「古いiPhoneから写真だけ取りたい」無料で簡単にできるAirDrop

皆さんは”古いiPhoneからこの特定の写真だけ取りたいな”という場面はありませんか?

古いiPhoneを見返していたら思わず思い出の写真を発見したりして、感慨深い瞬間ですよね!

写真を見るために古い端末を大切に持っている方も結構いらっしゃると思います。

そんな時はAir Dropを使いましょう!

Air Dropは覚えてしまうと、もう後戻りできなくなるくらい簡単で便利な機能です。

※この特定の写真だけ取りたいという時はi CloudやiTunesを通して新しい端末にバックアップを復元することは絶対にしないでください。

バックアップを復元するとすべてのデータが上書きされてしまうので、今入っているデータが消えます。

Air Dropの使い方はとてもわかりやすく説明しているページがありますので、こちらをご案内させていただきます。

iPhoneユーザーなら知っておきたい!便利機能「AirDrop」の設定方法・使い方ガイドーモバレコ

 

昔は、写真の受け渡しって結構大変でしたよね。

私が小学生の頃は、まだインスタントカメラが全盛の時代だったのですが、カメラ1台で30枚くらいしか撮影できないので何を撮るかめちゃくちゃ悩んで一世一代の思いで撮っていた記憶があります。

しかも、それを後から現像したらブレていたりして(笑)

その頃は友達が撮影した写真で「それ欲しい!」と思ったら焼き回しをお願いしなければいけなかったので「写真」というのはすごく貴重なものというイメージでした。

アルバムつくりとかしたな〜。

そのあと、中学生くらいからはガラケーを持つことが当たり前になり、いわゆる「パカパカケータイ」を使っていました。

その時はすでに「写メ」があったので、写真はメールで送り合うものという認識に変わり、一気に写真交換が楽になった記憶があります。

それでも、まだ画質もそんなに良い頃ではなかったので、イベントなどではインスタントカメラは持っていた気がしますが、私が学生の頃は携帯電話の過渡期だったので、一気にカメラの性能も上がり、高校生の頃は携帯があればカメラはいらない状態になりました。


そして、そのあとはSNSが全盛になり、簡単に写真やメッセージが、しかも無料で送れるようになりましたね。

初めてFacebookやLINEを使った時はメッセージのやり取りの簡単さと、何と言っても写真共有の簡単さに驚きました。

今やAir Dropが登場し、連絡先を知らなくても写真や連絡先、地図、見ているインターネットのページなんかも瞬時に共有できてしまって。

すごい時代だなーと、こんな仕事をしておりますが、日々感じています。笑


(先日、商売繁盛の祈願に常総市の一言主神社に行ってきました!)

この写真はiPhone8で撮影したものなのですが、Air Dropを使ってMacに一瞬で送りました!

便利すぎる〜。

Air Dropとスクショは使ってしまうと、便利すぎてもう後には戻れません。

ちなみに、連絡先もそうです。

古い端末からこの人のだけ欲しいな〜という時はAir Dropを使って送ってくださいね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA