【iPhone6】タッチが反応しなくなった→勝手にコピーがつけられていた

皆さん、こんにちは!

最近だいぶあったかいですね。

この頃は、夏服を買い始めました。

私は店で着る服は、ユニクロ・無印・マウジー・スライ、年間を通してほとんどこの4ブランドです。

シンプルでクールめなデザインと、動きやすさを突き詰めたら、この4ブランドに落ち着きました。

その代わり、お休みで出掛ける日は、いつもとは違うブランドの若干華やかな服を着るようにしています。

休みの日に店で着ている服と同じテイストの服を着てしまうと、気分が切り替わらず、休んだ気がしないからです。


さて、私の洋服事情はさておき、今日のご修理事例に参りましょう。

本日はiPhone6。

まずは、修理前の状態からご紹介します。

今日は動画でいきましょう。


画面の下2/3のタッチが反応しません。

読者の皆さんにはお馴染みですが、コピーパネルが取り付けてありました。

ご修理前の点検の段階で、今回のお客様に「コピーパネルが取り付けてありますが、以前修理された時にその説明は受けましたか?」のお伺いしたところ、「されていない」とおっしゃっていました。

ただ、今回のお客様は、うちのホームページをご覧いただいた上でご来店くださっていたようで、現在のパネルがコピーパネルであることをご存知のようでした。

そのため、パネル選択の際、すぐに「液晶純正パネルで」と決めてくださったので、非常に話が早く有り難かったです。


パネル交換をしたところ、タッチの反応は元に戻りました。


先ほどの修理前の動画の液晶面と、修理後の液晶面を見比べていただくと、色味や明るさが全く違うのがお分かり頂けるかと思います。

何より鮮明さが全く違います。

これがうちの液晶純正パネルの実力です。

この品質を維持するのに、今でもまだまだ苦労しています。

これがうちが事業をなかなか拡大できない大きな要因です。

そして、大手チェーンがコピーパネルをメインで使用している(しかもお客さんには黙っている)理由です。

再生パネルというのは、品質が不安定という大きなデメリットがあります。

それに比べて、コピーパネルの品質は、低い位置で安定しているので、安価に大量供給することが可能です。

事業拡大には「商品を安価に大量供給できる」という要素が必須です。

うちに限って言えば、現段階では、いまの2店舗以上拡げたら、液晶純正パネルの質を保つことができません。

ただ、供給が難しいからといっても、私たちはあくまでも民間の修理業者なので、メーカーのように修理価格を高い水準に設定することも出来ません。

それだと、利用する人がいなくなってしまうからです。

品質を追求し、そこにお金をかけすぎると、今度は修理料金が上がってしまい、客がいなくなる。

だから、iPhoneの民間の修理業者は、低い水準のパネルを安い価格で提供しているんだと思います。

実は、非常にジレンマのある商売でもあります。

商売は正しいものが勝つのではありません。

勝ったものが正しいと言われるんです。

だから、私の考え方は、商売のセオリーから言うと、間違っているのかもしれません。

ただ、私は「お客さんに正直に接し、役に立っていくこと」

これが勝負に勝てる唯一の道であると信じています。

これで事業拡大を出来るのかは分かりませんが、きっと最後は勝つと信じて、自分の道を歩んでいこうと思います。

話が逸れてしまい、申し訳ありません。

話を戻しますね。

修理前と修理後では壊れやすさが格段に下がり、普段の操作性は格段にアップしました。

アップした、というより、元に戻っただけなんですけどね。笑

これがiPhoneの画面というものです。


ということで、本日のご修理は、iPhone6のコピーパネル故障→液晶純正パネルへの交換で、9,990円(税込)でした!

お客様、ご利用誠にありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です