【iPhone7】バッテリーが膨張し電源が入らない

先日、ご来店いただきましたお客様のご修理事例をご紹介させていただきます。

機種はiPhone7。

守谷市松並からのお客様です。

お客様ご来店誠にありがとうございました^^

ご相談内容としては”突然電源が入らなくなってしまった。電源コードにつなぐとりんごループになって起動しない”というものでした。

実際に見ないと判断できませんので、端末をお持ち込みいただきました。



原因は、バッテリーが死んでいました!

バッテリーがこれ以上ないくらいパンパンに膨れ上がって、画面を押し上げてしまっている状態でした。

新しいバッテリーを仮付けしてみたところ、無事りんごループも脱出し、通常通り使用できることを確認しました。

実は今回のお客様、電源が入らない状態になってからすぐに機種変更してしまっており、すでに新しいiPhoneをお持ちの状態でした。

ただ、パソコンへのバックアップが1年以上前のものまでしか取れておらず「どうしてもデータが取りたい」ということで今回ご相談いただいた次第でした。

お持ちいただいたiPhone7の状態は大変良く、美品の部類でしたので「もし、機種変更する前にご相談頂けて入ればバッテリーを交換するだけでまた普通に使えるようになったのに…」と少しもったいない気がしてしまいました。

お客様自身、ご来店時は半ば諦めたご様子でしたので、バッテリーを交換するだけでまた以前と変わらずお使いいただけることをお伝えしたところ、かなり驚くとともに本当に喜んでいただきました。

iPhoneの不調に関しては、その原因が自分で思っていることとは違う可能性も大いにあります。

ですので、諦める前にやはり専門家に相談することを強くお勧め致します。

うちのような店であれば、直せる場合にはその日に直ることがほとんどなので、諦める前に一度専門家にぜひ見てもらってください。


ちなみに、iPhone7のバッテリーがここまでパンパンに膨れあがり死んでしまっているのは大変珍しい事例です。

原因は、お客様の使い方が相当ヘビーだったからかと思います。 

バッテリーの劣化を抑える1番有効な方法は「過充電しないこと」です。

私も師匠もそうですが、iPhoneを充電器に挿したまま寝てしまうことはまずありません。

バッテリーがフル充電されているにもかかわらずそのまま充電し続けているというのは最悪です。

皆さん日々お忙しいと思いますので、なかなか難しいとは思うのですが、できるだけ寝る前まで充電して、寝る前に充電器から外すというのを心掛けていただくことがお勧めです。

もし、日中電池が切れてしまうことが怖ければ、モバイルバッテリーを活用するといいかと思います。

今は結構軽いものも発売されていますので、ぜひ使ってみてください。

過充電に気をつけるだけで本当に劣化のスピードが変わってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA