「iTerminal認定」をスタート

みなさん、こんにちは☆

急に暖かくなりましたね!

家族を痩せさせるため、一緒にダイエットをしている私なんですが、私の取り組むダイエット法は、毎日果物を食べる必要があります。

私は果物は何でも好きなんですが、家族があまり果物を食べないタイプで、キウイかパナップルくらいしか食べたくないというので、悩んでいました。

キウイはいいんですが、パイナップルは缶で買うと、シロップが気になるな・・・ということで、この間スーパーで、人生で初めてパイナップル丸ごとを購入し、自分で切りました。



めちゃくちゃ甘くてジューシーで感動しました★

しかも、パイナップルって、意外と切るの簡単で、すごい好きになりました^^


さて、当社では、先日から「iTerminal認定」という、新しい試みを始めました!

実は、これは、昨年の9月くらいから温めていた構想でした。

というのも、昨年の秋くらいから、本格的に会社にすることを考えて動き始めたのですが「お金の面以外で、会社にするメリットってなんだろう?」と考えた時に「経験を積む」ということともうひとつ、「社会的な信用」だと思ったんですね。

私が一個人事業者として店を営業しているよりも、法人として経営することになった方が、当然、社会的信用がつきます。

ただ、多くの一般のお客様は「私が個人事業か、会社か」なんて気にして利用するわけではないので、普段の営業では、実用的なメリットがあまりありません。

ですので、せっかく会社にするのだから、一般のお客様からも「社会的な信用」を得るために「iTerminal」という会社名を、一種のブランドにしたいと考えるようになりました。

ブランドと言っても、何かTシャツを作ったり、グッズを作ったりするわけではありません。

イメージとしては、メーカーのリファービッシュ品です。

メーカーのリファービッシュ品は、メーカーが品質のお墨付きを出している認定商品だからこその信用力なので、一般的な中古端末より信頼度が格段に高いです。

結果、高く売れます。

それと同じ理論で、修理パーツや中古端末において「iTerminalがチェックしているなら安心だ」という認識を、一般の方に広く持っていただけるように、この名前を育てていきたいと考えるようになりました。



中古アイフォン市場は、まだまだ信用力が低いので、その中で「iTerminal認定」という表記をひとつの安心材料として確立していきたいと考えています。

立ち位置としては「メーカーのリファービッシュ品よりは信用力は劣るけど、良いものを出しているし、コスパもいい」

こんなイメージが浸透してくれたら、言うこと無いですね!

一般中古以上、リファービッシュ品以下。

この立ち位置を理想とし、今後はもっと販売力を強化していきたいと考えています。

私は、とにかくコスパの鬼なので、今後もコスパ良くやっていけたらと考えています。

本当は、新年度である4月の頭から始める予定で考えていたのですが、3月後半から4月いっぱいは、技術研修のご予約をいただいておりまして、忙しくなりそうなので、前倒しして始めることにしました。

ここまで信用力をつけるのは、並大抵のことではありません。

最初は理解してもらえず、来客も減ってしまうかもしれません。

しかし、物事は「ノーペイン。ノーゲイン」です。

少しずつですが、信頼の証として「iTerminal」を浸透させていければと考えています。

今後も皆様に信用していただけるように精進して参りますので、ご贔屓のほど何卒宜しくお願い致します^^


では、今日は短いですが、ここまで☆

先日、大阪から郵送でiPhoneXのご修理依頼をいただいたので、次はその記事を書きますね!

花粉症の皆様、がんばりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA