【埼玉県から】【iPhoneX】非正規店での画面交換後タッチの感度が悪くなった&TrueToneが消失した

みなさま、こんにちは!

なんだか今日は暑いですね。

久しぶりに当社の本領が発揮できたご修理を承りましたので、本日はこちらをご紹介させていただきます^^

お客様、ご利用誠に有難うございました!

今日の機種はiPhoneXなのですが、ご相談内容や修理内容、お客様の体験談が非常に”いまの非正規店のiPhoneXの修理”を表しているものでしたので、少し時間をかけてご紹介していきたいと思います。

今回のお客様と同様のお悩みをお持ちの方の参考になりましたら、幸いです。


まずは、ご修理前にいただいたご相談内容から参りましょう。

iPhoneXを使用しています。
先日、地元の非正規店で画面修理をしたところ、True Toneが消失しました。
出来たらTrueToneを復活させたいのと、コピーパネルだったようなので、そちらで扱いの液晶純正パネルに交換していただきたいと考えております。
光量調節やFaceIDなどは生きているので、オリジナルのセンサーケーブルが残してあると思いますが、修理した店舗へ問い合わせたところ、担当者がいないとのことで確認ができませんでした。
店舗に伺いたいのですが、少し遠いため、郵送でお願いしたいと思っております。ご対応可能でしょうか?

大変丁寧でありながら、理路整然としたお問い合わせ内容で、非常に助かりました。

ここまでご理解いただいてからお問い合わせくださると、展開が早くて本当に有難いです。

お問い合わせ段階では「郵送で」というご希望だったのですが、最終的には取手店まで来てくださいました。

お客様から直接伺った訳ではないのですが、おそらく「本当にきちんと直るのか?」自分の目で確かめてから直したかったのだと思います。

今回のようなお客様は、少なくありません。

何らかの原因によって、民間の修理店に不信感を持っている方は、

・本当にちゃんと直るのか?

・またのらりくらりかわされて、金だけ取られるんじゃないか?

と、不安に思っており、

”少しくらい遠くても実際に行って、ちゃんと直るのか自分の目と手で確かめてから修理したい”

という方は、多いです。

ですので、高速を使って片道1時間半くらいの距離であれば、実際にいらっしゃる方も多いです。

そこは、お客様のご都合もあると思いますので、ご来店 or 郵送、ご都合の良い方法をご利用頂ければ幸いです。

当社は、こういうご不安をよく分かっておりますので、きちんと直せることを証明し、ご不安をまるっと解消できるよう、論理的にわかりやすくご説明するように努めております。


今回の場合は、お客様自身が、

・コピーパネルが取り付けられていること

・TrueTone修復にはオリジナルのセンサーケーブルが必要であること

をご理解されていたので話が早かったのですが、もし仮に、ここまでご理解されていなくても、ちゃんとご案内しますので、ご安心くださいね^^


では、早速、お客様の端末に取り付けてあったパネルをご紹介しましょう。

ご修理後、お客様の端末から外したパネルを当社のXに取り付けて撮影しました。

(左:お客様のパネル、右:当社の11)


今回は、写真だとちょっと紫色が強く出てしまっています。

実際には、ここまで色味は強くなかったです。

確かにオリジナルと比べると輝度は低い(暗い)ですが、何も知らなければ、気付くことはないレベルだと思います。

今回のお客様は、色味や明るさよりも「タッチの感度」に非常に不満を持たれておりました。


話は少し変わりますが、今回のお客様は、

前回の修理の際、パネルが2種類用意されていて”ノーマルタイプ”と”ちょっと良いタイプ”との説明を受けたため、ちょっといいタイプの方を選んだが、こんな結果になった

とおっしゃっておりました。

現状、民間の修理店のiPhoneXの画面交換修理では、2種類のコピーパネルを両立てして、お客様に選ばせているところが多いようです。

・LCD

・有機ELコピー

LCDと有機ELコピーについては、以前、ブログで詳しくご紹介したことがあったので、こちらのページを参考にしてください。

記事の中段くらいから、説明が始まります。

今回のお客様のお話とパネルの品質から推測すると、お客様は「有機ELコピー」をお選びになったのだと思います。

パネルにLCDとか有機ELとか書いているわけではないので、パネルを見ても判別はできないため、あくまでも私の予想ですが、おそらくそうだと思います。

この時の修理料金は20,000円+税ほどだったとのことで、正直「高くついてしまったな」と感じました。

ちなみに、当社のiPhoneXのコピーパネルは”LCD”です。

有機ELコピーは、色味や明るさはそこそこ何ですが、やはり操作感だけが如何ともしがたいです。

いくら見た目は繕えても、オリジナルのタッチパネルの”操作の滑らかさ”が、コピーでは再現出来ないようです。

では、今回、当社でお出ししたパネルをご覧ください。

お客様の端末に取り付ける前に、当社の端末に取り付けて撮影しました

 



色合いや明るさも元に戻ったのですが、何より、タッチの感度が元に戻ったことに、お客様は大変喜んでおられました。

日常的にiPhoneを使っていくにあたって、操作感がもっとも重要なのは、言うまでもありません。


ということで、品質は元に戻りましたので、次は、TrueToneの話をしていきましょう。

TrueToneについては、”いま思い出してみると、前回の修理の際に店側から「修理後、もしかするとTrueToneが消えるかもしれない」というようことをチラッと言っていたような気がする”とおっしゃっておりました。

お客様が強く印象に残っていなかったということは、曖昧に言って適当にごまかしたんでしょう。

で、実際に消えたわけですね。

今回のような感度の鋭いお客様でしたら、修理前にTrueToneのことをもっとハッキリと伝えていれば、おそらく修理はされなかったと思います。

この店は売上を上げたいがために、TrueToneのことは総じて誤魔化しているんだろうなという印象を受けました。

今回、当社で修復作業を行なったところ、TrueToneは無事復旧致しました。

iPhoneXについては、センサーケーブルがFaceIDの機能も擁しておりますので、

FaceIDが生きていれば、センサーケーブルもオリジナルである可能性が高いです。

今回のお客様の端末もまさにその状態で、センサーケーブルはオリジナルのものだったため、液晶純正パネルに交換し、TrueToneの修復作業を行なったところ、無事復旧させることが出来ました。

ちなみに、修理後、お客様のXについていたコピーパネルにTrueToneを書き込んでみたところ、失敗しました。

このコピーパネルは、TrueToneが書き込めませんでした。


iPhoneXのコピーパネルは、TrueToneが書き込めるものと書き込めないものが混在しているようなので、前回の修理時には「修理後、もしかするとTrueToneが消えるかもしれない」ということを、言われたのかもしれません。

個人的な意見としては「普通、そのパネルにTrueToneが書き込めるかどうか点検してから出さないか?」と思います。

はたまた、そもそもTrueToneの修復作業自体を行っていないのか?

それとも、修理中に誤ってセンサーケーブルを壊してしまったらTrueToneが消えるから、保険のために言っているのか?

疑問は尽きませんが、正直、こんなクズ店舗のことなど知りたくもありませんので、この辺にしておきます。

今回は、TrueToneが無事復旧したので、よかったです^^


あと、最後にもうひとつ。

今回のお客様は当社にご相談いただく前に、 Appleに相談したらしいのですが、

元々付いていた画面をもらってきてください。そうじゃないと、修理は承れません。

と言われてしまい、断られたとのことでした。

これがAppleサポートなのか、Appleストアなのか、正規プロバイダなのか、具体的にAppleのどこにご相談されたのかは分からないのですが、Apple正規にそのように言われてしまったとのことでした。

現実問題、修理店が交換した画面をくれることなどあり得ませんので、Appleはコピーのついている端末の修理は、基本的にあまり受けたくないのかな?と感じました。

今回のように、メーカーに断られても、私たちであれば修理できることもありますので、その際には是非ご相談ください^^


ということで、今回はこの辺にしておきましょう!

今日は久しぶりに結構ボリューミーな内容になりました。

今回は、iPhoneXのコピーパネル→液晶純正パネルへの交換で、ご修理料金は29,990円(税込)、TrueTone修復はサービスなので無料でした。

お客様、遠方のところ、ご来店・ご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

末永く良い状態でお使いいただけることを祈っております^^