iPhoneSEが液晶純正パネルしかない理由

iPhone8が公式発売されたことにより、iPhone7とiPhone SEのフロントパネルのパーツ価格が下がりましたので、当店のご修理代金もそれに伴い価格を下げました。
ですので、今までよりはかなり修理しやすくなったかと思います。
ご修理をお考えのお客様はご確認くださいね!

この業界はパーツ価格の変動によってご修理代金が変わってくるので、新機種発売前にご修理をお考えの方は、新機種が発売されるのを少し待ってあげるといいかもしれませんね。
新機種発売後、修理価格が大きく下がる可能性があります。

ところで、このiPhone SE。
5シリーズの小さいサイズがお好きな方から根強い人気を誇る機種となっておりますね!
うちに来てくださるお客様もiPhone6からSEに乗り換えた方なんかもポツポツいらっしゃいます。
そんなSEですが、うちのフロント画面の交換メニューを見ていただくと、他の機種と決定的に違う部分があります。
SEの場合にはコピーパネルしかご用意が無く、液晶純正パネルしかご用意がありません。
それにはきちんとした理由があります。

当店のフロント画面の交換メニューは、価格重視のコピーパネルと品質重視の液晶純正パネルの2種類をご用意しており、どちらがいいかお客様に選んでいただくというのが大きな特長です。

では、なぜSEは再生品しか使っていないかというと、SEに関してはコピーをつけるとiPhoneが起動しなくなる事例が出ているからです。

私が店を始めた当初はまだうちではSEのご修理は受け付けておらず、様子見というかそこまで手が回らず放置という感じだったのですが、ある時、修理業者の間に「iPhone SEにコピーパネルをつけたら、画面にザァザァ砂嵐が起きて起動しなくなった」という話が流れました。

この話は伝聞なので真偽のほどは不明なのですが(私や私の知人が実際に体験したわけではないので)この話が流れてから、おそらくほとんどの修理業者で、SEには再生パネル(当社液晶純正パネルに当たる)を使っているのではないかと思います。

この話が流れたあと、私のパネル屋さんにこのへんの事情を聞いてみたのですが、今はもうコピーをつけても大丈夫らしく実際コピーをつけている修理店もチラホラはあるようですが、私は怖いのでSEには液晶純正パネルしか使わないことにしています。
ですので、当店ではSEはコピーの取り扱いがないんです。


そして、先日またこのコピーパネルに関して怖い話を聞いてしまいました。

つい先日、私の店に、とある修理店の方が電話してきまして、その方が「コピーパネルをつけたiPhone7のiOSを11にアップデートしたらエラーが発生する事例が起きているらしい。」と。
この話は今まで聞いたことがなく寝耳に水という感じでビックリしてしまいまして、すぐに私の師匠とパネル屋さんに相談してみました。

結果「おそらくその特定の業者のコピーパネルがエラーが出ているだけだ」という話に落ち着き、うちのパネル屋さんのパネルでは、今までそのような事例は起きていないとのことでしたので、ひとまず安心しました。

うちは今まで基本的にはiPhone7のお客様のご修理は、Apple careに加入している方が大半だったこと液晶純正パネルが高すぎるということもありあまり積極的に受けてこなかったので、コピーパネルをおつけしたのも3名様ほどと少なく、そのお客様からも特にお問い合わせいただいていないので、今のところは大丈夫のようです。

しかし、こういう話を聞くと、やはりコピーパネルはリスクがあり、怖いですね。
そして、フロントパネルはますますおかしな業者からは仕入れられないなぁと心から痛感しました。
コピーパネルは低品質な分、逆に手間と神経を使っています。

ー後日談ー

2020年2月24日更新

こんなこともありましたね。
いまだにコピーパネルはそれなりにリスクがあります。
ですので私たちは、基本的に新しい機種は1年くらいは様子見してから取り扱いを始めます。
非正規店は、古い機種を格安で修理することに向いています。

ちなみに、今はSEにも安全なコピーパネルが出来ましたので、今はコピーも取り扱ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です