店舗つくりのこだわり

このところ、こだわりすぎる性格に拍車がかかってしまって、店舗内外がどんどん派手になってきました!
私は本当に昔から何につけてもすごくこだわりが強くて頭が固く、お付き合いする方とはよくそれで衝突していました。笑
とにかく自分が決めた通りに物事が運ばないと許せないんですね。笑

今日はせっかくなので店舗内外をご紹介しようかと思います^^
まず、うちのコンセプトとしては「女性がひとりでもフラっと立ち寄れる店」というのを目指しています。
私のイメージとして、世の中のiPhone修理のお店というのは、ギークっぽいとか倉庫っぽいかとかいう暗いイメージがあって、女性が気軽に行けるところではないという印象を持っていました。
こんなことを言うのは失礼だけど、「iPhoneはこんなにスタイリッシュなのに修理店はダサいなぁ」と。
そして私は女性なので、できれば女性に相談したいという思いがあって、しかも”iPhone”というのは専門的な話が多く分からないとバカにされるのではないか、という一種の恐怖心のようなものを持っていたんですね。

実際、Appleストアなどに行くと「そんなことも分からないのか?」という顔をされてしまうこともあります。
Appleの店員さんは本当にすごく勉強されているので、しょうがないといえばしょうがないんでしょうけどね。

話を戻しまして、うちは「女性ひとりでも気軽に立ち寄れる・相談できる店」というのをコンセプトにしています。
そういうお店というのは、自然と男性も入りやすい雰囲気になっていることが多いので、まずは女性に安心して来ていただける店というのを目指しています。
うちの店は狭いですが、店内はなるべく明るく華やかな雰囲気になるように心がけています。 

あと、多少季節感を取り入れてなるべくお客様が飽きないように、というのを工夫しております。
狭いので限界はありますが、できる限りで。
私はお客様とは一度修理したら終わり、ではなくiPhoneをお使いいただいている限りはお付き合いさせていただきたいと思っているので、せっかく何度も来ていただいても店内がいつも同じだと自分だったらつまらないなぁと思うので、なるべく季節感を入れるように心掛けています。

今は夏なので麦わら帽子とアンカーモニュメントです♪
秋になったら、紅葉を飾ろうかな☆


あと、うちのような田舎にあるお店というのは、修理をお待ちいただいている間に時間を潰す娯楽が周辺にないので、お客様がなるべく飽きずにお待ちいただけるように工夫しています。
雑誌を置いたり、おやつを置いたり。

特に小さなお子様がいらっしゃるママさんには、おやつはとりわけ好評です♪
小さい子って、とりあえず飴を舐めたりしていると落ち着いてくれたりしますよね。笑

あと、うちはAmazonのFire TVを入れていますので、国内外のドラマ・映画・バラエティ・アニメなどすべて無料で見放題です。

ただ、店内で待たれる方はあまりいらっしゃらないので、正直これらの設備はほとんど活躍していません。(笑)
店内で待たれる方は是非ご活用いただいて、楽しくお待ちくださいね!
私はiPhoneの修理には、速さよりも丁寧さを重視しておりますので、おそらく他店と比べるとスピードではかなり劣ると思います。
ですので、お待ちいただくお客様が飽きないように、ということを店舗つくりではいつも考えております。


ー後日談ー

2020年2月22日更新

昔は、店内設備が結構充実していましたね。笑
今はこの時書いたもの、ほとんど撤去しています。
唯一あるのは、飴くらいかな。
飴は今でもたまーに置いています。
昔は結構派手だったんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA