【iPhone6S】プールに水没→内部クリーニングで起動→同機種にデータ移行

みなさん、こんにちは!!

まだまだ暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

私はiPhoneを売ったり買ったり直したりしながら、特に変化のない日々を過ごしております。笑

ただ、このところのダラけている自分に喝を入れるために、秋口あたりから新しいことに挑戦しようかと思案中です。

まぁ、気まぐれなので、やらないかもしれないけど。笑

もし、何か決まったら、またブログ上に記載しようと思います。

乞うご期待。

ということで、本日のご修理事例に参りましょう。


本日のご修理はiPhone6S。

季節柄の水没修理です。

ご修理前、以下のご相談をいただきました。

3日前にプールに水没させてしまい、電源が入らなくなりました。防水バッグに入れて、プールに持ち込んだのですが、気づかないうちに水が入ってきてしまい、水没状態になってしまったようです。うんともすんとも言わないのですが、修理することは可能でしょうか?

まずは、開けて状態を確認。


全体的に隅々まで水が入り込んだ跡がありました。

それと、画面と基板の接続部がすでに腐食してきており、復旧はかなり厳しい印象を受けました。


ですので、今回も「ダメ元で良ければ」というお話を致しました。

いつも申し上げておりますが、水没は、水没させてから修理に出すまでの時間との勝負です。

なぜかということ、今回のお客様のように、基板が腐食してしまうと、内部クリーニングでの復旧は絶望的だからです。

今回のお客様の場合、3日前に水没させてそのまま放置、しかも水没の翌日に、直るかどうか確認しにキャリアショップに行ってしまっていました。

こういう端末をキャリアショップに持っていくと、ほとんどの場合で、何度も電源ボタンを押したり、充電ケーブルに繋いで起動させようとしてしまいます。

これは水没後の最低最悪の対応です。

さらに復旧の確率を下げてしまうため、本当にやめていただきたい行為です。

ただ、今回のお客様は「データだけでも何とか欲しいので」ということで、復旧率の低さについてはご納得してくださり、内部クリーニングをご依頼いただきました。

早速お預かりして、取りかかりました。

内部クリーニングの結果、、、


えー、、、なんと起動してしまいました(笑)。

厳密に言うと、画面とバッテリーが故障していたため、この2つは交換しなければいけませんが、基板が生きており、データは復旧致しました。

おそらく運よく先にバッテリーが壊れてくれたことで、電源が入らなくなったので、基板がショートすることを免れたものと思われます。

バッテリーが先に壊れてくれると、大抵は基板が生きているので、本当にラッキーです。

このことをお客様にご報告したところ、画面交換(液晶純正パネルをご希望)とバッテリー交換をご依頼いただいたので、引き続き修理を行い、最終の動作チェックをしていたところ、まさかの事態が発生。


基板側の画面のバックライトが切れたーーーー。・゚・(ノД`)・゚・。

これは画面に思いっきり光をあてている状態なんですが、”液晶がうっすら点いている”のが見えますでしょうか?

これになってしまうと、うちではもうどうすることもできません。

これはもうほんと、典型的な水没の故障です。

最初にご紹介した、基板が腐食していた写真を思い出してください。

やはり、基板にはしっかりとダメージがあったということですね。

もう少し早く、腐食する前に内部クリーニングに出していたら、問題なかった可能性が高いような気が致しました。

これが私が「水没は時間との闘い」と申し上げている所以です。

今回の端末については、もうこれ以上やりようがありませんので、ここまで。

で、この後どうしたかというとですね、結論から言うと、うちの中古端末に買い替えていただきました。



内部クリーニング後に、画面とバッテリーが壊れており、交換が必要だということが判明しました。

画面交換の費用が液晶純正パネル使用で、10,990円、

バッテリー交換は5,990円のため、追加の修理料金は16,980円(税込)の予定でした。


ただ、修理中に基板のバックライトが切れてしまい、これ以上使用するのは事実上、困難になりました。

ですので、お客様には「同じスペックの中古に乗り換えてはどうか?」というご提案を致しました。

お客様のiPhone6Sは64GBのドコモだったのですが、このとき、ちょうどiPhone6Sの64GB SIMフリーが店舗にございました。

販売価格は15,000円(税込)です。

さすがにこの状態のものを「自分でデータ移行しろ」とは私も言えませんので、中古端末をご購入いただく代わりに、データ移行は無料のサービスとして承るご提案を致しました。

そうすれば、修理後にお支払いいただく金額と買い替えていただく金額は、ほぼ同額になる上スペックも同じで、さらにデータもほぼそのままだからです。

今回、お客様にはこの私の案を受け入れていただきました^^

ですので、さらに2時間ほどお時間をいただき、壊れたiPhone6Sのバックアップを取って、中古の6Sにデータ移行を行いました。

最後に壊れたiPhone6Sを1,000円で買い取り、今回のご修理は終了となりました。

お客様自身は、実は、データ移行が終わるまでは「本当にちゃんと全て元に戻るのだろうか?」と半信半疑のようだったのですが、終わった後、全て元に戻ったのをご覧になり、「わぁ!」という感じで、結構驚いておられました。笑

今回はほとんど1日がかりで問題解決に取り組んだのですが、ここまで時間と手間がかかるような事例は、お客様とは同士のような、妙な絆が生まれます。笑

お客様も長々とお疲れ様でした。


今回の場合は、端末自体は故障してしまったのですが、内部クリーニングによって起動させることが出来、データが取れるところまで、戻すことが出来ました。

また、安全な端末にデータ移行を行うことができ、結果的には上出来だったかな、と思います。

金額的には、修理するよりも若干安く上がりましたし、故障品は少しですが端末購入の足しにもしていただけました。

お客様には最終的に大変喜んでいただけたので、本当によかったです!

バックライト切れた時にはどうなることかと思い、かなり焦りましたけどね(^^;)

こういう柔軟性が当社の強みかなと思います。

ただ単にiPhoneを修理する、買取する、販売するということではなくて、

「故障端末」「中古端末」に対して総合的にアプローチを行い、最適解を導き出す

これが今の私たちのモットーです。


今回のご修理は内部クリーニング3,990円、iPhone6S 64GB SIMフリーご購入で15,000円、iPhone6S買取で-1,000円、合計で17,990円(税込)でした!

お客様、ご利用誠にありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です