iPhoneXに非対応のSIMを挿したら次に対応のSIMを入れても読まない

この続きです。

先日、父が「iPhone XをAppleから購入してauの黒いSIMカードを挿したところ、電話が繋がらない」という話を書いたのですが、その後父が自分でauショップに行きましたので、今日はそのことを書きます。

この日、私も一緒にauショップに行くはずだったのですが、行けなくなってしまい父がひとりで行くことになったことがそもそも悲劇の始まりでした。

私も悩んだんですよねー。

ひとりで行くと多分あんなことやこんなことを言われるだろうなぁと。

そして、手続きもなかなか進まないだろうなーと。

見事に予想的中してしまいました。

キャリアショップというのはiPhoneに関しては、超基本的なこと以外はだいたい「Appleショップに行ってくれ」もしくは「Appleに電話してくれ」という話になります。

今回もそういう風になるだろうなと予想していたのですが、auショップに行ったところ、SIMカードがauなので門前払いはされず、auショップの人がAppleに電話して聞いてくれたそうです。


auショップの人も、そもそも私がauカスタマーサポートに電話して聞いたことを知らないわけですよね。

絶対に始めに「auの黒いSIMはiPhone8からの後継機(iPhone8,iPhone8Plus,iPhoneX)では使えない。」というところでつっかかると思っていたら、案の定つっかかったそうです。

とはいえ、ここは割とすぐに解決したそうなんですが、問題はその次です。

なんと、iPhone8からの後継機で使用できるはずのSIMカードを挿してもiPhoneXが読み込まない! 

 

結局、その原因というのはiPhoneXは一度非対応のSIMカードを入れてしまったら次に何を挿れても読み込まないということだったらしいです。

ですので、読み込ませる方法としては初期化

この”初期化”という結論に達するまでに時間がかかったそうです。

父はそもそも「iPhoneXに黒いSIMカードを入れたことがない」と思い込んでいたらしく、それをauショップの人に主張するもんだから、auショップの方も”Appleに聞いたことと違う”ということになって、なかなか話が進まなかったそうです。

もちろん、ここでも私が居れば話はかなりスムーズに進んでいたことでしょう。


最終的にはその場で初期化をして工場出荷状態に戻したところ、無事SIMカードを読み込み問題なく通話もできるようになりました!!

しかし、ひとつだけ問題が発生しました。

LINEのデータが飛びました。

初期化する前に引き継ぎをしていなかったせいで、LINEアカウントが消えてしまいました。

このあと、いろっいろやりましたが結局LINEは戻って来ず新規登録となりました。

ここも私が隣にいれば、しっかりと引き継ぎをした後で初期化していたのに。。。


とりあえず、今回は無事に解決しましたので、この話は終了です。

おんなじことでお困りの方がいらっしゃいましたら、参考にして頂けますと幸いです。


ー後日談ー

2020年3月1日更新

auのSIMってマジ腹立つんですよ。笑

他キャリアは全くそんなトラブル無いのに、auだけは機種変すると、SIMカードが使えなくなることがあります。

以前、auユーザーの方で”iPhone5の調子が悪いから機種変したい”ということで、うちでiPhone6Sをご購入されて行った方が、同じように”SIMを挿しても通話ができない”ということで、auで手数料を支払ってSIMカードを交換したという事がありました。

ですので私たちは、auユーザーに中古端末を販売するときには気をつけるようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA