【iPhone6】洗濯機でぐるぐる→復旧不可

先日、守谷市からお越しいただきましたお客様のご修理事例をご紹介します。

本日は水没、iPhone6です。

今回は、タイトルにもありますように、復旧不可でした。

水没の内容としては「電源が入ったままの状態で洗濯機で回してしまい電源が入らなくなった」とのこと。

今回、ご修理中の写真をほとんど撮らなかったので、あまりご紹介することができないのですが、まず、水没シールが2箇所とも真っ赤で、中にかなり水が入っていました。

そして、内部は、かなり洗濯洗剤の匂いがしました。

直でガンガン洗濯水が入ってきてしまっていましたね。 

水没の場合には、先にバッテリーが壊れてしまえばショートする可能性がないので復旧率もかなり上がります。

ただ、バッテリーが壊れてくれないと電源が入ったままなので、基盤が水に反応して、一気にショートするか徐々にダメージを食らいます。

そして、基盤がやられ、二度と電源が入らなくなります。

ですので、水没修理で復旧するかどうかは「運」なんです。



水没修理では、基盤を精製水でしっかり洗浄します。

今回のように、水以外のものにドボンした場合には、いつもより若干長めに洗浄します。


基盤および外した部品もしっかりと乾燥させて、すべて元に戻し、電源をつけてみましたが、全く反応なし。

次に、バッテリーとフロント画面をそれぞれ新しいものに交換してみましたが、こちらも一切反応せず。

iTunesに繋げても、一切反応せず、復旧不可でした。

今回は、完全に基盤が壊れていました。

試しに、私のiPhone6に壊れたバッテリーとフロント画面をつけてみたのですが、バッテリーは私のものでも一切反応せず。

画面はこの状態でした。

「液漏れ」のような感じで、ほとんど黒くなってしまっていました。

今回のような”洗濯機ぐるぐる”の場合には、画面がこのような液漏れの状態や、シミが出来てしまっていることが多いです。

シミに関しては、後々乾いて消える場合もありますし、消えない場合もあります。

フロント画面に関しては、水没させると「画面が何かしら変になっているか、もしくは壊れていることが多い」と思っていてくださると助かります。

今回は、復旧不可でしたので修理代金は0円でした。

さて、何で当店ではこんな復旧できなかった時のことまでバラしているのかと言うと、他店の「復旧率80%」などと言うよく分からない確率を、疑問に思っているからです。

もしかすると、大手の修理業者などでは、うちみたいな個人店にはない大掛かりな復旧装置などがあって、それで、驚異的な復旧率を叩き出しているのかもしれません。

もしくは、長年の修理で培った知恵や技術によって、すごい確率で復旧できているのかもしれません。

そういうことは、企業秘密だと思うので、他言できないでしょうし、私には知る由もありません。

しかし、私の修理の師匠から聞いた話と、私の経験を基にすると”iPhoneの水没”というのは、上記にも記載したように、直るも直らないも運の要素が大きいので、その確率に関しては大変疑問を持っております。

ですので、当社では、「直るも直らないも水没の状況次第と運」ということをお伝えするために、直らなかったこともあえてバラしております。

私はこの業界の、こういう分かりにくい部分が嫌いです。

お客様が分からないことをいいことに、根拠のないことを書いてみたり、頼まれていないことまで勝手に修理して別途請求している業者なども少なからずいます。

今後も水没については、復旧の可・不可に関わらず、ご修理事例としてどんどん書いていこうと思いますので、ご期待ください^^

ー後日談ー

2020年2月22日更新

いまだに「水没は運次第」という結論に変わりはありません。

ただ、上記に書いているような「頼まれていないことまで勝手に修理して別途請求している業者」は、今はほとんどいないと思います。

自然に淘汰されているんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA