【iPhoneSE】再生パネルを選んだのに違和感がある

先日後楽園店にて承りましたお客様のご修理事例をご紹介させていただきます!

お客様、ありがとうございました^^

本日の機種はiPhone SE。

秋になるとiPhone SEの画面修理が増える不思議。

なぜだろう??


ご修理前に以下のような内容のお問い合わせをいただきました。

「少し前に画面を割ってしまい、非正規店に修理に出しました。

修理前に互換パネルと再生パネルの説明を受けたので、再生パネルを選びました。

しかし、画面交換後に画面の色合いが変わったような気がして違和感を感じています。

そちらの液晶純正パネルに交換したら、元に戻りますでしょうか?」

このようなお問い合わせ、最近、結構増えております。

このところ、うちと同様、互換パネル(うちで言うとコピーパネル)と再生パネルをご用意し、お客様に選んでいただくメニュー形態のところが増えているな、と感じます。

それと比例して「再生パネルを選んだのに、なんか違和感がある」という不満を持つ方も増えているようです。


突然ですが、ここで問題です。

こちらの画像をご覧ください。

再生パネル、コピーパネル、純正のオリジナルパネル、それぞれどれだと思いますか?

正解は、全部再生パネルです。

これ、結構衝撃的じゃないですか??

これが「再生パネルを選んだはずなのに違和感がある」正体です。

一言で再生パネルといっても、輝度や色合いにこれだけの差があります。(すべてのパネルを同じひとつの端末に取り付けています。)

今回のお客様のパネルは、右から2番目です。

確かに再生パネルでしたが、質が悪い印象を受けました。

ちなみに、うちが「液晶純正パネル」として出しているものは1番左側です。

左から2番目と1番右は、うちに置いてある再生パネル。

ただし、うちはこのレベルの再生はコピーとして出しています。

私の感覚でいうと、1番左側以外はすべてコピーとして出します。

うちでの合格は1番左だけ。

勘違いしている方がいるので、教えますね。

まず大前提として、再生パネルというのは「純正と同等」ではありません。

ですので、一般的な非正規店で画面交換の際に再生パネルを選んだからと言って、純正と同じ品質を期待してはいけません。

なぜなら、再生パネルというのは、液晶面が純正というだけでガラスは張り替えているためです。

うちは再生パネルの品質基準が極めて高いため、画面交換後の使用に違和感はありませんが、他の修理店はうちほど厳しい基準を敷いているわけではありません。

この世の中に出回っている再生パネルなど、そのほとんどが私からしてみれば「コピー」です。

この程度のパネルを「再生パネル」として出しているのにも関わらず、今回のお客様は特にそのような説明は受けなかったそうなので、残念ながら優良店とは言い難いかと思いました。

コピーを黙って出していないだけ、数百倍マシではありますが、それでも少しでも品質が変わるのであれば、伝えるべきだと私は思います。

私がなぜわざわざ「再生パネル」ではなく、「液晶純正パネル」とメニューに書いているのかというと、他の店のパネルと一緒にされたくないからです。

以前は「再生パネル使用」と記載していたのですが、他の店と同じ表記だと同じ品質だと思われるので、それが嫌で「液晶純正パネル」という表記にしています。


さて、話を今回のご修理に戻します。

今回のお客様は互換パネルと再生パネルの知識なく非正規店にて画面交換をし、再生パネルを選ばれたにも関わらず、修理後に違和感を感じ、最終的にうちで再修理となりました。

画面交換後、お客様には「元に戻った!」と大変喜んでいただきました^^

私としてもお役に立てて大変嬉しく思いました!

ありがとうございました。

以前は「非正規店に画面交換に出したら勝手にコピーが取り付けられてしまい、使いづらいので液晶純正パネルに交換したい」というお問い合わせ一択だったのですが、最近は「再生パネルを選んだのに違和感を感じる」というように、ユーザー側の知識も求める要求も上がってきていることを実感しております。

やっと時代がうちに追いついてきましたかね。

私は今後もユーザーの要求に対して、きっちりと応えられるように努力していきます。


ということで、本日のご修理はiPhoneSEの他社パネル→当社液晶純正パネルへの交換で、13,990円(税込)でした。
お客様ご利用誠にありがとうございました^^

同様のお問い合わせが相次いでいるので、他の方の参考になればと思い、今日は取り上げさせていただきました。

同様のことで悩んでいる方の参考にしていただけましたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です