【iPhoneSE】バッテリー交換したのに変わらない、スリープなのに勝手に減っていく

本日もSE。

水曜どうでしょうのアラスカの企画で、大泉洋さんが「本日もパスタ」というお品書きを発表しておりましたが(どうでしょうファンの方しか分からず、すみません)、うちは「本日もSE」のご紹介をします!

前からうちは、取手店も後楽園店も、はたまた郵送修理も、本当にSEの依頼が多いのですが、最近特に多くいただいております。

もはや専門店と名乗りたいくらいです。

SEに関しては、分からないことは無いと思います。


さて、そんなiPhoneSE。

最近、私が修理をお受けしていて、よく遭遇することがあります。

それは「バッテリー交換しても状態が変わらない」端末が多いということです。

さらに、そういう端末は漏れなく”スリープ状態で放置していても勝手に残量が減って”いきます。

通常バッテリー交換をご希望される方というのは、当然「バッテリーのもちが悪い」ということでお悩みです。

皆さん端末を数年使ってきて、バッテリーのもちの悪さを感じ「そろそろ劣化してきたかな?」と思って、バッテリーの交換を考えます。

しかし、そういう端末の中には、残念ながら、バッテリーを交換しても”もち”が改善されないものがあります。

この原因としては、ざっくり言うと「基盤故障」です。

この場合、新品のバッテリーを取り付けても症状は全く改善されないため、バッテリー交換しても無意味です。


私のブログ記事の中で、閲覧数が常にトップ5に入る記事があります。

それが、こちらです。

バッテリーを交換しても改善されない(2018年5月15日更新)

2年近く前の古い記事にも関わらず、この記事が閲覧数上位に入るということは、これは私の予想ですが、少なくない方が「非正規店でバッテリー交換したのに、もちが改善されない。なぜ?」と感じているのではないでしょうか?

ですので、今日はこの「バッテリー交換しても改善されない問題」に関して、もう少し掘り下げていきたいと思います。

ご興味のある方はお付き合いください^^


うちはバッテリー交換には約40分ほど時間をいただいています。

これは一般的な修理店に比べると、かなり長いと思います。

何でこんなに長く時間をもらっているかというと、この「基盤故障かどうか?」を見極めるためです。

基盤故障を起こしていると、上記の通り、バッテリー交換しても駆動時間は改善されないため無意味なので、交換後お客様から「状態が変わらない」というクレームが来る可能性があります。

もし、このクレームをいただいたら、バッテリーを元に戻してご返金しなければなりません。

ですので、できるだけクレームになる事態を避けるために、しっかりと点検してからお返しする必要があります。

基盤故障を起こしていると、タイトルに記載した通り「スリープ状態なのに勝手に減っていく」現象が起きます。

これは少し放置して様子を見ないと判断できないため、うちでは長めに時間をいただいて点検しております。


この点検をやっていると、結構な数の端末がバッテリー交換しても改善されず、”修理不可”としてお返しになります。

バッテリー交換最短10分!などと謳っている修理店が、この点検をできると思いますか?

思いませんよね。

ひとつ私が思う「粗悪店」の特徴として、非常識な修理時間の短さを強みとしていることです。

時間が短いといっても「即日修理」とか、そういう常識的な短さなら問題ないんですが、上記のようにバッテリー交換が10分とか、画面交換が20分とか、そういうところです。

これで、まともな点検を行えるとは思えません。

こういう店は「少しでも早くやってほしい」という要望を持った方が行くところなので、そういう方が行く分には「粗悪店」ではありません。

ただ、私のブログを購読してくださっている皆様は、大多数の方が「安全さ」を求めていると思います。

私の考えに共感してくださる方にとっては、こういう店は「粗悪店」と感じると思います。


さて、この”スリープ状態なのに残量が減ってしまう”基盤故障。

なぜ起きてしまうのか?原因は何なのか?

私の経験上、1番多く発生しているのは水没している端末です。

これが圧倒的に多いです。

特に5SとSEは、本当に多い。


水没以外に、意外と多いのが「近接センサーが故障している」端末です。

近接センサーというのは「通話時、画面に顔を近づけると、画面の明かりが消える」役割をしています。

通話時に顔で画面に映っているものを押さないための便利な機能です。

この近接センサーというのは、センサーケーブルというケーブルが司っているのですが、このセンサーケーブルは起動面で非常に重要な役割を担っています。

このセンサーケーブルの調子が悪いと、りんごループになることもあります。

お客様が「りんごループになった」と言って端末を持ってこられて、センサーケーブルを変えたら直ったということも一度や二度ではありません。

このことからも、センサーケーブルは「起動面」でも重要な役割を担っているのが分かって頂けると思います。

ですので、センサーケーブルに異常が起きていると、基盤にも悪影響のようです。

特にiPhoneSE。

まぁうちがiPhoneSEの修理がかなり多いということもあるかもしれないのですが、SEで近接センサーが壊れており、バッテリー交換しても改善しないという端末は結構見ますね。

そもそも論として、近接センサーの壊れている端末というのは、使用者の使い方が荒いことが多いので、相対的に「異常が起きやすい」のかもしれないんですけどね。


バッテリー交換しても駆動時間が改善されない場合には、もう本体交換するしかありません。

バッテリー交換して状態が改善されなかった場合、大抵のまともな修理店であれば、バッテリーを元に戻して返金してくれると思います。

勿論、交換後何ヶ月も経過してしまったら無理ですが、数日であれば、快くしてくれると思います。

少なくとも、うちはします。

ただ、中にはやってくれないところもあると思いますので、その辺は行った店に聞いてみてくださいね。

ひとつ私からのアドバイスとしては、このブログをご覧になって共感してくださった方は、最短何分!と非常識な時間を謳っているところに行くのはやめましょう。

バッテリーは適当なものをつけると、最悪端末が壊れますので、意外と怖いですよ。

また、ちゃんと点検してから返してくれるところでないと、後から何か起きた時に絶対に揉めます。

特にiPhone5SとSEに関しては、私の経験上、他の端末と比べると、圧倒的に「直らない」ことが多いです。

この2機種をお使いの方は、特に気をつけたほうがいいと思います。

皆様の参考になりましたら幸いです^^