【iPhone7+】インカメラが映らない→原因はアウトカメラだった

みなさま、こんにちは!!

今日は前置き無しで、ご修理事例にまいりましょう^^

本日の機種は、iPhone7Plusです。

今日は珍しくカメラ関連の話。

お客様、ご利用誠にありがとうございました!

ご修理前に、以下の相談をいただきました。

iPhone7プラスを使用しています。

気付いたら、インカメラが映らなくなってしまいました。

他の修理店に見てもらったところ、「インカメラを交換しても直らない」と言われてしまったのですが、そちらで直るか見ていただくことは可能でしょうか?」

ダメ元でも良ければ、というお話をしまして、端末を持ってきていただきました。


当社で点検してみたところ、実は、アウトカメラが原因になっていたことが判明!

ただ、この故障のややこしいところは「アウトカメラ自体は映っていた」んです。

ですので、当社の前に行った修理店では、この不具合に気付けなかったものと思われます。

詳しく解説していきます。


そもそも論として、iPhoneのインカメラとアウトカメラは、繋がっているみたいです。

どちらかが不調だと、どちらも映らないことが良くあります。

「みたい」というのは、私たちは基板修理を請け負ってはいないので、細かい仕組み自体は知らないため、あくまでも経験則から導き出しているからです。

今回のケースでは、インカメラが映らなかったのですが「他店でインカメラを交換しても直らなかった」ということで、私たちはアウトカメラを疑いました。

アウトカメラ自体は映ったのですが、よく点検すると、ポートレートモードが動いていないことが分かりました。

iPhone でポートレートモードを使うーApple公式

実は、今回、インカメラが映らなかったのは、”アウトカメラの1つが壊れていたことが原因”でした。


アウトカメラのひとつが壊れていたことで、背景をぼかして撮影する「ポートレートモード」が機能していませんでした。

それがインカメラが映らない原因になっていました。

ですので、アウトカメラを交換したところ、ポートレート・インカメラともに正常に動きました。

ご修理後、お客様からは「これで直らなければ買い換えるしかないと思っていたので、直って本当に良かったです!」と大変喜んでいただけました^^

お役に立てて、光栄でした!

買い換える前に当社にご相談いただき、良かったです^^


当社は、一般的な修理店よりも出来ることが多いというわけではないのですが、当社の修理を統括している千葉が技術者歴8年以上なので、その分、他よりも経験は多いと思います。

ですので、他の修理店で「直らない」と言われても、買い換える前に相談だけでもしてみてください^^

今回のように、直ればラッキーです🎵

では、今日はこの辺で!

お客様、ご利用誠にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA