【iPhoneSE】非正規店に画面交換に出したら、暗くなった

このところ、iPhone SEのご相談が相次いでおります。

おそらく、先日のAppleの新作発表会でSE後継機が発売されることを待っていたSEユーザーが新作が出ないことを知り、まだしばらく今のものを使うことに決めた事で、修理に向く方が増えているのではないかと思います。

この小さい形は5S以降、これしか無いですからね。

愛着のある方も多いです。

中古市場でも、特に128GBのものなんかはプレミア価格が付いています。

さて、そんな広く愛されているiPhone SE。

このところ「他店で画面交換したら、液晶がすごく暗くなってしまったのですが、見てもらえませんか?」というiPhone SEユーザーの方からのご相談が相次いでおります。


今回ご紹介するのは、東京に在住のお客様よりご相談いただいたものです。

他に他県のお客様にも同様のご相談を受けましたので、2名のお客様と同じようにお悩みの方が他にもいらっしゃるのではないかと思いまして、本日は取り上げさせて頂きます。

お客様、ご修理のご依頼誠に有難うございました^^

今回ご紹介させていただくお客様は、少し前に都内の非正規店で画面交換をしたそうなんですが、画面交換後に「画面がなんか暗いな」と感じ、最初に画面交換した非正規店に相談したそうです。

そこでもう一度、画面を交換してもらったらしいのですが、暗さが全く改善されず。

そこで、何か改善策は無いかとネットで調べたところ私の店を見つけて、うちのブログを読んでくださり「一度見て欲しい」という事でご来店いただきました。

早速画面をつけてみたところ、暗い原因が分かりました。

これ、実物の画面です。


コピーパネルが付いておりました。

これ、明るさは最大に設定しています。

これでは暗いと感じるはずです。


ついこの間のブログに「iPhone SEにはコピーパネルというものが存在しておらず、普通はSEには再生パネルしか使用しないので、まともな修理店であればSEにコピーパネルなど使用しない」と書いたのですが、もう最近はその認識が変わりつつあるようです。

というのも、他店で一度画面交換されて、再度当社でご修理となるお客様お客様、みんなコピーパネルしか付いていません。

最近、おひとりだけ再生パネルがついていた端末があったのですが、持ち主のお客様の話によると、約2年前にアメリカの修理ショップで画面を交換したという事でした。

本当にそのおひとりの方くらいで、見る端末見る端末ことごとくコピーパネルが付いています。

iPhone SEが発売された当初は「iPhone SEにコピーパネルをつけると端末が壊れる」という事例が多発したので、「SEには再生パネルしか使ってはいけない」という業界の通説のようなものがあったのですが、このところはコピーをつけても問題ないようでみんなコピーを使い始めてしまったみたいです。

ですので、特別明記していないところ以外は、SEももうコピーしか来ないと思っていた方がいいかもしれません。


これがうちが通常、お客様に何も言わず「iPhoneSE」として出している画面です。

これはさっきのコピーパネルと全く同じ場所・環境で撮影しています。


画面の写真を見ただけで、私と千葉がどこまで本気で品質にこだわって必死でやっているのかというのを分かって頂けるかと思います。

この画面1枚手に入れるのに、どれほどの気力と労力とお金がかかっているか。

だから、当社のSEの画面交換は修理料金だけ見ると、他店と比べて高いですが、お客様は品質を分かってくださるので「高い」とおっしゃる方は1人もいません。

当社は「iPhone修理店最後の砦」と公言している通り、途方に暮れた方が最後に辿り着く場所でありたいと思っております。

困り果てた方に最後の手を差し伸べてあげられる場所でありたいので、私の店が品質を追い求めなくなってしまったら本当に終わってしまいます。

日々、液晶画面の品質を保つ戦いは本当に大変ですが、今後も出来る限り高品質なものを、今出せる精一杯良いものをお客様に提供できるように努力していきたいと考えております。


では、今回のご修理料金はiPhoneSEのコピーパネル→液晶純正パネルへの交換で10,980円でした^^
お客様、ご修理のご依頼誠にありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA