット制は当日キャンセルを減らすための苦肉の策ですので、何卒ご理解頂けますと幸いです。

私もこんなに面倒なことはしたくはない、というのが本音なんですけどね。

師匠にも「そんなことやるくらいなら、後楽園店をやめればいいんじゃないですか?」と冷静に言われておりますが(笑)

ちょっと試してみたい気もあって、実験的に導入中です。

宜しくお願い致します。

トップへ戻る