【埼玉県川口市から】【iPhone6S】中古で買った端末のバッテリーの減りが早い

皆さん、こんにちは!

最近、頻繁に更新しているので、前置きの話題が特に無くなりました。

あっ最近の私(ここ3週間ほど)は、毎週1日はお休みを取るようになりました。

店が暇になったとか、何か変化があったわけではありません。

暖かくなってきて、むしろ店は忙しくなっているくらいですが、1週間くらいすると「休みたいな〜」と思うようになったので、そしたら休んでいます。

ちょっと早い五月病ですかね。


さて、では、ご修理事例に参りましょう。

今回ご紹介させていただくお客様は、なんと埼玉県の川口市からわざわざ車でいらしてくださいました^^

先日アド街ック天国で川口市を見たばかりだったので、なんだか勝手に親近感が湧きました。笑

ご相談としては、以下の通りです。

中古で購入したiPhone6Sのバッテリーの調子が悪い。減りが早く感じるのですが、点検してもらえませんか?

設定のバッテリーの最大容量を確認したところ「76%」表示だったので、”バッテリーの劣化”と判断し、バッテリー交換を致しました。

ただ「バッテリーの減りが早い」という症状は、バッテリーが原因ではなく、基盤故障の可能性もあります。

遠方からご来店ということもあるので、念のため、少し長めに修理時間をいただいて、長めに点検致しました。

バッテリー交換後”減りが早い”という症状も消え、問題ないことが確認できたので、それでお返しさせて頂きました。

お客様、遠方からのご来店誠にありがとうございました^^


ネットでiPhoneを購入するときに、バッテリーの状態を気にされる方は多いと思います。

そこで”最大容量は何%ならいいのか?”というのは、多くの方が持つ疑問だと思います。

勿論100%、新品に近い方がいいのは分かると思いますが、どこまでの劣化を許容するか、ですよね。

私がもし、自分の端末をネットで購入するのであれば、最低でも93%程度までですかね。

これ以下のものは、私は選びません。

93%という数字に何か明確な根拠があるわけではないので、論理的な説明は出来ません。

個人的には、これ以上劣化していると、すぐにバッテリー交換する必要が出てしまうので「まだしばらく交換の必要がない」というラインで、93%くらいかな、と。

あまりヘビーに使わない方は、80%台後半でも十分だとは思います。

私は「医者の不養生」的なところがありまして、お客様には「過充電しないように」と伝えているくせに、自分は結構しているので(笑)、劣化もそれなりに早いため、購入時は93%くらいは欲しいなと思います。

ただ、バッテリーの状態というのは数値だけで判断するのは危険ではあります。

iPhone6,6S,SE,7くらいまでは、結構曖昧だからです。

先日ご来店いただいたお客様でiPhone7の方がいたのですが、最大容量が98%表示にも関わらず「明らかに減りが早い」とお悩みで、当社で点検したら、実際は75%だったことがありました。

iPhone8やXくらいになるとだいぶ正確になってくるのですが、それ以前の機種はイマイチ信用性に欠けます。

じゃあどうすればいいのか?という話になりますが、私はバッテリーの状態を気にして中古を買ったことがないので、分かりません。

自分で判断できなかったり、信用できないのであれば、店舗で新品を買った方がいいです。

知識のない方がネットで中古を買うと、逆に高くつきます。

状態の良い中古iPhoneを買うのは、私たちプロでも結構難しいものです。


このところ全国各地から「ネットで中古iPhoneを購入したのだが、おかしいので見て欲しい」というご依頼を連日いただいておりますので、後ほど後修理事例としてご紹介させていただきますが、この手の販売業者は本当に怖いですからね。

私たちもお客様の端末を拝見し「こんなことするのか」と驚くこともよくあります。

連中は本当にすごいですよ。

私たちのように性善説で生きている人たちには考えられない世界が、ネットの中古iPhone業界には広がっていることを、ぜひ覚えておいてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA