【iPhone6S】他に持って行ったら直らないと言われた〜充電編〜

先日取手店で承りましたご修理事例をご紹介させていただきます!

お客様、ご来店ありがとうございました^^

本日の機種はiPhone6S。

iPhone6Sはどの修理も非常にやりやすい機種で、私としては大変有難いです。


さて、今回のご修理はフロント画面・バッテリー交換の次に多い充電部分の交換です。

作業自体はなんら難しいこともなく、師匠であれば30分、私でも40分ほどで修理できる割と簡単な修理です。

しかし、今回はご相談の内容が興味深かったので、取り上げさせていただきました。


ご修理前、以下のご相談を受けました。

突然充電ができなくなりました。充電ケーブルを挿しても反応がなく雷マークも出ません。
一度バッテリー交換をしていたので、バッテリーの不調かな?と思い、昨日他のお店で見てもらいました。
そうしたら“バッテリーは壊れていないので、基盤が壊れているのではないか?”と言われました。これって直りますか?


私はこの時、他の店で見て直らないんだったら直らないだろうな、と思い、当初はこの修理を断ろうとしていたんですね。

意外と知られていないのですが、iPhoneって単純なパーツ交換では直らない修理不可(基盤故障)ということも結構あるので、経験上、直らない可能性の高い症状である場合には受けないようにしています。

うちは点検料をいただいていないので、あまりにも直らない修理ばかり受けていると時間だけかかってお金にならないので、無駄だからです。

念のためお客様に「昨日充電部分は点検してもらいましたか?」と伺ったところ、「してもらったと思うけど詳しくは分からない」とおっしゃっていたんですね。

「充電できない」って言って持ってきて、充電部分を点検しないアホはいないだろうと思っていたので、正直”どうせ直らないだろうな”と思ったのですが、お客様が大変良い方だったので、淡い期待を込めて充電部分を点検してみました。



そうしたら、まさかの充電部分が故障していることが判明。笑

充電部分の交換でアッサリ直りました。

ご修理料金、5,990円(税込)。

充電できない状態だったので通常使いが困難なため、買い替えによる数万円の出費も考えられていたと思います。

昨日修理店に見てもらったあと諦めずにうちに来てくださり、本当に良かったと思いました。

そして今回、私も点検する決断をして本当に良かったと思いました。



私は今の価値観の多様化しているこの時代には、自分の価値観に合う店・会社を見つけて利用する努力をすることが大切だと思っています。

価値観に正解はないんですよね。

iPhone修理の業界で言えば、うちのように専業で徹底的にハードの修理をするスタイルのところもあれば、内部の基盤修理を売りにやっているところもありますし、副業的な形で空いた時間に適当に修理する小遣い稼ぎ的なスタイルのところもあります。

どれが正解というのはないと思っています。

自分には合わないと思えば「そういう店なんだ。じゃあ利用するのはやめよう」という取捨選択をしていけばいいだけだと思うんですよね。 

私は少なくともそうしていますし、そうして欲しいです。

以前、うちの経営手法を批判して来た他の店の店主の人で、こういうことを言っている人がいました。

「私は、iFoneターミナルのようにコピーのここが悪いんです!とコピーパネルのデメリットばかり強調するのは間違っていると思っています。コピーも再生も品質なんて大して変わらないんだから、お客様に合うと思う方を選んでいただければいいと思っています!」

細かい話は今日は置いといたとして、私はこういう感覚はもう古いと思っています。

私はマーケットインではなく、プロダクトアウトをしているんです。

今の時代はプロダクトアウトこそが生き残る道だと考えているからです。

だけど、マーケットインが正しいと思っている人もいるわけですよね。

そこに正解はないです。

ですので、自分に合うと思うところを選べばいいだけですよ。

何だって勝てば官軍です。

私はよく「最初からあなたの店に来ればよかった」と言っていただくのですが、こういう方々は1回で諦めなかったから、「自分に合う」と感じる当社を見つけられたわけです。

一度非正規店で直らないと言われたり、嫌な思いをしたくらいで諦めて欲しくないというのが、今日の結論です。

お客様、ご利用誠にありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA