ブログ

人生は繋がっている

 

 【令和2年1月28日更新】

みなさま、こんにちは!

先日約1年ぶりに親友のリンがベトナムから東京にやってきまして、会いに行ってきました!

 

Lihn

 

 

(日本料理屋さんでパシャリ。なんか私の髪ボサボサ。笑)

今回はアメ横でいわゆる爆買いに付き合いました。笑

久しぶりに会ったリンは相変わらず素敵な人で、本当に良い刺激を受けました。

今回はリンの日本人のお友達お3人にもお会いしたのですが、このお3方がまためちゃくちゃ素敵で。

「あぁ、良い人の周りって良い人が集まるんだなぁ」となんだか感動してしまいました。

私が良い人かはさておき、ただこの時の空間は、私含め、全員人に対して悪意が無い人間の集まりって感じだったのが印象的でした。

一緒に居る空間が温かくて本当に居心地が良かったです。

結構ずっと仕事の話をしていたので「こういう人たちと仕事をすると毎日充実するんだろうなぁ」と思っていました。

とても楽しくて、忘れられない1日となりました^^

皆さま素敵な1日を有難うございました!

 

リンは今ベトナムで自分のビジネスを立ち上げて頑張っています。

今回お会いしたお友達の方は、東南アジア各国でビジネスをしています。

リンもお友達の方も、自分のやっている仕事に私を誘ってくださいました。

私は以前からベトナムに移住したいということを公言しているので、大変有難いお話でした。

私は今は日本で自分の店を持っているのでまだ移住は出来ませんが、将来的には行こうと思っています。

そんな夢に心躍らせながら、今回は新たな出会いの会を楽しませていただきました^^

いつか皆様に加われるその時まで、皆様に恥じないパワーをつけておきたいと思いました!!

 

では、本題にいきます。

うちはご存知の通り、iPhone修理店ですので、修理に使うパーツの卸業者から、日々様々な広告が来ます。

電話、DM、来店で、毎日のように何かしらの広告が来ています。

うちは今はもう決まった2社としか取引をしておりません。

1社はそこそこ信頼できるメインの会社。

パーツの質もそこそこ良いですし、対応も良いので、メインで取引させていただいています。

もう1社は信頼はできないけど、激安の会社。

パーツの質は良くないけど、業界最安値で対応が良いので、原価を抑えたい修理(主にコピーパネル)のパーツを買うのに利用しています。

 

そんな感じでうちは決めた会社があるので他は全く試さないのですが、業者の広告は見るようにしています。

先日ある広告が目に留まりました。

内容としては、こんな感じ。

 

こんなお悩みはありませんか?

・液晶画面が暗い

・タッチの感度が悪い

・今のコピーパネルは品質が良くないが、再生パネルは高くて使えない

当社のコピーパネルは、お客様への満足度が高く原価も抑えたいという修理店に重宝されるパネルです!

 

まず、コピーパネルと再生パネル(うちの液晶純正パネル)の違いについてご存知ない方は、こちらをご覧くださいね。

「コピーパネル」と「液晶純正パネル」品質の違い

皆さんはこの広告を見てどう思いますか?

 

------------------------------------------------------------------------------------------------

 

この続きは当社会員限定サイト「ターミナルミーティング」内で公開しております!

https://terminal-meeting.online

 

下記リンク先に登録フォームがございます。

ターミナルミーティング会員登録

登録フォームを送信して頂いた後、ご入力頂いたメールアドレスへパスワードをお送りさせていただきます。

そのパスワードをサイトにてご入力いただければ閲覧可能になります。

登録はもちろん無料です。

お手数ですが、宜しくお願い致します。

皆様からの登録申請、お待ちしております^^

 

※会員登録の際、ニックネームや偽名でのご登録並びに実在しないご住所でのご登録を試みる方がいらっしゃるのですが、そのいかなる場合も閲覧を許可しておりません。

悪意のある人を排除するために会員制を導入した経緯がございますので、嘘や曖昧な情報を記載しないようにお願い致します。

ご登録後に万が一、嘘が発覚した際には、閲覧を制限させていただきます。

店舗運営を円滑にしていくための措置ですので、誠に勝手ではございますが、ご理解・ご了承のほど何卒宜しくお願い致します。

もし、会員登録をするのが怖い・嫌だという方は、会員登録をしなくても閲覧できる範囲でお楽しみください。

--------------------------------------------------------------------------------------------

 

iPhoneの修理や販売というのは基本的に一期一会であり、もう二度とお会いしない、または数年はお会いしないというのが普通です。

ですので、1回1回で考えてしまうと、繋がりがないというか、ブツブツと切れていく印象を受けます。

しかし私は、自分の仕事を通して「それがどう将来につながるか?」ということを考えています。

今はこのブログ記事が、グーグルのキーワード検索で上位に引っかかるようになり、それで随分集客していますが、これも将来的なことを考えて続けてきた結果です。

たとえこの仕事ができなくなったとしてもこのホームページは残るので、私がどんなことをしてきて何を考えているのか?というのは知ってもらうことができます。

もしそれで、私に共感・賛同してくださる方が現れて、また新たな道が開けたら、ラッキーですよね。

何を隠そううちの師匠は、そんなひとりです。

直接聞いたことはないですが、私のお客様に対する姿勢や、理念とするものが師匠と同じだったので、最終的にうちの店に来てくれたんだと思います。

仕事に対する理念、人に対する姿勢、生き方というのは、良質な味方を集めるためには侮れないです。

リンやリンのご友人、師匠もお金では動かないタイプの人間ですからね。

だから、人を欺いた商売をしてしまうと、今は良くても、必ずどこかで自分の人生に響いてくると私は思っています。

 

先日すしざんまいの社長がウェブのインタビューの中でこんなことを言っていました。

”利益はあとです。利益を先に求めてやる人は、失敗するんです。人に喜んでもらうために何をしたらいいのか。お客様が食べに来てくれるから、利益は生まれる。”

木村清「利益を先に求める人は失敗する」ーWEB VOICE

「お客様に了承を得ずコピーパネルを黙って出す」という行為は、利益を先に求めている典型例です。

お客様より自分の利益第一です!と公言しているようなもんです。

恥ずべき、浅はかな行為。

私だって資金繰りが楽なわけではありません。

以前のブログにも書いた通り、特に冬は修理の売り上げが厳しいので、かなり辛い月もあります。

でも、コピーを黙って出して集客してしまったら「他の店に修理に行ったらおかしくなった」とおっしゃってうちにiPhoneを持ってくるお客様のような辛い想いを、他のお客様にさせてしまうことになります。

だから私はそれだけは絶対にやらないと決めています。

もし、やらざるを得ないほど苦しいならば、スパッと辞めます。

私はお客様の喜び無くして利益なしと思っているということを記して、今日は終わりにしたいと思います。

最後に、やっぱり人は善意で人のために活動している人間に惹かれるものですね。

それは理屈ではなく、そういう人々の近くにいると、気分が良くなり、暖かい気持ちになるからだと思います。

そして、そういう人は、人からの助けを得られやすいです。

リンやリンのご友人の皆さんにお会いして、心からそう感じました。

悪意は悪意に引き寄せられ、善意は善意に引き寄せられる。

まさに「類は友を呼ぶ」ですね。

トップへ戻る