【iPhone6+】バッテリー膨張による画面故障

今日のご修理事例は、取手店から!
守谷市からお越しのお客様でした。

お客様ご来店誠にありがとうございました^^

ご相談内容としては「画面が急に故障してしまったのですが、原因が不明です。直るか見てもらえませんか?」とのことでした。


早速端末をお持ち込みいただいたのですが、端末を見た瞬間、画面が故障した原因が分かりました。
バッテリーがパンパンに膨張し、それによってフロント画面を押し上げてしまっていました。

通常ここまで膨らむと目で見て分かるものですが、今回のお客様はかなりガッチリとした全体をしっかりと覆うようなケースをつけていたので、その隙間が隠れて見えなかったみたいです。

おそらくかなり前から膨張自体は始まっており、結構長い間、バッテリーが画面を圧迫し続けていたのではないかと思います。


起動させて数十秒はこれでもまだタッチ操作可能なんですが、ここから・・・

こんなんなっちゃいました!
ここまでいくと、タッチ操作不可です。

今回のお客様は、すでに新機種を持っており、こちらはセカンド機で「中に入っている写真を見たいから修理したい」とのことで、コピーパネルをお選びになりました!
こういう修理の時にはコピーパネルは役に経ちますね。
液晶純正パネルだと、バッテリー交換を含めると17,960円かかかりますが、コピーパネルにすれば10,000円ほどで修理できます。

もちろん、その分、品質はガックリ落ちますが、複数箇所修理しなければいけない場合や、セカンド機としての使用であまり家から出して持ち歩かない端末の修理なんかには、コピーは有用だと思います。

本日のご修理は液晶故障→コピーパネルに交換とバッテリー交換で11,960円でした!
お客様、ご来店誠にありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です