先日、取手店にご来店いただきましたお客様のご修理事例をご紹介させていただきます。

本日のご紹介はiPhone7!

つくば市からお越しいただきました。

お客様、ご来店誠にありがとうございました^^

さて、本日はまた悲しい話です。

先日のブログ内で「このところ、コピーパネルを黙って取り付ける店が減り、ご修理前にお客様に互換品だということをちゃんと説明している店が増えている」という話をしたばかりでしたが、今回のお客様は、残念ながら修理前に何の説明も受けず、コピーパネルを黙って取り付けられていました。

 

約半年前に画面を割ってしまい、お住まいのつくば市内にある非正規の店舗で画面交換されたそうです。

しかし、修理直後から「なんか暗いな」「なんかタッチの反応がおかしいな」と感じたそうです。

ただ、修理に8,000円ほどかかっており「もったいないから」と騙し騙し使っていたところ、また先日落として割ってしまい、再度修理を考えられたそうです。

そして、ネットで修理店を探していたところ、うちのホームページを発見し「自分もコピーパネルが取り付けられていた」ということに初めて気付き「ちゃんと直そう」ということでご来店くださいました。

では、実際に取り付けてあったパネルを見てみましょう。

今日は純正のオリジナルパネルと比べてみます。

 

IMG_2458.jpg

 

今回はこれでも暗さはそこまで酷くなかった、というよりも、逆に白飛びしているような状態で、全体的に表示が薄い印象を受けました。

なんか見辛い。

存在感が薄いというか、消えそうみたいな感じです。

このパネルは見た目よりも、とにかく操作性がひどかったです。

スクロールする度に引っかかるような状態で、かなりカクカクしていました。

文字入力も思うようにいかず、何度も打ち直さないといけないため、これを使うのは苦労しただろうなと悲しくなりました。

これを何も言わないでそのまま出せるって、ほんと同じ人間と思えないですね。 

まさに「粗悪店」の典型。

 

IMG_2459 2-2.jpg

 

 

そして、皮肉なことに、修理後に「iPhoneは角が弱くて角から割れるのでケースをつけて使ってください。」と言われたそうですよ。

いや、言うとこ、そこじゃねーだろ。笑

本当に浅はかだなぁと感じました。

ケースを付けた方がいいのはもちろんですが、まず、大前提として「これは純正パネルではない」とお客様に伝えないことは詐欺に値します。

そして、コピーパネルなんてケースを使う使わない以前に、そもそも液晶面が壊れやすいので、そこをきちんと伝えてあげなければいけないと思います。

それと、ケースだけでは不十分です。

コピーパネル、液晶純正パネル、どちらの修理でもそうですが、修理後は画面に必ず強化ガラスを貼って使ってください。

うちは液晶純正パネルのお客様にはサービスでフロント画面に強化ガラスを貼付してお渡ししておりますが、これを貼っているかいないかで再度割る確率がかなり下がるからです。

「ガラス貼っていてよかったです!」という方が何人もいらっしゃいます。

ガラスの強度面はやはり純正のオリジナルパネルには劣りますので、その強度を補強してあげるためにガラスフィルムを貼ってあげてください。

しかしまぁコピーパネルというのは、何度も言うように液晶面が弱いので、ガラスフィルムを貼っても「無いよりはあった方がいい」くらいなもんですかね。

ですので、コピーパネルの方はとにかく扱い方を改めた方がいいですよ。

同じように使っていると、液晶故障を起こし、すぐ壊れます。

 

前回のブログ内でも触れましたが、なぜ多くの非正規店でお客様に黙って勝手にコピーパネルを取り付けているかというと、真実を言ってしまうと都合が悪いからです。

「これは互換品です。」というと多くの人が修理しなくなってしまうため、売り上げが減るので黙っているんです。

まぁ正直、個人的にはこの経営手法はもう古いというか、通用しないと思いますけどね。

 

うちなんてしょっちゅう「非正規店に修理に行ったら勝手にコピーパネルを取り付けられたんですけど」と、全国各地から相談を受けますが、こういう店は世間の人から「嘘つき」と思われていますよ。 

バレなきゃいいんですか?

そういうことやっていると、ほんとろくな人生になりませんよ。

では、なぜ私がこんなにもぶっちゃけているかというと、真実を話してしまう方が私にとっては都合がいいからです。

お客様に隠し事がない私にとっては、真実を語った方が信用を得られるので得なんです。

非正規店が勝手にコピーパネルを取り付け、修理時間最短30分!データそのまま!料金は正規店の半値!などと言っているのも、私がこの業界の内情を暴露し自分のところの液晶純正パネルと他店のコピーパネルを比べた写真をホームページに載せまくっているのも、それぞれ自分にとって都合がいいからに過ぎません。

人は自分にとって都合のいいことしか、言いませんしやりませんからね。

ただ、ひとつ思うのは、とはいえ、私はデメリットは絶対に隠すことはありません。

どんなこともメリットとともに、デメリットもしっかりお伝えします。

だから、私はコピーパネルしか使っていないくせに、綺麗事ばかり並べている店には反吐が出ます。

そういう人間は信用できません。

どんな人・もの・ことにも、必ずメリット・デメリットと2面があります。

それを隠さず正直に話せる人間だけが信用に値すると思います。

コピーパネルしか取り扱っていなくてもいいんです。

”これは互換品なので純正とは違います。品質面は劣りますが、その分安いです。”

どうしてこれを修理前に言えないんですか?

もう、誰かを苦しめる商売はやめましょうよ。

時代遅れですよ、こんなもんは。

 

ということで、また話が逸れましたが、何が言いたかったかというと、まだまだコピーパネルを黙って取り付けている店舗は多いようなので、非正規店に修理に出す際にはくれぐれもお気をつけを。

修理料金だけで店を選んでいると、あとから大変なことになりますよ。

今回のご修理料金はiPhone7・コピーパネルのガラス割れ→液晶純正パネルへの交換で、14,980円でした!

お客様、ご利用誠にありがとうございました^^

トップへ戻る