iphone-4047385_640.jpg

先日取手店でご修理させていただきました端末の事例をご紹介させていただきます!

お客様、ありがとうございました^^

本日の機種はiPhone7。

iPhone7は一般的には古い機種という認識かもしれませんが、うちではまだまだ新しい機種です。

画面交換・バッテリー交換ともにiPhone7が1番多くご依頼いただきますし、販売もiPhone7が1番売れております。

現在非常にコスパのいい機種なので、中古業界では人気がありますね^^

 

さて、今回のお客様には「液晶の表示がおかしいのですが、直るか見て欲しい」ということでご相談いただきました。

では、実際のパネルの状態を見てみましょう。

今回は久しぶりの動画!

ちょっと見辛いですが、こちらをご覧ください。

 

 

もうこの状態を見て、一発でコピーパネルだと分かりました。

この端末の持ち主の方は、以前このiPhone7をご友人の方にもらったそうです。

ここまで酷くない状態ではあったものの、もらった時にすでに液晶不良は起こっており、そのまま騙し騙し使用していたら、この状態になったとのことでした。

私はいつも「コピーパネルは液晶の耐久性が低い」と申しておりますが、まさにこういう故障がコピーというのは非常に多いわけですね。

純正でこの壊れ方はまずありえません。

また、お友達やご家族からiPhoneを譲り受ける方は意外と多いですが、もし「Apple以外での画面修理歴がある」という場合には、私の経験上、99%コピーパネルが付いています。

iPhoneを譲り受けた後、違和感を感じたら見てあげますので、うちに持って来てください。

そういう場合には十中八九コピーパネルが付いていますので、画面交換すれば直ります。

 

iPhoneの画面を故障させて、修理の際に非正規店にしか修理に出したことのない方というのは「iPhoneは壊れて当然のもの」と思っています。

なぜなら、修理に出すと、基本的に問答無用でコピーが取り付けられるからです。

また、画面に関してコピーや純正という知識がない方がネットで端末を購入したり、今回の場合のように知り合いから譲り受けた場合、その多くで端末にコピーパネルが取り付けられています。

以上の状況から、多くの方が「iPhoneは壊れやすいものだ」というように勘違いしています。

iPhoneというのはきちんと修理してあげれば、そう簡単に壊れるものではないです。

問題は、そもそもきちんと修理しようという気持ちを持ってきちんと修理できる人というのが、まだまだ一握りだということです。

もう何人の方がうちへ「非正規店で画面交換の修理に出したらおかしくなった」とご相談いただいているか。

取手店・後楽園店ともに、まだまだ後を絶ちません。

また、そうやって気付く方はまだいいですが、それにも気付けず、何度も何度も非正規店に修理に出して、その度にコピーを取り付けられてまた壊すというサイクルを繰り返し、ムダ金を払い続けている人が後を絶たないです。

私はこういう方たちの勘違いを解いて「非正規店でもちゃんと直せる」ということを証明したいと考え、店を続けています。

自分の住む地域の修理料金を一括で見比べられるサイトなどもありますが、そんなところで1番安い店を見つけて修理してもまた壊すのが関の山ですよ。

なんでそんなに安いのか?をちゃんと考えてください。

コピーパネルはユニクロではありません。

「価格の割に品質がいい」なんてことは、コピーにはありません。

むしろ割高です。

 

しかし、例えば、水没した端末や画面の故障した端末からデータを取る際、また、他にも複数壊れていて修理料金が嵩みがちなときなど、使い方によってはコピーというのは非常に有用でもあるのも、また事実です。

うちがコピーパネルの取り扱いをやめないのはそこです。

コピーパネルは言ってみれば、野球での1イニングだけ投げるリリーフピッチャーのような存在でしょうか。

リリーフは長くは使えないけど、上手にスポットで使うと非常に有用ですよね。

そういう風にコピーには利用の仕方・向いている場面というのがあります。

それを間違えないでいただければコスパよくiPhoneを運用できると思います^^

間違っても、修理料金一括検索サイトで料金順に並び替えてただただ1番安い店に行くのだけはやめましょう。

そんなところはだいたい地雷です。

 

action-1850887_1280.jpg

 

ということで、本日のご修理は、iPhone7のコピーパネル故障→液晶純正パネルへの交換で、ご修理料金は14,990円でした。

お客様、ご利用誠にありがとうございました^^

 

 

トップへ戻る