pexels-photo-1076814.jpeg

先日、後楽園店でこんな質問を受けました。

“iPhone8の画面が割れてしまったので修理を考えている。実はiPhone7が手元にあるので、それを使ってこのiPhone8は売却しようかとも考えている。そちらの液晶純正パネルで直すと、買取店にバレますか?秋葉原の買取店に聞いたら「再生パネル(液晶純正パネル)でも修理していたら分かる」と言われたんですが。”

実際にはもっと長いご相談だったのですが、要約するとこんなようなことを尋ねられました。

こういうことですね、たまに聞かれます。

 

多いのは「コピーパネルで画面修理したらキャリアに下取りに出すときにバレますか?」という質問です。

まず大前提として誤解を恐れずにハッキリ言います。

この手の質問の私の回答としては「バレるかどうかは知りません。だって私はキャリアショップでもその買取店でもないので。」です。

キャリアショップの場合には、下取りに出す予定のショップに直接聞くように促しますし、買取店の場合にはその買取店に聞いてみたらどうかと提案します。

しかし、これだけではまぁ、身も蓋もないというのも分かります。

ですので、私の表向きの回答はさておき、この質問への私の考察を今日は書いていきたいと思います。

ご興味のある方はおつきあいください。

 

iphone8

 

まず、先にコピーパネルの話をしますね。

キャリアショップの事情に関してはよく分かりませんので、キャリアショップの話は割愛します。

コピーパネルを取り付けた状態で買取に出すと、査定は下がるのかどうか。

要は「コピーパネルが取り付けてあることを買取店にはバレるのかどうか?」ですが、買取に慣れている人であれば一発で見抜かれます。

特に、秋葉原などの一等地にあるような買取店の店員さんは猛者なので、まず騙せないと思った方がいいです。

昔はまだコピーパネルの存在もそこまで知られていなかったので、買取店も騙せていたと思うのですが、これだけ非正規の修理店が出来てその多くがコピーパネルをメインで取り付けている現状を見ると、買取店の方も相当数のコピーパネルの取り付けてあるiPhoneを見てきているはずなので、まず騙すのは無理だと思います。

教育の行き渡っていない新人の店員さんに当たればまだバレない可能性はありますが、多少経験の積んだ方は無理でしょうね。

特に、秋葉原や新宿などもそうかな、一等地の激戦区にあるような買取店というのはライバルも多くしのぎを削っている状況なので、買取の料金を結構細かく設定しているのではないかと思うんですね。

状態のいいものであれば、結構高値で買い取ってくれますからね。

一見綺麗に見えても、蓋を開ければコピーパネルが付いていて、それを正規の価格で買い取ってしまったらどうなると思いますか?

店としては大損ですよ。

まぁ私は実際に買取店の店員さんに聞いたわけではないので内情は分かりませんが、ちょっとiPhoneの買取の経験があるような人であれば容易に見破れます。

 

ですので「コピーパネルの取り付けてある端末を高く売りたい」 という人は買取にあまり慣れていない店に行くか、もしくはメルカリで素人に売ればいいんじゃないですかね。

iPhoneの買取に慣れていない店であればコピーパネルかどうか見分けることが出来ないため、画面が割れていなければそれなりの中古端末として扱ってくれると思います。

ただ、ここは難しいところですが、買取に慣れていないということは買取に力を入れていないということなので、買取価格が結構適当だと思うんですよね。

外装が綺麗でもおそらく秋葉原の有名店のようには高値はつかないと思うので、その辺はまぁ色々査定に出して聞いてみるといいのではないかと思います。

ちなみにiFoneターミナルは秋葉原の買取店の店員さんよりもコピーパネルに敏感なので絶対にバレます。笑

絶対に騙せないので、うちに売ろうとお考えの方は諦めてくださいね。

ただ、それでもうちはコピーパネルが付いていても、裏面に打痕や傷が少なければ「ジャンク」までにはしていません。

 

iphone7

 

あとは、無知な素人にコピーパネルが取り付けてあることをを黙ってネットで売るっていうのもありますね。

私が見れば明らかにコピーパネルが付いていると分かるものでも、知識のない素人には写真だけで判断するのは困難ですので騙せると思いますよ。

ただ、届いた後にトラブルになる可能性があるのでお勧めはしないですけどね。

うちに「非正規店に修理に行ったら勝手にコピーパネルが取り付けられてしまい困っている」とご相談をしていただく方のように、元々画面の知識がない方でも中には気づく方もいらっしゃいます。

うちはApple製品の相場をチェックするために、フリマアプリやオークションサイトなどを頻繁に閲覧しています。

特にiPhoneには「非正規店での修理歴はありますか?」という質問が付いていることが多いですが、聞かれてしまったら嘘をつくわけにはいかないので、聞かれる前に安く売ってしまえばいいんじゃないでしょうか。笑

余談ですが、個人的には「修理歴がないかどうか聞いて“ない”と言われて本当に信頼するの?」とは思いますけどね。

こんなことを赤の他人に聞くような人は、ショップに行って実物を見て買うべきだと思います。

まぁ人それぞれなので、あくまでも私のいち意見としてお聞きいただければ幸いです。

コピーパネルに関してはこんなところですかね。

 

では、液晶純正パネル(再生パネル)ではどうでしょうか?

冒頭のご質問者様のおっしゃった通りであれば、買取店側は「液晶純正パネル(再生パネル)でも修理歴は分かる」と言っていたそうですが、個人的にも秋葉原の猛者なら分かるだろうなと思います。

ただし、一般的な修理店の出している“再生パネルなら”です。

下の写真をご覧ください。

 

iphone7

 

これ、どちらが再生パネルだと思いますか?

答えは、左が純正オリジナル、右が再生パネルです。

ちょっとこの写真だと分かりづらいのですが、右の画面は左に比べて暗い感じ・青い感じが分かりますかね。

これ、うちでは「液晶純正パネル」としては出していないです。

なぜなら、少しコピーっぽいので、これを液晶純正パネルとして出してしまうとクレームが来る恐れがあるからです。

うちをご利用されるお客様、特に東京では“純正のクオリティ”を求められているので、半端なフロントパネルは出せません。

修理後、ちゃんと純正の使用感に戻してあげなければ、お客様は「何のために高い金払って直したんだ!」となってしまいますよね。

「液晶が純正のパネル」と言っても、ピンキリということです。

上の写真の再生パネル程度の品質であれば買取店の猛者たちは見破れると思いますし、買取店の方もこのくらいのものを想定しているのだと思います。

うちの現在出している液晶純正パネルであれば、画面を開けない限り、まず見破ることは不可能です。

また、買取時、うちの液晶純正パネルで画面修理した端末はうちは減額はしません。

ただまぁ私は買取店に見破られない自信があっても「その買取店ではないので絶対とは言えませんし、責任も取れません」ということはお伝えしていますけどね。

 

こういう質問でひとつ言いたいのは、他の修理店とうちを一緒にしないで欲しいということです。

一般的な非正規店って基本的に「安く早く修理したい」という人をターゲットにしているので、自然とそういうお客さんが集まります。

しかし私は「正規店に行かなくてもまともに修理したい」と考えている方をターゲットに定めているので、経営方針が一般的な店とは異なります。

お客様の目もその分数段厳しいですし、厳しいお客様に満足していただかなくてはいけないので、特にフロントパネルに関しては非正規店ではありえないほど厳しい品質基準を定めています。

画面に関しては、下手したらApple並みに厳しいと思いますよ。

ですので、買取店のいうこと・キャリアのいうこと・他の人が言うこと、まぁ何でもそうなんですが、うちは一般論には当てはまりませんので、比べないでください。

一般的な非正規店と比べられてしまうと、品質と価格のバランス、誠実性や信頼感がおかしくなってしまいます。

私は「分かってくれる人だけ分かってくれればいい」と思っているのでまぁいいんですが、一般的な修理店の話や他で聞きかじったことをうちに当てはめるのは間違っています。

うちは普通の修理店では出来ないことをやっているという自負がありますので、それだけはご存知おいて頂ければ嬉しく思います。

またまた誤解を恐れずに言いますが、このインターネット全盛の社会においても、検索窓に入れて調べても引っかかってこない情報なんて五万とあります。

もちろん、素人ではなくその業界にいても、です。

重要な情報をタダで他人に教える馬鹿なんていないからです。

私はこのブログ上で全部ぶっちゃけているように見えるかもしれませんが、重要な肝の部分は一切発信していません。

もちろん、聞かれても言いません。

なんだかいつも通り、話が逸れてしまい申し訳ありません。

話を買取に戻しますね。

 

iphone7

 

一般的な非正規店の認識としては、液晶純正パネルは「別に純正オリジナルと同じである必要はない」わけです。

だって、純正とは言ってないじゃないですか。

私のところの現在出している「液晶純正パネル」というのは、使用感・発色では純正に劣らないですが、他の店ではそんなこと一言も言っていないと思うんですよね。

なぜ、液晶純正パネルの扱っている多くの修理店が「高品質パネル」や「再生パネル」と表記しているかというと、純正と比べられると困るからだと思うんですよね。

もちろん綺麗なパネルもあるんでしょうけど、中には純正と比べたら発色や色合いがおかしいものもあると思います。

ですので、そういう修理店の出しているパネルで修理した端末を持って行ったら、秋葉原の猛者には見破られるわけですよ。

それが冒頭の“秋葉原の買取店に聞いたら「再生パネル(液晶純正パネル)でも修理していたら分かる」と言われたんですが”ということです。

再生パネルの中にも、暗いもの・青いもの・発色の悪いもの・色合いが変なものなんて沢山あります。

それをお客様に出すかどうかは修理店によります。

私のところは少しでも違和感のあるものは出しませんが、出している店舗の方が多いと思います。

だってそこまでこだわってやってたら、正攻法じゃお金がいくらあっても足りないし、だいたい普通の非正規店に行くようなお客さんなんて「時間をかけたくない」というのが第一で、品質なんて二の次、そもそもそこまでやってもらうことを望んでいるのか?という話ですよね。

多くのお客さんが「そんな細かいことよりとりあえず今直してくれ」という希望なので、普通の修理店は多数派の意見に応えているだけだと思います。

 

非正規店での修理歴を目の敵にしている人もいますが、非正規店にも品質にはこだわれない仕方ない事情もあるし、多くの人が品質よりもスピードと低価格を望んでいるのでそこまでこだわる必要性もないということです。

だからと言って、黙ってコピーパネルを取り付けていいなんていうことは思わないですけどね。

少しでも高く端末を売りたければ、メルカリでうまいこと書いて素人に売ることだと思います。

私だったら怖くてメルカリでコピーの付いたiPhoneを売ろうとは全く思わないですけど、うまくいけば秋葉原の猛者に売るよりははるかに高値で売れると思います。

物事というのはなんでもハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターンであるということでしょうかね。

ということで、画面交換修理をしたら買取店にバレるのかどうか?考察でした!

皆様の参考になりましたら幸いです^^

トップへ戻る